09 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

被告の当公判廷における弁解は虚構である

光市母子殺人事件の犯人、福田孝行に死刑判決。まあ当たり前っちゃあ当たり前なんですが、特にスカッとしたのが、裁判長が判決理由として読み上げたこの一文。

死刑を免れることを意図して虚偽の弁解を弄しているというほかない。

ドラえもんだあ魔界転生だあ、被害者やその家族を侮辱しまくった福田と弁護側の主張に、「てめえ、ふざけた主張をするのもいい加減にしろよ」なる言葉を突きつけたもので、そういうことであれば、形だけでも謝っているフリをした結果、無期懲役の判決となった一審、二審の方が当然心証は良かったってことですよね。

そもそも最高裁で「無期?死刑だろ?死刑にならない理由を教えてくれや、なあ広島高裁さんよお」と突き返された事案で、そして弁護側が福田に出した指示が「キチガイのフリすりゃなんとかなるって」。基準が曖昧な心神耗弱状態を意図して狙った作戦があまりにも見え透いていて、弁護側が用意した精神鑑定医も死刑廃止を声高に訴えている有名なお方。くだらなさすぎる。

毎度毎度繰り広げられる弁護側のお花畑劇場。裁判長もまあよく耐えたよなあ。

そして死刑判決のあと、安田好弘をはじめとする弁護士連中は以下の声明を発表。

元少年の裁判は厳罰化のために使われた。今後、厳罰化の流れはとめどなく加速し、来年始まる裁判員制度に暗い影を落とすだろう。

厳罰化もなにも、司法の方針が「被害者側の感情を十分に汲み、考慮したうえで・・・」って流れになってんだから、この裁判がはじめてそっち側の方向に向いたってワケではねえっつーの。何を考えてんだか、このヴァカ共は。

弁護側は即日上告。最高裁で審理が行われるとは言っても、既に一回死刑判決が出たようなものなので、これを改めて言い直すのみ。ということで100%死刑が確定。あとはアルカイダ鳩山の任期中に最高裁で死刑判決が出て、ベルトコンベヤ式にポンと判子を押せばそれで終了。ついでに安田もそのベルトコンベヤに乗せてやってくんねえかなあ。

04/23/2008 03:06 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


 SUBJECT
 NAME
 BLOG/HP
 PASS
 OK?

【 被告の当公判廷における弁解は虚構である 】のトラックバックアドレス


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]