09 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

基本、宇宙や天文学に興味のない自分ではありますが

地球から遠く離れた小惑星イトカワに着陸、そのサンプルを収集して地球に持ち帰るという「はやぶさ」プロジェクト。ニュースでちょくちょくその内容を報じられたりとかしていたのでまったく知らなかったわけではないんですが、いや、嘘、知った気でいただけでした。知っていたのはこのプロジェクトの概要とそこで起こったトラブルの内容くらいのもの。ネットでこのプロジェクトの詳細とあらゆる困難をくぐり抜けてきた経緯を知って、その努力が今結実しようとしていることにおおいに感動した次第でありまして。

地球からイトカワまでの距離は3億km。今週のダイヤモンド誌によると、地球をソフトボールの大きさとして1.7km先(だったっけ?)の粉粒に辿りつかせるようなものなんだとか。あとこれはソースが明らかではないですが、はやぶさを原子レベルの大きさとしたとき25m先のDNAにタッチして、スギ花粉にリターンさせるとか、もうなんか例えが実感できなさすぎてワケわかんねえ。

そしてこのプロジェクトはアポロ計画に匹敵する大偉業であるとのこと。宇宙探査プロジェクトは基本的に「行ったきり」だけど、はやぶさプロジェクトは往復飛行を実現。地球外の天体に着陸して地球に帰ってくるのは1972年のアポロ17号以来。本当にとんでもないことらしい。

と、ここでどんなに天文・科学ド素人の自分が頑張ってみたところで、このプロジェクトの内容を説明しきれるワケもなく、そんな時にはウィキペディア先生の力を借りるのが一番ですね。興味のある方はゼヒ。→「はやぶさ(探査機)」

あとは宇宙航空研究機構(JAXA)のHPもなかなかすごい。図形、そして奇怪な数字と記号の羅列から、ほぼリアルタイムでプロジェクトの進捗状況を報告するツイッター、このプロジェクトのことについて子供にもわかりやすいように書かれた「はやぶさ君の冒険日誌」などなど至れり尽くせり。宇宙・天文ファンにはたまらないでしょうね。

帰還日は6月13日の日曜日。こりゃあPCの前で正座してJAXAのHPをリロード連発、その状況を張り付いて見るようだなと思っていたら、なんとJAXA相模原キャンパスでパブリックビューイングが行われるとのこと。

「来場者多数の場合は、来場者数を制限させていただく場合があります」と書いてあったので、ちょっと気になってJAXAに問い合わせてみました。

「今度の日曜日に行われるパブリックビューイングのことについてお伺いしたいのですが」
「はい」
「PVが行われる場所の定員というか、どれくらいの人が入れるんですか?」
「80人から100人くらいですね」
「どうでしょう?結構混みますかねえ?」
「いやあ、どれくらいの人が来られるのかまったく予想がつかないもので・・・ただ最近盛り上がっていただいているみたいで」
「ネットとかで今凄いですもんねえ。ところで整理券などは配られたりするんでしょうか?」
「今のところ考えてないです」
「そうすると、見たい人は事前にそこに行って、並んで待つと・・・」
「あとは場所を違うところにするとか・・・」
「そこではモニターのようなものが用意されて、管制室の様子が映されるという感じでしょうか?」
「管制室の様子だけだと音がありませんので、宇宙教育テレビを放送して、同時に管制室の様子を映すという形になります」
「PVの終了時間はだいたい23時前後くらいまでですか?」
「そうですね、はやぶさの交信が終わるのが23時くらいなので」
「カプセルの収集の時刻というのは?」
「それよりも後になりますね」
「カプセルが地表に着くのはどれくらいになるのでしょうか?」
「23時よりも少しあとくらいですね」
「わかりました。えー、PVの定員が80人から100人くらいで、集まった人数次第でもしかすると場所が変わるかもしれないし、お断りするということになるかもしれない、と」
「はい」

