11 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 01
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

つくばマラソン やっとこさ後編

折り返しを過ぎて、まあなんというかこの風景も4年連続ともなれば結構見慣れてきているし、あと半分で終わりだあ、おっしゃここで一丁いったろかいな、とかそんな余裕がまるでない今年のつくばマラソン。左のふくらはぎの妙な感覚に加えて、ここで両方の腿がズンと重くなってきてですね。フルマラソン5回目にもなれば、この感覚が脚力の限界を示すシグナルだということは十分にわかっておりまして、さあこの状態であとどれだけ行けるのか、ただそれだけ。

22km 4:56
23km 4:51
24km 5:09
25km 4:58

途中給水でゆっくりしながら、でもまだ5分を切るペースでなんとか。ホントなんとかという感じ。いわゆる「30kmの壁」が来る前に少しでも先に進もうと必死こいて走ってました。

26km 4:57
27km 5:06
28km 5:05
29km~30km 10:28

そして「30kmの壁」が30kmになる前に立ちはだかりましたよ。今回そびえ立ったのは過去見たことの無いような巨大な壁。初マラソンの荒川マラソンでも、こんなに早く壁は来ませんでした。ここからがひたすら地獄を見ることに。

31km~32km 10:19
33km 5:18
34km 5:22
35km 5:26

えっちらおっちらと、歩くとその時点で試合終了になることが目に見えていたので、とにかくなんとか脚を動かそうともがきにもがきまくる。うまくビルドアップできている選手に続々と抜かれて心が折れかけて、またここら辺では歩き始めたランナーも目に付いて、それを目に入れないようにななめ前を見ながらひたすら前進。35kmを過ぎたところにあるつくばマラソン名物のループ橋の上り坂はこのコース一番の難所。応援する人も多くて本当にありがたいです。

36km~37km 11:12
38km 6:08
39km 5:35
40km 5:47

ラスト7km、もうあとちょっとだ、頑張ろう、という気持ちになかなか切り替わらなかったのが今回キツかった原因だと思いますね。距離が残り少なくなってくると、いつも走っている周回コースに置き換えて、あと何周、あと何周半と距離を逆算して、とにかく気を紛らわせようとするんですが、そのモードに入らない。もう既に意識が落ちかけているのに、悪名高いつくばの第二折り返しがさらに首を絞めてくる。緩いカーブがずーーーっと続き、折り返しのポイントがどこまで行っても見えてこない。このコースレイアウトを考えた人はどれだけSなんだと。

41km 6:10
42km 5:28
ゴール 0:59

そしてゴール前に最後の難関の上り坂。脚は上がらない、前に行くのもやっと、それでもなんとかラストスパート。いつも思うけど、ゴールの陸上競技場が見えたときのこの嬉しさってのは何事にもかえられませんな。先に走り終えたおーつくんの応援を受け、気力を振り絞ってゴール。

タイムはグロスで3時間39分26秒、ネットで3時間37分47秒。公認記録となるグロスでは自己ベストを更新、しかしネットは去年より40秒くらい遅いタイム。さらに言うと、去年は前半も後半もさほどタイムが変わらなかったんですが、今年はそのタイム差が8分。こう振り返ってみると、これって前半カッ飛ばしすぎたというよりも、普通に走りこみ不足だったのかもなあ。

気持ちは既に来年のつくばマラソンへ。来年明けてから3本のハーフマラソンをこなすことが決定しているんですが、これはすべてつくばの準備のため。来年のつくばの目標は「サブ3.5」。絶対に達成したりますよ。

12/07/2011 00:41 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]