12 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 02
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

Facebookって何なん?

いやまあ映画にもなったし、創業者がTIME誌の2010年の顔に選ばれたらしいし、今の価値が5兆円だかなんだか凄いことになっているらしいのでとりあえず登録してあれこれ項目を入れてみたけど、プロフィールだけ作ってその先なにをしたら良いのかさっぱり分からんス。

ブログを持っていて、さらにmixiとか入ってて、ツイッターとかやっている上にこのFacebookとか、ここら辺すべてに手を出している人はどんな風に使い分けているんですかね。まあFacebookは実名主義とかなので、あんまぶっちゃけたようなことは書けないだろうけど、でもねえ当たり障りのないことばっかつらつら書いてもちっとも面白くないし、たまには毒づいてみたくなったりとかあるだろうし。そこら辺をビクビクしながらやるのもなんだかなあとか思ったりとかするんですけどね。

で、ああなるほど、mixiがメールアドレス検索機能とかを導入したのはこのFacebookに触発されてなのか。そら基本ひっそり仲間うちでやっていたいmixiと、ウェルカムなFacebookではそもそもの性質が違うしねえ。mixiユーザーに大顰蹙を買ったとか当たり前じゃん、というかmixi運営側は自分とこがやっているサービスそのものを理解していないんじゃねえかとかそんなことを思ったりもしたんですが、そんな騒動いつの話だよ、今になって指摘するなってことですね、はい。

01/24/2011 02:38 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

わあ

全然更新できてねえでやんの。

ここ最近大きく変わったことはないんですが、とりあえずこの前の日曜日に会社の同僚と渋谷区の駅伝大会に出てきました。スタートは8時20分、この日の朝の気温は氷点下。まあ走っているうちに体があったまって最後は汗だくになるだろうと、ノースリーブにアームウォーマー、下はハーフタイツで走り始めたら1km行かないうちに下半身の感覚がまったくなくなって、脚が上がっているのかわからない状態に。

こんなことになるのははじめてで正直焦りました。区間2.9kmを10分台が目標だったのに、このままだと腰が砕けけて転倒するんじゃないかとか、完走すらヤバいかもとか思ったりとかして、記録を狙うとかそれどころじゃないし。なんとかゴールまで辿りつけたのはできたのは良いんですが、結局11分20秒とかそれくらいのタイム。たぶん中位くらいの区間順位でしょうね。暑さにはまったくダメ、でも寒さには自信があったんだけどなあ。

次回の出場大会は2月初旬の守谷ハーフマラソンの予定。今回こんなことになっちゃったし、さあどんな格好で走れば良いんだろうかなあ。で、忘れないうちにつくばマラソンの時のことも書かないと。もう2ヶ月も前のことだけど。

01/18/2011 02:39 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

箱根駅伝 復路の感想

早稲田の復路は区間2位-2位-3位-2位-2位かあ。これだけ手堅くまとめられたらなす術がないわな。瀬古大喜びでムカつくけどこれはしょうがないわ。おめでとうございます。喜ぶ早稲田勢の横で奥歯を噛みしめていた東洋大勢。おそらく来年も5区を走るであろう柏原の顔つき、目つきが尋常でなかっただけに、次回どんだけ爆発するのかが今から楽しみです。

応援していた山梨は12位のシード落ち。復路は総合9位だったとのことなので、相手との力関係を考えるとそれほど悪くない。そうすると往路に原因を求めることになるんだけど、んー、結局はひとりひとりが20秒ずつくらいを縮めることができていれば…とかもうこれは結果論でしかないか。東洋、駒澤と比べて復路のメンバーはどうよ?と言われていた早稲田がこの走りを見せて、最下位の日大がボロボロに崩れたことでもわかるように、長距離はメンタルの強さだったり、モチベーションの維持だったりが記録に大きく左右するんですよね。一番は良い位置で襷をつなぐこと、そして崩れかけているところを巻き返すことができるいろいろな意味で強い選手を作ることっていうそんだけですね。