JAXAの担当の方、お忙しいところを申し訳ありませんでした。はやぶさの交信終了を見届ける、つまりボロボロになりながら、7年間宇宙を飛び続けてきたはやぶさの最期を看取るということになるワケで、なんとも切ないというか。そしてPVですが、んー混むかなあ、混むだろうなあ。でもこれって人類史に残る歴史的な快挙ですからね。まったくの門外漢ではありますが、ゼヒともその感動を分かち合わせてもらいたいと考えております。

06/10/2010 02:22 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

だって鳩山なんもやってねえし

【問1】 あなたは、鳩山由紀夫連立内閣を支持しますか、支持しませんか?

(1) 支持する 36.2 % (2) 支持しない 50.7 % (3) わからない、答えない 13.1 %

【問5】 今年は、7月に参議院選挙が予定されています。あなたは、この選挙で、民主党が議席を伸ばして、参議院で過半数の議席を確保することで、社民党や国民新党と連立しなくても内閣を運営できる状況が生まれることを期待しますか、期待しませんか?

(1) 期待する 35.5 % (2) 期待しない 55.8 % (3) わからない、答えない 8.7 %

【問6】 あなたは、いま参議院選挙で投票するとしたら、比例代表ではどの政党に投票しますか?

(1) 民主党 33.1 % (2) 自民党 26.1 % (3) 公明党 2.3 % (4) 共産党 3.5 % (5) 社民党 2.8 % (6) 国民新党 0.5 % (7) みんなの党 5.8 % (8) 改革クラブ 0.0 % (9) 新党日本 0.0 % (10) その他 0.0 % (11) 投票しない 5.8 % (12) わからない、答えない 20.2 %

【問7】 鳩山内閣が発足して3月16日で半年となります。あなたは、鳩山内閣の6カ月間の仕事ぶりを評価しますか、評価しませんか?

(1) 評価する 28.6 % (2) 評価しない 57.3 % (3) わからない、答えない 14.1 %

日本テレビ世論調査
http://www.ntv.co.jp/yoron/201003/soku-index.html

今まで自民党に票を投じたことがございませんで、なのでこの前の衆院選の時も民主党に入れましたよ。民主党の歴史的大勝におお、これからどうなっていくんだろうかと良い方に日本が向かっていくことを期待しましたよ。半年前、そんなワクテカ状態だったオレの今の率直な気持ちは以下のとおり。

【問1】支持しない
表題どおり、鳩山ってば総理大臣になってからそれらしいことを何にもやってないですよね。やっているのは周りの人間だけで、個人的に評価できるのは「2位じゃダメなんですか?」を含めての事業仕分けと、シーシェパードのクサれ船長を日本に連れて帰ってきたことくらいかなあ。小沢のご機嫌を伺うのみで全く動けず、コメントを求められても無表情のまま当たり障りのないことを言うか、見当外れの言葉をのたまうのみ。あんなんでこの国を任せようなんて思う方が間違ってるって。36.2%の支持率で「まだ全然大丈夫」とか言ってる小沢が選挙に強いとは到底思えないけど、民主党の連中はわかってんのかね。

【問5】期待する
問1の答えやそれ以降の答えとはズレるんですが、自分は元々社民党の考え方が好きじゃないし、これからも好きになれるとは思えないし、国民新党は亀井ちゃんがどうにも要らない子。特にお山の大将100%の亀井に振り回されるってのはどうにも気に入らないし、じゃあ民主党が単独で主義主張どおりやった方が良いんじゃないの?とそういうことで。まあ小沢鳩山、法相の千葉、ついでに輿石とかもいない状況の民主じゃないと応援するつもりにはなれないですが。

【問6】わからない
谷垣とかいわゆる古い連中が消えることが前提で、それであれば人生ではじめて自民党に入れるかも。自民が今の体制のままであれば「自民よりマシ」という理由で民主か、マニフェスト次第でみんなの党もとりあえず。公明、社民、国民新党に入れる気はさらさらないし、ンな票をドブに捨てるような真似は絶対にしたくねえです。

