09 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

亀田大毅、内藤に直接謝罪

アポなし訪問とは言え、これでまあ一応は一段落ついたってとこですかね。そんな今後の展開をプヲタのオレが予想。

今までの非礼を詫びた大毅。内藤は大毅に優しく語りかけた。「キミの素質は十分オレも認めている。今回の処分でこれからの練習場所に苦労しそうだし、どうだ一緒にやらないか」「え?オレと・・・こんなオレと、良いんですか?」「ああ、一緒にやろう」。

大毅、協栄から宮田ジムへ電撃移籍。誰も予想をしていなかったこの展開をマスコミが大きく取り上げ、そして内藤は記者の取材に対し落ち着いた口調で、柔らかな表情を浮かべながらこう答えた。「まあ、もう遺恨も何も無いんで。ラグビーで言うノーサイドですよ。なんだったらじゃあこれから一緒に頑張ろうってことになりました」。

内藤の世界タイトル防衛戦の相手は因縁のポンサクレック。セコンドには丸坊主の大毅。内藤が優勢に試合を進め、これなら勝てる、2回めの防衛は間違いないと思われた終盤にポンサクレックの左のカウンターが炸裂。ダメージはそれほどない。しかし内藤の右まぶたがバックリと裂けた。そう、それは先の試合で大毅のバッティングとサミングを受け、さらに開きやすくなっていた内藤の古傷。目を覆いたくなるようなあまりの出血に即座にレフリーが試合を止めた。

控え室、大毅はひたすら床に頭をつけていた。「すみません、すみません、オレがあの時、あんなことをしなければ…」「良いんだ。これは大毅のせいじゃない。喰らったオレが悪いんだ」「内藤さん…」「さあ、今度はオレの代わりにやってくれるよな、大毅」。ただただ泣き崩れる大毅。

ボクシング漬けの日々を送っていた大毅の身体能力は、内藤の予想を遥かに超えた素晴らしいものだった。技術は荒削り、いや拙い部類に入るだろう。しかし、これはひょっとしたら・・・。内藤が付きっ切りで教え、鍛え、その師弟関係は揺るぎないものになっていった。

一年間のライセンス停止期間が過ぎ、その復帰戦、場所は後楽園ホール。控え室でカタカタと震える大毅に内藤がそっと話しかける。「いいか、これがスタートだ。お前にはもう失うものなんかない。お前の持つ潜在能力をオレは知っている。何も考えず思いっきりやって来い」。無言のまま頷く大毅。「青コーナー!亀田ぁ大毅選手の入場です!!」。所々からブーイングが起こる中、ホールに鳴り響いたのはC-C-B『Lucky Chanceをもう一度』。

「本当に更正したのか?」「本当の実力はどうなんだ?」。冷ややかな空気と視線が大毅に注がれる。ゴング。「よし、相手をぶちのめして来い!!」、内藤の檄と共に飛び出した大毅は序盤から積極的に打ち合いに出る。内藤戦の時に見せた、ひたすらガードを固めて頭から突っ込んでいくスタイルとはまるで違う。若干大振り気味の大毅のパンチに合わせて相手も打ち合いに応じてきた。「コンパクトに!ジャブと足を使って!!」。内藤がリング下から指示を送る。

2分過ぎ、大毅の右のフックが流れたところを、相手がカウンターを合わせた。間一髪、スウェーで避けたと思われた大毅の顎にチッ!とグローブが掠めた。フワッと足の力が抜け、腰が落ちる、ロープにもたれる。ダメだ。若干意識が遠のき、その時大毅の頭に内藤とこなした猛トレーニング、ひたすら走った河川敷の光景がふとよぎった。「・・・オレは、オレはこんなところで負けるワケにはいかないんじゃああああ!!!」。大毅は懸命に踏ん張った。

相手はラッシュをかけ、勝負を決めにかかる。ガードを固めながらも、冷静に突破のタイミングを図る大毅。相手の左のモーションが少しずつ大きくなっていくのが分かる。後ろに引いた右足に力を溜め、左足でリズムを取る。相手は左ボディアッパーを繰り出した、ここだ!!唸りを上げながら伸びた大毅の右ストレートが的確に相手の顎を打ち抜いた。

・・・と、あー、ここまで書いてオチがどうにも思い浮かばないのでヤメ。ということで、最初は敵対しながら最終的には共闘した、越中、小林、木村、青柳、斎藤の平成維震軍みたいな展開を希望という話でした。眠い。

10/20/2007 03:33 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


 SUBJECT
 NAME
 BLOG/HP
 PASS
 OK?

【 亀田大毅、内藤に直接謝罪 】のトラックバックアドレス


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]