順天堂、法政、大東文化、国士舘といった常連校がなぜ予選会を通過できず、拓殖や青山学院、国学院といったところがシード権を確保できたのか。山梨はまずその分析から始めて、現状と照らし合わせながら徐々に練習法や調整の仕方を変えていくしか浮上の道はないんじゃないですかね。じゃないと確実に順天堂と同じ道を辿ってしまうように思います。

01/04/2011 00:13 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

01/03のツイートまとめ

takatsukat

佐久長聖OB大爆発。でまたこれ以上ないタイミングで佐久長聖監督のCM。
01-03 09:27

早稲田、東洋の一騎打ちですか。早稲田の復路が安定していてそれが意外ですね。
01-03 11:19

シード権争い、10位近辺が安定していて、なかなか差が詰まらないなあ
01-03 12:04

追う東洋、追われる早稲田。でもこれは追う方がキツい。早稲田かあ…
01-03 13:25

01/04/2011 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

01/02のツイートまとめ

takatsukat

1位早稲田と3位グループの差は思ったよりつかなかったスね。日大は勇気を持ってよく付いていったよ。
01-02 09:12

2区のごぼう抜きの記録を強調してアナウンスしたところで何になるんだろう
01-02 09:17

今年の2ch的MVPは大八木で決定だろうな
01-02 09:25

ベンジャミン走り方おかしくね?軽快さがまるでない
01-02 09:28

なるほど、ベンジャミンは坂に強いのか
01-02 10:02

村澤も凄いけど青学がお見事でした。抱え込むようなあんな走り方でも前に進むもんなんだね
01-02 10:21

コスマスお見事。同じく良かったのは東海の元村。早稲田は1区から3区でできるだけ離したかっただろうに、全体的に2区のタイムが早くて計算が狂ってるんじゃないですかね。
01-02 11:25

帝京凄かったなあ。やっぱこの区間は攻めてなんぼなんだなあ。ってか柏原への声援がハンパねえし、で入りが2:47て。
01-02 12:18

柏原パねえなあ。山の鬼神ってか。
01-02 12:47

随分前に柏原に抜かれたのに、早川もよく付いていってるよなあ
01-02 13:02

01/03/2011 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

箱根駅伝 往路の感想

応援している山梨は2区、4区、5区で撃沈。確かに去年と比べて全体の区間記録が上がっているとは言え、それはみんな共通の条件で走っているので言い訳にはならねえですね。んー。

明日は今日とは逆の向かい風のコンディションになるので、そこでなにかがうまくハマることを期待するしかないかなあ。できれば2区間快走、残りは区間順位1ケタくらいの走りをお願いしたい。この状況の中、シード権確保のためには小ブレーキすらできなくなったってのはかなりきついけど、そこは上をひとつひとつ、拾っては投げることを淡々と繰り返すのみ。

えーと柏原。体調が万全でない中でそれでも区間記録で2位と2分つけてしまうんだから圧倒的。恐怖心が欠落しているご様子なのは相変わらずで、フィジカル、メンタル共に異次元。昨日「柏原も今回はどうかわからない」との内容の文章を書きましたが、本当にすみません。完全にみくびっておりました。柏原が山で失速する理由を探すのは、競馬で言うとブエナビスタが負ける理由を探すのと同じようなもんですね。

早稲田東洋に遅れること27秒。山でもっと柏原に離されるかと思っていたんですが、意外と粘ったのでびっくり。ただテレビを見る側からするとワセダの広報マン瀬古が超絶にウザすぎるので、東洋なり駒澤なりが早めに早稲田にとどめを刺してくれると助かります。ところで、各テレビ局がなんで瀬古を主要駅伝大会の解説に抜擢するのか、その理由をご存じの方は教えていただけないですかね。