【問7】評価しない
するワケねえ。これは問1の答えそのままに。

以上です。あ、そうそう、自分の地元山梨の有力者が前述の輿石なんですが、後援会が山梨の教師を束ねる山教組に資金提供を求めたとか、そこら辺がよろしくない方に話題に上がってたりとかしてるんじゃなかったでしたっけ?それで思い出したけど、自分が中学生の時、担任からウチの親宛てに輿石に票を入れるように電話が来ましたよ。ガキながらそんなことやって先生が大丈夫か?と思ったけど、今ちょこちょこと調べてみたらやっぱり法律に触れるんですね、この事例。自らの立場を危うくして、危うくさせてまで選挙運動をさせる輿石って一体なんなんだろうかね。

03/15/2010 01:36 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

自分の親戚に阪神ファンが多い理由

ウチの父親も死んだジイちゃんも母親の弟にあたるオジさんもいとこも・・・ということでウチの親戚のほとんどは阪神ファン。ケチでフロントがクソだったいつぞやのダメ虎から、天下の巨人軍に負けず劣らずの強奪補強をするようになってからは今ひとつそのノリについていけてない部分はありますが、一応自分もその例に漏れずです。

自分の父親と母親の出身は鳥取県の中部にある東伯町というところで、現在は隣接していた赤碕町と合併して琴浦町という自治体に。北は砂浜と港、南は果樹園、夜は基本真っ暗闇というそんなド田舎町から生まれたスター、それが先日急逝した小林繁です。

小林繁は旧赤碕町の出身なので要は隣町から輩出された有名人ということになるんですが、ウチの母親が小林繁のお姉さんと高校の同級生だったり、親戚が小林繁と同じ出身校に通っていたりとかのそんな狭いコミュニティなのでまあンな細かいことは関係ねえと。おらが町から生まれた大スターということで、巨人のエース格になりつつあった小林繁を町を挙げて応援していた矢先のトレード騒動。江川事件、つまりあの「空白の一日」ですよ。

球史に残る大事件、大スキャンダルということで当然名前や出来事の概要くらいは知っていましたが、改めてウィキペディアでその内容を見てみたら、いやあ、こりゃあ引きますね。その当時の巨人の強引さ、そして江川の図太さに。

【参照】「江川事件」(Wikipedia)

小林繁は江川と交換で阪神にトレード。激震に巻き込まれ、その影響をモロに喰らった町の英雄を応援団が見捨てるワケもなく、その後の阪神小林の活躍にやんややんやの歓声を挙げ、江川そして巨人憎しの感情を昂ぶらせ、その感情が子供に伝わって現在に至ると。

享年57歳かあ。若すぎるよなあ。鳥取でも大きく取り上げられたと思うんだけどどうだったんだろうなあ。

01/21/2010 02:35 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

M-1グランプリ2009、そしてJIN

当然ながら自分の主観による評価でしかないワケですが、パンクブーブーの優勝は妥当だったと思います。声をあげて笑えたんで。ってか決勝の2組、特に笑い飯のチンポジはなんでわざわざあのネタにしたんだろうかなあ。敗者復活のNON STAYLEは去年優勝したとは言えあんまり面白いと思えなかったんで、正直えっ?と思ったけどね。ただ前回うぜーと思っていた白い方の太腿ペシペシがなくなって、2人の掛け合いのテンポもいいし、おおこれはと。去年準優勝のオードリーに主役を奪われ、「NON SMILE」とまで言われたその汚名をそそぐことが今回できたんじゃねえですかね。

