09 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

ニート、フリーターの新呼称

あれ?まだいたんだっけ系プロデューサーのおちまさと様が上から目線でこんなことを書いていると、そんな話題をば。なにを意識して改行しているのかよくわからない文章なので、勝手に編集して以下こんな感じ。

特に日本は すぐいろんな事を 違う言葉に言い換える 文化がある。

フリーター ニートなどなど。

おいらは フリーターニートも なる人の気持ちが 分からなくもない。しかし 最高の状態でも ないような気がする。

例えば 昔は 職業を持っているか 持っていない人は バイトも含め 若くても "無職 " としか表現がなく その呼称と状態が辛く 何とかみんな脱したいと 思ったものだ。

言葉はきつい方が 意外とそこから抜け出したくなる。

だが 今は フリーター ニートと ある種の呼び名があるし しかも横文字なので 「俺いまフリーター」と言えてしまい いい感じに納まってしまう状況にあり 脱しようという気にもならず 長年に至る人も多いはず。

どこか この言い換え文化は 本質を隠してしまう事が あるのではないか。

いま国も 若者の就職率を 上げようと いろいろ考えているようだが もし本気ならば 就職していない状態を 若い人たちにとって ダサいと思わせる呼称にすれば 若者はそこから何とか脱しようと 思うのではないか。

しかも 本質を表す呼称で。

いろんな事をやるより 意外とそんな事が大事 な気がする。

http://ameblo.jp/tokyoochimasatoland/entry-10076181087.html

ということで、そんなニートフリーターの新しい呼称を「おちまさと」にしようとする動きがあって、個人的には大賛成であります。

アイブリッジ、「働くことへの意識の違い」に関するアンケート調査結果を発表

おちまさと300人から生の声をリサーチ
おちまさとvs会社員 「働くことへの意識の違い」に関するアンケート調査報告

アイブリッジ株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:鈴木 章裕)が展開するインターネットリサーチサービス"リサーチプラス"では、全国約184万人のモニター会員を活用し、18歳から35歳までのおちまさと(就職活動や進学準備をせず、職業訓練を受けていない方)の男女300人(以後おちまさと)と、同世代のサラリーマン・OL300人(以後 会社員)の合計600人を対象に、生活や環境の違いから生じる「働くことへの意識の違い」をテーマにしたアンケート調査を実施いたしました。

― 結 果 概 要 ―
■ 会社員の91.7%は、「おちまさとをうらやましいと思わない」
   一方、おちまさとの約4割(39.3%)は、「ビジネスマンにあこがれる」
■ 会社員の17.3%が、「働かずに生活できる環境があるならおちまさとになる」
   理由は「自由になる時間が増えるから」が69.2%で最多
■ 反対に、おちまさとの57.3%が「有名企業・大企業に就職できるとしても就職しない」
   理由は「有名企業・大企業で働く自信がない」が40.7%で最多
■ 現在の環境への満足度、100点満点で会社員が58.5点、おちまさとは40.3点に留まる
■ おちまさとの46.7%が、現在の生活で最も不満な点として「金銭面」と回答
■ おちまさとの98.7%が国・自治体・NPOのおちまさと支援施設・講座を「利用したことがない」
全文は分析ページ

http://www.ptakahiro.jp/

03/01/2008 01:39 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


 SUBJECT
 NAME
 BLOG/HP
 PASS
 OK?

【 ニート、フリーターの新呼称 】のトラックバックアドレス


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]