09 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

ロックインジャパンフェス2003参戦記 vol.3

台風だと、台風。一週間フェスの開催が遅かったら、それこそ大変なことになってたかも。2000年フェスの暴風雨→途中中止を経験しているだけに、この時期の台風に対してちとばかり過剰な反応をしてしまいます。

さて、ジャパンフェス1日目の続き、ってまだ1日目の話だと。レイクステージの銀杏BOYZを途中で切り上げ、「シークレットゲスト」が発表されるグラスステージまでひたすらダッシュ。とにかく走って走って、そしてウンコ。プププ、プヒーなんて間抜けな音色を簡易トイレ内で響かせていたちょうどそのとき、遠くから「キャー」という真っ黄ィ黄ィな歓声が。ありゃ発表されちゃったよ、とウンコをそこそこ満足いくぐらいまでひねり出し終え、ベースキャンプまでダッシュ。シートに座っていたクボさんに「シークレット誰です?」と訊くと、「HYDE」。

ハ イ ド ? ?

ほう、ハイド。ハイドですか。ハイドかあ。興味がなかったわけではないんですが、レイクステージではジャパンフェスのレイクといったらコイツら、「POLYSICS(ポリ)」が控えておりましてですね。「ポリおもしれっスよ」とクボさんを誘い、大型ビジョンに写し出されたハイドの顔を横目で見ながらレイクステージまで逆戻り。途中、必死な形相でレイクステージからグラスステージまでダッシュしてくる人に向かって「ハイド」「ハイドだよ、ハイド」「だからハイドだってんぢゃん」と二人して小声で悪態をつきながら歩き、そしてレイク側のベースに到着。

こちらのベースではカズくん(3歳)がハッちゃけ中。隣ではカズくんの父親えびやんがぐでんぐでんに。「あーあー、酔っ払ってるンスか?」「・・・えぇ?飲ンでないですよぉ」。傍らに転がっているペットボトル。茶色い液体が入った容器をよく見ると白のマジックで「たれ」とか書いてあるし。「なんスか、"たれ"って?」と訊くと、「ウイスキーだよそれ。ウイスキー」とそばから誰かに言われまして。「ウイスキー?ビンからわざわざ入れ替えたんですか、コレ?」「・・・んん?たれですよぉぉ」。そう言って"たれ"をチビりチビりと飲むえびやん。


オヤジからパンク英才教育されているモヒカン坊や。

サエキさんとトシくんと一緒にポリ。vo.ハヤシがメンバー(ドラムの人)を背負って登場。ピコピコピコピコといかにもポリらしい電子音とハヤシの金切り声。狂気とお笑いの境界ギリギリっていうのは相変わらず。ハヤシが髪の毛を振り乱し、歯を食いしばりながら演っているのに対し、他の女性二人カヨちゃん&フミちゃんはいたって無表情で機械的。そのなんとも言えないシュールさこそポリの真骨頂。今回のポリは、麻波25(メンバーが大麻で逮捕→出演キャンセル)のピンチヒッター。そしてハヤシのMCは「鹿野淳(ロッキンオン・ジャパン編集長)を救うためにやってきましたア!」。いや、もうホント拍手ですよ。次の日はサマーソニック東京、その次の日はサマーソニック大阪に出るっていうのに。しかもハヤシはこれが終わると次はDJブースでパフォーマンス。途中、機械のトラブルで音が10秒弱くらい途切れたり、予期しないアクシデントが何回かありましたが最初から最後まで突っ走り続け、終了。

グラスに戻って少し休憩し、次はDJブースへ。そこで行われるのは、ポリシックス・ハヤシが繰り広げるめくるめくヴァカワールド。実はこれが1日目の中で一番楽しみにしていたイベントだったりするワケで。そんなこんなしてるうちに普通に、実にフツーにハヤシ登場。前にパフォーマンスをしていたDJに機器の説明を聞き、そしてなぜか一旦引っ込み、そして次は右手右足、左手左足を同時に揃えた歩き方でハヤシ再登場。マイクを握り「テス、テス。テス、テス。テス、テス!テス、テスッ!!」肩をカクカク震わせ、そしてブース内に鳴り響いた曲はユニコーン「Maybe Blue」。おおおおおおおおお!!!大歓声。マイクを持ちステージ前に進み、歌い始めるハヤシ。「♪なみだぁ隠す長いかーみーをぉ」

カラオケDJ。この日に限らず、ハヤシがDJやるとき、というよりもポリシックスの他のメンバーのカヨちゃん、フミちゃんがやるときはいつもこんな感じ。前後の曲のつながりがあるんだかないんだかわからない選曲で、とにかく本人が歌い、踊り、一番楽しむというスタンス。どうやらこの日のハヤシはいつも以上に自分に酔っている様子。ひたすら歌い、そしてほぼ完璧にギターやキーボードの当てフリをこなし、曲の終盤になって慌てて後ろに戻り次にかけるCDを探す。その繰り返し。洋楽からX-JAPAN、井上陽水まで何でもアリ。途中アシスタント的な役をしていたポリ・ベースのフミちゃんが「みんなッ♪岡村ちゃんだよッ♪」といって岡村靖幸「だいすき」を歌い始めたり、そんな1時間半。「これで最後です!ありがとうございました!」と言ってかかった曲は「すみれSeptemberLove」そしてミスチル「シーソーゲーム」。わああああああああ!!!ハンパじゃない熱気のDJブース。人生ゲーム!シーソーゲエエエえええええええ!!!最後の最後、あらん限りの力を振り絞り叫び、終わった時には抜け殻。


前後しますが、スカパラ後の花火。

そしてグラスステージでちょうどスカパラが始まったんですが、もう動けません。ゼエゼエ言いながら立ってはいたんですが、ハヤシのDJで全て燃え尽きました。全てが終わりシートにへたり込み、ひたすら水分補給。「DJブース行きます?」とトシくんに訊かれましたが、「もう行く体力ねえし・・・」。終演後1時間くらいして帰路につきましたが、帰りのバスの中では見事なくらいストンと意識を失い、そしてホテルに帰って座ってテレビを見ていたはずなのになぜか素っ裸で寝てまして。


1日目最後の集合写真。

1日目終了。まだ3分の1。

08/08/2003 23:50 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


 SUBJECT
 NAME
 BLOG/HP
 PASS
 OK?

【 ロックインジャパンフェス2003参戦記 vol.3 】のトラックバックアドレス


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]