09 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

M-1グランプリ2009、そしてJIN

当然ながら自分の主観による評価でしかないワケですが、パンクブーブーの優勝は妥当だったと思います。声をあげて笑えたんで。ってか決勝の2組、特に笑い飯のチンポジはなんでわざわざあのネタにしたんだろうかなあ。敗者復活のNON STAYLEは去年優勝したとは言えあんまり面白いと思えなかったんで、正直えっ?と思ったけどね。ただ前回うぜーと思っていた白い方の太腿ペシペシがなくなって、2人の掛け合いのテンポもいいし、おおこれはと。去年準優勝のオードリーに主役を奪われ、「NON SMILE」とまで言われたその汚名をそそぐことが今回できたんじゃねえですかね。

まあこのM-1自体に大きな問題があるワケじゃないけど、でもやっぱ紳助がジャマなんだよなあ。衆院選で思いっきり評判を落とした東国原がいるのは一緒に本を書いて、多少なりとも政界関連の繋がりがあることをアピールしたかったからだろうし、そして今回大竹まことが審査員にいないのは紳助がTBSの生番組で恫喝として大騒ぎになった東京03のマネージャーが大竹まことの息子だったことによるんじゃなかろうかと。自身の番組を私物化しすぎていることで視聴者から飽きられつつあるのに、M-1もその流れにしちゃったらこの先立ち行かなくなるような気がするけどね。そんな今回のM-1で飛び出した珠玉のひと言はリアルヤクザ・カウス師匠がモンスターエンジンの漫才を評した「ガラが悪い」。その時みんながみんな思ったであろう「おまえが言うな」。今田が突っ込むかなあとか思ったけどさすがにしなかったですね。いやあ芸能界って怖いところだなあ。

そこから不祥事まみれのTBSにおける一筋の光明、「JIN」の最終回へ。とにかく脇役がどれもこれも脇役っぽくない。主役の大沢センセエ一点だけでなく、中谷野風、内野龍馬、綾瀬はるかの視点でドラマを見ることができて、例えでいうと、ドラゴンボールやスラムダンクなど、必ずしも主人公が一番人気でないマンガに似た雰囲気がこのドラマにあったんじゃないかと。一応ここまでは完璧。でもたぶんこの優良コンテンツをただで手放したくないTBSは続編の製作、そして映画化に向けてガツガツしちゃうんだろうなあ。本当はその流れをこち亀でやりたかったんだろうけど。

12/21/2009 01:59 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


 SUBJECT
 NAME
 BLOG/HP
 PASS
 OK?

【 M-1グランプリ2009、そしてJIN 】のトラックバックアドレス


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]