まあこのM-1自体に大きな問題があるワケじゃないけど、でもやっぱ紳助がジャマなんだよなあ。衆院選で思いっきり評判を落とした東国原がいるのは一緒に本を書いて、多少なりとも政界関連の繋がりがあることをアピールしたかったからだろうし、そして今回大竹まことが審査員にいないのは紳助がTBSの生番組で恫喝として大騒ぎになった東京03のマネージャーが大竹まことの息子だったことによるんじゃなかろうかと。自身の番組を私物化しすぎていることで視聴者から飽きられつつあるのに、M-1もその流れにしちゃったらこの先立ち行かなくなるような気がするけどね。そんな今回のM-1で飛び出した珠玉のひと言はリアルヤクザ・カウス師匠がモンスターエンジンの漫才を評した「ガラが悪い」。その時みんながみんな思ったであろう「おまえが言うな」。今田が突っ込むかなあとか思ったけどさすがにしなかったですね。いやあ芸能界って怖いところだなあ。

そこから不祥事まみれのTBSにおける一筋の光明、「JIN」の最終回へ。とにかく脇役がどれもこれも脇役っぽくない。主役の大沢センセエ一点だけでなく、中谷野風、内野龍馬、綾瀬はるかの視点でドラマを見ることができて、例えでいうと、ドラゴンボールやスラムダンクなど、必ずしも主人公が一番人気でないマンガに似た雰囲気がこのドラマにあったんじゃないかと。一応ここまでは完璧。でもたぶんこの優良コンテンツをただで手放したくないTBSは続編の製作、そして映画化に向けてガツガツしちゃうんだろうなあ。本当はその流れをこち亀でやりたかったんだろうけど。

12/21/2009 01:59 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

今そこにある危機

さて、いよいよというかよーやっとというか、ウチの職場でインフルエンザの患者さんが出まして、今日から1週間のマスク着用が義務付けられましたよ。まあ殆どの人は新型インフルエンザの免疫を持っていないって言うし、右を向けば顔、左を向いても顔、振り返っても顔とか、毎日そんな状態の山手線やら京浜東北線やらに乗ってれば、罹患しても全然おかしくないもんなあ。今日ってか昨日から罹患しても重症化しない、させないことを目的とした新型インフルの予防接種が始まったみたいですが、自分なんかは早期接種対象者じゃないし、であればインフルエンザにかかって自主的に免疫を作っちゃった方が早いなんてことになるんですかね。んー、これから3週続けてランニング関連のイベントへの参加を予定していて、そのうち2つが駅伝。インフルエンザにかかる、かからないは運次第みたいなところもあるし、かかったらかかったでチームの皆さんに迷惑をかけてしまうしで、ちょーっと今の時期は勘弁だなあ。

10/20/2009 01:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

今さら驚くまでもない話だと思いますが

あちゃー、本性がバレたあ。

「ワタミ」会長の渡邉美樹氏、髪切りパワハラ

学校法人「郁文館夢学園」(東京都文京区)に教師として勤務していた男性(50)が、「上司からいわれのない中傷を受け解雇された」として、同校を相手取り地位保全と慰謝料300万円の支払いを求める訴訟を近く東京地裁に起こすことが13日、分かった。

「―夢学園」は居酒屋チェーンを展開する「ワタミフードサービス」の渡辺美樹会長(49)が、理事長を務めている。

訴えによるとこの男性は、2005年4月から09年3月まで同校で体育教師として勤務。学校の備品を購入した際、金銭管理の不備を一方的に責められ、解雇されたという。

また男性は陳述書などで、渡辺理事長によるパワーハラスメントを指摘。08年10月24日、渡辺氏が同校で行われた職員会議後に、40代の男性教師の髪形が気に入らないとし、ハサミを持ってくるよう部下に命じ、教師の髪を切らせたとしている。渡辺氏自身も、ハサミを手に髪を切り「これは断髪式だ」と言ったという。

