09 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

精神科医2人も死刑廃止論者

弁護団の雇われ精神科医にして死刑廃止論者の野田正彰は犯人の福田孝行からこう言われたそうな。

「ぼくは死刑になっても仕方ない。来世に行って先に(本村洋さんの妻の)弥生さんの夫になる可能性があるが、そうなると洋さんに大変申し訳ない」。

意訳をすれば"あんたは福田孝行に死刑が下ることを期待してるんだろうけど、本当にそうなった時にあんたは後悔するかもよ"。すげーもんだ。前回の公判で散々被害者を侮辱した上、今回は被害者の夫である本村さんに対して精神的な揺さぶりを仕掛けた。安田好弘率いる腐れた21人の弁護団と狂言師2人が、法廷で三文芝居を繰り広げるこのバカバカしさを何と表現したら良いのか。とりあえず福田の精神鑑定を行ったこの2人について、これがどれだけ信用性に乏しいものかを示すソースがあったので、こちらを読んでもらえればと思います。

http://ameblo.jp/fujii-seiji/entry-10035889829.html

さて、この裁判は判決が「死刑」と「無期懲役」のどちらになるのかが問われているワケですが、万が一、弁護側の常軌を逸した証言が採用されて「無期」なんてなったら、とかまあンなことこれっぽっちも考えたくないですが、とりあえずウィキペディアの記述によると、福田が言うような実質7年の量刑で終了なんてことはまずなくて、最低でも20年の刑務所暮らしは確実。しかしその一方、無期懲役受刑者の仮釈放が年8人から9人くらいいるとのこと。

ということで、「無期」の場合、犯行当時18歳の福田は最短で38歳のときに外に出てこれてしまう可能性がある。いやー、ホント勘弁してもらいたい。この福田に将来性やましてや改悛の見込みがあるなんて到底思えないしさあ。

07/27/2007 06:30 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


 SUBJECT
 NAME
 BLOG/HP
 PASS
 OK?

【 精神科医2人も死刑廃止論者 】のトラックバックアドレス


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]