09 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

EKIDENカーニバル2009西東京大会

今年の秋の集大成、EKIDENカーニバルに参加してきました。場所は去年と同じく立川の国営昭和記念公園。会場最寄の西立川駅の混雑ぶりったらハンパなかったスね。人の輪やらのぼりやら、そして打ち上げにいかがっすかあのチラシ配りの方までまあひたすらに人人人。会場のみんなの原っぱも溢れかえる人で凄いことになっていて、ここ最近ご無沙汰のジャパンフェス@ひたち海浜公園を思い出させるようなそんな光景。

駅伝のメンバーはえびちゃん、木之下さん、おーつくん。このメンバーで駅伝の大会に参加するのは去年のEKIDENカーニバル、今年5月の谷川真理駅伝に続いて3回目。チーム名は今回も「夢中性感ヤマト」。このチーム名がゼッケンに思いっきり印字されていて全員で苦笑い。

この日は雲がかかると肌寒く、太陽が顔を出すと途端に暑く感じるような天候。12時30分のスタート前に一気に晴れて気温がぐんぐん上がり、ウォームアップのために軽くジョグをしただけで汗だく。自分は暑くなると途端に走れなくなるので、こりゃあヤバいなと。ここまで気温が高くなることを予想しておらず帽子も持ってきていない。

12時30分のちょっと前、スタート地点に並ぶ木之下さんと別れ、スタート後最初のカーブにおーつくんと陣取って、遠くでターン!と号砲が。目の前を凄い勢いで駆け抜けていく先頭集団、そして少し遅れて木之下さん。「木之下さん!」と声をかけると「っちょっ!わあ!」とか言ってたんで、自分のペースでスタートできなかったこととこの混雑振りに戸惑っている様子。2000組近くがエントリーしてるんだから、スタート地点を最初のカーブからもっと遠ざけて、んでスタートラインはもっと広めに取っていいと思うんですけどね。あとはスタートから最初の2kmくらいまでは箱根駅伝の予選会や立川昭島マラソンみたいに隣の自衛隊駐屯地を一時的に借りるとか。

去年の木之下さんの実績からいくと10km少々を35分くらいで戻ってくるはず、でもこの暑さだしなあなんて予想していたらそのとおり35分で帰ってきて、2区のえびちゃんにタスキを繋ぐ。息が乱れている様子もなく、「渋滞でたいへんだった」「後半ペースを上げてたくさんの選手を追いぬけてよかった」と、いやはやなにもかもレベルが違う。凄いス。

えびちゃんも6km弱の距離を22分くらいで帰ってきて、この暑さの中で去年と同じくらいのタイム。あとで「途中でブッ倒れそうになった」「去年よりも遅れちゃいました」と言っていましたが、いやいや何をおっしゃいますやら。全然、十分すぎるくらい十分。

3区は自分。暑いだなんだ言ってられねえと開き直って、目標は3kmを10分台。だらだら続く序盤の下り坂でペースを上げて、後半の上りはひたすら我慢しようという作戦。ただやっぱ暑い。序盤突っ込みすぎると後半で痛い目に遭うかもと思うとなかなかペースが上げられず、メンタルもフィジカルもなんとも中途半端な状態のまま折り返し。残り1kmの看板を過ぎ、意識してストライドを広げて上り坂を進む。去年はここが一番苦しくて、「んあっ!」とか息も絶え絶えに走った記憶があったのに、今年はあれ?と思うくらいあっさりと坂を上りきることができてしまって、あーやべえ、力を出し切らなきゃと慌ててラストスパート。なんとか無事アンカーのおーつくんにタスキを渡すことが出来て、時計を見たら去年とほぼ同タイムの11分30秒かそこら(たぶん)。去年は3kmで12分を切れてそれで満足だったんですが、今年はもうちょっとタイムを縮められたんじゃねえかと引っ掛かるものがあって、折角のいい機会なのになんかもったいないことをしたなあと。

自分が走っている途中で沿道の人から「十・・・」という声を掛けられて、お、もしかして順位?でも去年は種目別で23位、総合で38位だし、まさかそんなにいきなり順位が上がるなんて、ねえ?とか木之下さん、えびちゃんと話していたところでトップのチームがゴール。タイムは1時間20分台。2位のチームはそれから1分ほど遅れてゴール。で、そのあとのチームがなかなかやってこない。総合3位のチームが戻ってきたのはそれから遅れること3分ほど。暑さのせいか、去年と比べると全体的にタイムが遅くなっている。それからもゴールするチームはまばらなままで、いよいよおーつくんが走りはじめて20分が経過。ゴールしたチーム数はまだ20もない。去年、おーつくんは21分かそこらで戻ってきているので、「そろそろ戻ってくるかも・・・」なんて話していたら、遠くから凄まじい勢いでこちらに向かってくるおーつくんを発見。

「おおお!!!」「戻ってきたアアア!!!」。タイムは1時間30分かそこら、順位はなんと15位!思わず拍手。「いやーすげえ!15位だってよお!!」「ぎゃはははは!!」。この暑さの中、去年のタイムよりとそれほど変わらないのもさることながら、成績が予想以上もいいところ。その後に種目別の順位も出て、こちらはなんと651チーム中の9位。「ランネットで順位を調べる時に検索いらずの順位」とかもうホントなんなんだろうか。

この成績を取れたのは木之下さん、えびちゃん、おーつくんの激走があったことが大きくて、自分はもらった順位をなんとか保つくらいでしか働けなかったけど、それでもこの達成感ったら凄いものがありましたね。ただただ苦しいだけの練習を積み上げて、それが結果に繋がることの方が少ないんだけど、たまーに結果に繋がることがあるから走ることをやめられないんだな。

さあ次はつくばマラソン。ここ最近この駅伝に向けたスピード練習しかしてないもんで、さあ42kmを走りきれるかどうか。膝の調子が戻っているかどうかもビミョーだし、非常に危険です。

11/11/2009 02:37 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


 SUBJECT
 NAME
 BLOG/HP
 PASS
 OK?

【 EKIDENカーニバル2009西東京大会 】のトラックバックアドレス


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]