09 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

「政権選択選挙」ではなく「自民党YesNo選挙」のような気が

いやまあだいたいネガティブキャンペーンってのは仕掛けた側が負けるんですよね。日本で行われた過去の選挙や、アメリカの大統領選を見てもわかるように。ウチにも自民党筋からの民主党批判ビラが複数枚届きまして、あーそうですか、はいはいといった感じです。

さて、数年に1度の国民の祭典、衆議院選挙の投開票日がいよいよ明日に迫ってまいりました。ワタクシこの選挙というものが大好きでございまして、なにが好きかっていえば「人生の縮図」「人の生き様」といった非常に生臭いものが全国規模で見られるからに他なりませんで。そんな投票日の30日に急に仕事が入る可能性もないワケではないので、先週の土曜日に期日前投票をしてきましたよ。一応今回も民主党に票を投じてきました。

今回は既に各方面で民主党の圧勝が予想されていて、さて民主は議席をどこまで増やすことができるのか。300議席がひとつの目安で、それ前後あたりでマスコミの予想があれこれ分かれているわけですが、自分の予想では310くらいじゃねえかなあと。無党派層の動向次第で・・・という話もあるけど、そもそも無党派層っていうのは「勝ち馬」に投票する層なので、今回のように民主圧勝へとかいうマスコミの報道が連日のようにされている場合、じゃあ選挙に行かなくてもいいやという考えよりも、一丁この政権交代祭りに参加してやろうかいなという気持ちの方が先に立つ。小泉の郵政選挙の時に小泉が郵政民営化は善、反対するものは悪ってな感じで先導して、じゃあその悪を懲らしめてやろうと自民党の候補者にみんなが投票したように。

あとその小泉の郵政選挙で、無党派層に訴えかけるときには分かりやすさが肝心ということをどこの政党も理解したはず。で、民主はマニフェストの中身云々よりも「政権交代」を打ち出して、それを前面に出した。自民は「政党ではなく政策を」と必死に訴えてるけど、マスコミはこの選挙を「政権選択選挙」と位置づけて報道しているので、この民主の「政権交代」のコピーはマスコミの報道とリンクして無党派層に訴求しやすい。

自民のキャッチコピーは「改めます、伸ばします」。この「改めます」のキーワードは、好況時だったら「今までも良かったけど、悪いところがあったので改善します」という感じにいい具合に取られたかもしれない。でもこの不況でこのキーワードは「今までの失政を認めます」と受け取られかねないし、実際にそう感じる。「改めます」は歴史に残る失敗コピーとして名を残すんじゃねえですかね。

そして今回は長年日本丸の舵を取ってきた自民党政権がブッ倒れる可能性が高い。この歴史的な政権交代劇をおおげさに捉えるのなら「維新」や「革命」。これは郵政の「勧善懲悪」劇を含め、日本人が好きな事柄のひとつ。そこら辺も今回自民が大苦戦している要因のような気がしますが。

とりあえず、自民の武部、森、古賀、公明の太田といった大物どころが民主のペーペーと互角の殴り合いをしているってのが楽しくて仕方がございません。

08/29/2009 14:24 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


 SUBJECT
 NAME
 BLOG/HP
 PASS
 OK?

【 「政権選択選挙」ではなく「自民党YesNo選挙」のような気が 】のトラックバックアドレス


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]