渡辺氏らによるパワハラは、校内で日常的に行われていたとしている。

この件について、複数の教師が当時の校長に事情説明を要求。校長は複数の学校関係者にメールを送り「断髪式」の事実を認めたという。メールでは「(断髪は理事長と教師の間で)合意がとれていたとはいえ、理事長に『話を知らない人から見れば、理事長の権威を示すような印象のよくない行為である』と意見できなかったことを悔やんでいます」などと説明している。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090914-OHT1T00054.htm

まあ、このワタミの社長については元々良い話を聞かないしねえ。テレビのカメラの前で見せる顔や言っていることと、自らが経営している会社の実情が乖離しすぎていて、この学校の件にだけに限らず、これをきっかけにワタミフードなんちゃらのことについてもボロボロと色んな話が表沙汰になりそうですね。とかその前に、50前の大のオトナが「断髪式」とかなんとか言って他人の髪の毛を切るとか、普通の組織じゃありえねえわ。このワタミの社長が、学校という閉鎖された特殊な集団生活の中で恐怖政治を繰り広げていたことを裏付けるエピソードなワケで、生徒を指導する教師を更に支配するオレみたいな、そんな変な優越感があって、それが気持ち良かったりとかしたんじゃないですか。いわゆる勘違い経営者。今こいつの周りに腹心の部下とかっていないんじゃねえの?

09/15/2009 02:40 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

押尾先生が多摩市にいるとのことで

そしてそのままグーグル先生絡みで調べてみたところ、うーん、恐るべしストリートビュー。最寄駅は小田急の唐木田ッスか。

http://www.daily.co.jp/gossip/2009/09/02/0002299375.shtml

09/03/2009 02:39 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

ま、とりあえず民主党が圧勝ということで

民主党が308議席で自民が119議席。民主は比例の得票数に比べて立候補者の数が少なかった地区があったとかで、計4議席を他の政党におすそ分け。いやはやホント完勝ですなあ。

麻生政権が発足してからおよそ11ヶ月。選挙対策の一環として誕生した麻生自民が、その肝心の選挙を延ばしに延ばした末にこのザマ。つまりこの結果こそが民意であって、結局この1年弱のあいだ、麻生や自民は一体何がしたかったんでしょうか。麻生は福田と同じくサミットに出てみたかっただけなんですかね。

開票速報はテレ朝の選挙ステーションを見ていたんですが、20時になった瞬間に出てきた民主の予想獲得議席の数が315。投票率も思ったほどは上がらなかったし、それであれば自民が多少は戦前の予想よりも議席数を伸ばすのかなあとか思っていたらこの数字。でもテレ朝はどちらかといえば野党寄りだし、ということで他の民放にチャンネルを合わせたらどこもかしこも軒並み民主320超の数字をデカデカと出していて、NHKすら幅を持たせながらも民主は330の立候補者のうち329議席獲得もありますよ、なんてやっている。そしてテレ朝は5分を過ぎずに「民主過半数の議席を獲得」とかポーンと出して、なんというか、あまりにも劇的過ぎて鳥肌が立ちましたよ。

と、ここまで書くと自分が熱烈な民主党支持者のように思われるんですが、正直なところ別にそうでもないんですけどね。自民や公明よりはと思って民主を選んでいるだけで、盲目的に民主に票を入れ続けることはまったく考えてねえです。

まずは公約としてブチ挙げたことはきちんとやってもらわないとね。また何年後かに選挙があるけど、そのときまた民主に票を投じるかは鳩山の働きっぷりや党の動向とかを見てから。民主の政権運営っぷりが噴飯モノだったときは、もしかしたら自民に票を投じることになるかもしれない。下野した自民のお偉いさん方はアレだな、ここはひとつ、静岡で勝った城内実が4年間どのような無職生活を送ってきたのかを参考にして、ひたすら地道に活動をするのが良いかもね。中川(酒)とかは特に。

あと、どこの候補者、政党に票を投じたかに限らず、選挙に行った人はこれからの鳩山、民主の動向に文句をつける権利がある。逆に選挙に行っていない人は民主が何をしようがギャアギャア騒ぐなと。選挙権を放棄することは「はい、国政は与党の皆さんにお任せしまーす」って感じの委任状を提出することと同等なんだし。

