09 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

電王戦 第2局 昼休憩


先手コンピューターの序盤が怪しくて、後手のプロ棋士がうまく指し回せたとのことですね。素人の対局でも同じような形になることがあるので、どう攻めてどう守るのかじっくり見たいと思います。写真は会場入口のゲート。昨日ももクロのNHKホール大会のビデオを観てたときに気がついたんですが、このライブが始まる前の煽りVはここニコファーレで撮られたものだったんですね。今さらながら360度のLEDディスプレイは凄いの一言ですわ。

03/30/2013 12:55 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

将棋電王戦 第二局


ということで、2週続けて六本木ニコファーレにやってまいりました。現在列に並んでいるのは10人くらい。その列から離れて1人、今日の解説を務めるプロ棋士野月さんが寒空の下で佇んでいるわけですがなぜ?

03/30/2013 08:21 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

電王戦 終了


いやー、率直にプロが勝って良かった。光瑠が対コンピューター戦の研究を地道に重ねて、その研究の成果が見事な指し回しに反映されたと。総じての感想はまたあとで。

03/23/2013 20:07 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

電王戦 終盤戦


会場には電王戦出場棋士のフレームがセットされたプリクラが。ドワンゴ気合い入ってるなあ。電王戦出場棋士の三浦と弟弟子のアベケンの漫才を見て笑っていた裏で、真剣勝負の評価関数がいよいよ光瑠寄りに。そして先手持ちの+300から+400へ。でも局面だけじゃなく、そこから繋がる流れを含めて考えると光瑠が圧倒してるようですな。

03/23/2013 16:38 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

電王戦 解説会 休憩中


会場には盤と駒が置いてあって、来場者が検討したりとかしてます。にしとも、習甦があそこまで強気の攻めを繰り返すのはなんでなんだろうか。コンピューターの強みは終盤。31手詰とか瞬時に弾き出してしまう恐ろしさがあるので、それまでは慎重に行かざるを得ないんだけど、それはつまり評価関数を計算しているボンクラさんがかなり傾いた数値を出してこない限りは心配することはないし、そこまで行かせないのがプロの凄さ。その凄みを堪能しようと思っとります。

03/23/2013 15:04 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

電王戦 解説会 昼休み


先手の光瑠が9筋の歩を95まで持ってきているのが将来プラスになるのではとのこと。阿久津さんの解説はとてもわかりやすく勉強になります。

03/23/2013 12:51 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

電王戦 解説会休憩中


ニコファーレのロビーより。観客は50人くらいですかね。後ろの方はまだ余裕があります。肝心の対局の方は角換わり戦になりましたなあ。腰を入れて覚えようとしていたところなので、良い機会になりそうです。

03/23/2013 11:35 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

電王戦 大盤解説会


ゲートがハンパねえです。かっけえス。

03/23/2013 09:28 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

電王戦@ニコファーレ


注目の現役棋士vsコンピューターソフトの五番勝負、その第一局。阿部光瑠vs習甦。夜に佐藤大輔制作の煽りVを見て昂ってしまってですね、会社に行くのと変わらない時刻に起きて六本木まで来ましたよ。ただいま入場待ち中で、列に並んでいるのは10人くらい。その中継をガッツリ最前列で見たいと思います。

03/23/2013 08:20 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

東京マラソン 有明


ラスト1kmです。ここまで来ると苦しさよりも達成感、高揚感の方が上回ってほわーんとなるんですよね。ほわーんと。

02/24/2013 13:40 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]