09 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

光市母子殺害事件に思う

性根から爪の先まで何から何まで腐りきっている犯人・福田孝行と、マッドサイティストを彷彿とさせる安田好弘、足立修一をはじめとした脳みその腐れた弁護団21人が、雁首揃えてどんなとんでもねえ主張を繰り返すのか。その呆れた内容は、被害者の夫、そして父親の本村さんが記者会見で話したその感想がすべて。オレは、福田が友人に送りつけたという手紙の内容を改めて読み返してただただ怒りに打ち震え、そして本村さんを応援するのみであります。

「誰が許し、誰が私を裁くのか・・・。そんな人物はこの世にはいないのだ。神に成り代わりし、法廷の守護者達・・・裁判官、サツ、弁護士、検事達・・・。私を裁ける物は、この世にはおらず・・・。二人は帰ってこないのだから・・・。法廷に出てきてほしいものだ・・・何が神だろう・・・サタン!ミカエル!ベリアル!ガブリエル!ただの馬鹿の集まりよ!」

「選ばれし人間は人類のため社会道徳を踏み外し、悪さをする権利がある」

「勝ったと言うべきか負けたと言うべきか?何か心に残るこのモヤ付き・・・。イヤね、つい相手のことを考えてしまってね・・・昔から傷をつけては逃げ勝っている・・・。まあ兎に角だ。二週間後に検事のほうが控訴しなければ終わるよ。長かったな・・・友と別れ、また出会い、またわかれ・・・(中略)心はブルー、外見はハッピー、しかも今はロン毛もハゲチャビン!マジよ!」

「ま、しゃーないですね今更。被害者さんのことですやろ?知ってます。ありゃー調子付いてると僕もね、思うとりました。・・・でも記事にして、ちーとでも、気分が晴れてくれるんなら好きにしてやりたいし」

「知ある者、表に出すぎる者は嫌われる。本村さんは出すぎてしまった。私よりかしこい。だが、もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。ヤクザはツラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君』

「オイラは、一人の弁ちゃんで、最後まで罪が重くて「死」が近くても「信じる」心をもって、行く。そして、勝って修行、出て頭を下げる。そして晴れて「人間」さ。オレの野望は小説家。へへ」

「犬がある日かわいい犬と出合った。・・・そのまま「やっちゃった」、・・・これは罪でしょうか」

「五年+仮で8年は行くよ。どっちにしてもオレ自身、刑務所のげんじょーにきょうみあるし、速く出たくもない。キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい。じゃないと二度目のぎせい者が出るかも」

この事件における過去の弁護団の主張、wikipediaより。

母親の殺害について
・被告は思春期に母親の自殺を目撃しており、母親に甘えたい気持ちから被害者女性に抱きついたところ、大声を出されたので口をふさいだ。しかし手がずれ込んでしまい、首が締まり女性を死に至らしめてしまった。これは今の日本の法律では傷害致死にあたる。

母親の屍姦について
・その後少年が母親に性的行為を行った件については、相手がすでに死んだ後に行っているので強姦罪には当たらない。

赤ん坊の殺害について
・赤ん坊を泣き止ませようと、首にちょうちょ結びをした所、きつく締まり過ぎてしまい、赤ん坊は死んでしまった。これも傷害致死にあたる(「ちょうちょ結び」をしたことに関しては物証があるため、警察、検察、裁判所も認めている)。鑑定書にはその紐の跡以外、検察の主張する、強い締め付けの痕跡や床に叩きつけられた跡は記されていない。

そして今回の差し戻し審での弁護団の主張。

・仮想現実に逃げ込んだままごと遊び

・性行為は被害者の生命を救うための魔術的な儀式であり、被告は精子が人間を復活させると信じていた

「母親に甘えたい気持ち」を持った人間が、その母親のことを『犬がある日かわいい犬と出合った』『そのまま「やっちゃった」』なんて思うワケねえだろうよ。「ちょうちょ結び」は自分の力を継続的に加えることなく首を締め付けることを理由にやったことだろうし、そして屍姦は「被害者の生命を救うための魔術的な儀式」だあ?そして安田は「この裁判で事実を明らかにする」と言い放った。

犯人と犯人を庇う連中。「人権派」の名の下に集まったこの外道共は、一体どこまで暴走するつもりなんだろうか。いや、爆走してもいいけど、最後はきっちり死んでもらいたいと思います。

05/26/2007 06:30 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


 SUBJECT
 NAME
 BLOG/HP
 PASS
 OK?

【 光市母子殺害事件に思う 】のトラックバックアドレス


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]