09/02/2009 01:41 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

「政権選択選挙」ではなく「自民党YesNo選挙」のような気が

いやまあだいたいネガティブキャンペーンってのは仕掛けた側が負けるんですよね。日本で行われた過去の選挙や、アメリカの大統領選を見てもわかるように。ウチにも自民党筋からの民主党批判ビラが複数枚届きまして、あーそうですか、はいはいといった感じです。

さて、数年に1度の国民の祭典、衆議院選挙の投開票日がいよいよ明日に迫ってまいりました。ワタクシこの選挙というものが大好きでございまして、なにが好きかっていえば「人生の縮図」「人の生き様」といった非常に生臭いものが全国規模で見られるからに他なりませんで。そんな投票日の30日に急に仕事が入る可能性もないワケではないので、先週の土曜日に期日前投票をしてきましたよ。一応今回も民主党に票を投じてきました。

今回は既に各方面で民主党の圧勝が予想されていて、さて民主は議席をどこまで増やすことができるのか。300議席がひとつの目安で、それ前後あたりでマスコミの予想があれこれ分かれているわけですが、自分の予想では310くらいじゃねえかなあと。無党派層の動向次第で・・・という話もあるけど、そもそも無党派層っていうのは「勝ち馬」に投票する層なので、今回のように民主圧勝へとかいうマスコミの報道が連日のようにされている場合、じゃあ選挙に行かなくてもいいやという考えよりも、一丁この政権交代祭りに参加してやろうかいなという気持ちの方が先に立つ。小泉の郵政選挙の時に小泉が郵政民営化は善、反対するものは悪ってな感じで先導して、じゃあその悪を懲らしめてやろうと自民党の候補者にみんなが投票したように。

あとその小泉の郵政選挙で、無党派層に訴えかけるときには分かりやすさが肝心ということをどこの政党も理解したはず。で、民主はマニフェストの中身云々よりも「政権交代」を打ち出して、それを前面に出した。自民は「政党ではなく政策を」と必死に訴えてるけど、マスコミはこの選挙を「政権選択選挙」と位置づけて報道しているので、この民主の「政権交代」のコピーはマスコミの報道とリンクして無党派層に訴求しやすい。

自民のキャッチコピーは「改めます、伸ばします」。この「改めます」のキーワードは、好況時だったら「今までも良かったけど、悪いところがあったので改善します」という感じにいい具合に取られたかもしれない。でもこの不況でこのキーワードは「今までの失政を認めます」と受け取られかねないし、実際にそう感じる。「改めます」は歴史に残る失敗コピーとして名を残すんじゃねえですかね。

そして今回は長年日本丸の舵を取ってきた自民党政権がブッ倒れる可能性が高い。この歴史的な政権交代劇をおおげさに捉えるのなら「維新」や「革命」。これは郵政の「勧善懲悪」劇を含め、日本人が好きな事柄のひとつ。そこら辺も今回自民が大苦戦している要因のような気がしますが。

とりあえず、自民の武部、森、古賀、公明の太田といった大物どころが民主のペーペーと互角の殴り合いをしているってのが楽しくて仕方がございません。

08/29/2009 14:24 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

そこは小室でなくてKEIKOに触れるべき

噂には聞いていたけど、KEIKOがすんごいことになってるなあ。

昨日のTBSニュースキャスターで取り上げた小室復帰でも、小室が頭を下げるその姿よりも、KEIKOの顔面崩壊ぶりの方がインパクトが強くてですね。サンデー・ジャポンでも、KEIKOの顔が映し出された瞬間に西川センセが「うわっ!」みたいな表情をして、でもそのことには触れずじまい。西川センセの専門は美容形成なんだから、そのことについて色々と話せばいいのに。

08/23/2009 12:38 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]