ちなみに日テレの苦情連絡先はこちら。
03-6215-4444 受付時間:午前8時30分~午後22時30分

箱根駅伝放送中は瀬古に対する苦情がここに殺到して繋がらないような気もします。

01/02/2011 20:03 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

さて箱根駅伝でございますね

正月の2日、3日は心頭滅却して箱根駅伝に没頭いたします。

応援する山梨は終わって5位以内、これがまた3位以内だったら素直に嬉しいかなあ。総合力は駒澤と東洋がリードしていると思うし、優勝はさすがに畏れ多い。そりゃまあ優勝してもらいたいですけど、でもシード落ちとかは勘弁してもらいたいし。

で、毎年毎年瀬古の解説にムカつきっぱなしなので、間違っても早稲田には優勝してもらいたくねえですね。ええ、はっきり言ってしまいますが。

やっぱ注目せざるを得ないのは山を登る東洋の柏原ですか。1年、2年と圧倒的な強さを見せている柏原のその強さは、走力とかでなくてメンタルの強さにあると思うんですよね。山登りに対する恐怖心の無さ、というかその恐怖心が決定的に欠落しているように感じられてですね、これが今のところは結果に繋がっているのかなあと。怖くないから5区最初の5kmを14分台とか狂った入り方をするんであって、何か考えていたらそんなペースで突っ込まないし。

しかし今シーズンの柏原はそれほど順調ではないようだし、当の本人が5区の回避を望んだという報道もあったしなあ。回避を望んだのが山に対する恐怖心の芽生えに起因しているとしたら、勝負の行方はまだわからないような気がします。

01/01/2011 23:58 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

あけましておめでとうございます、そして青木vs.自演乙

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

さて昨年の大晦日の夜、ガキ使は録画で後回しにして、結局見ていたのは格闘技「Dynamite!!」。

地上波で放送した試合のうち、見る価値があったのは「青木vs.自演乙」「所vs.渡辺」「ビビアーノvs.高谷」ですかね。石井の相変わらずの塩試合を流すんだったら、宮田vs.宇野の方が良かったような気もしますが、格闘技放送のセンスはゼロ、視聴率至上主義のTBSからすれば、そんなことは全く意に介さないでしょうしね。

だいたい格ヲタの皆さんからまったく支持されていない石井をプッシュしようとしている時点でなにかがズレているんですが、そこはまだまだ亀田でカネを稼ごうとしているところからもわかるってなもん。ニーズという言葉を理解しているんだろうかこの局は。

さあてと、やっぱ「青木vs.自演乙」に触れざるを得ないだろうなあ。

元々総合のジムに通っていたこともあって、総合vs.K-1というこの図式だと総合側を応援してしまうんですが、でもこのルール、そして試合をするのが青木の場合はどうしてもその相手の方に勝ってほしいと願わずにはいられなくてですね。

試合中に解説の須藤が言っていたように、青木はまったく「空気を読まない」。その姿勢は2009年7月に行われた”柔術皇帝”シャオリン戦でも十分に表れていて、究極の寝技対決を期待していた観客の期待を裏切る形で終始立ち技の試合展開に持っていって、そのまま終了のゴング。ブーイング渦巻く客席に向かって「いやー、ムエタイって面白いでしょ。大丈夫大丈夫、このブーイングは想定内」。つまり青木は客をバカにしてるんだよね。雑誌のインタビューでも、戦っていない客に何がわかるんだ?というようなことを平気で言っちゃうし。

この大晦日は青木が1ラウンドの打撃ルールを凌いでしまえば、2ラウンドの総合ルールで自演乙を簡単に料理するだろうと誰でも思っていたはず。そしてその1ラウンドで青木が見せたあの試合展開。それまでの青木の試合ぶりを知っている人であれば「またやりやがった」と思っただろうし、大晦日だけチャンネルを合わせるライトな視聴者からしてみれば「なんだありゃ」と感じたはず。

浴びせ蹴り、ドロップキック、背走からロープをつかみながらの蹴り。クソだよなあ、ホント。ヘッドスリップ、ダッキング、ウィービングなどなど、総合をやっている選手であればそこら辺の技術もあるだろうに、でなくひたすら「掛け逃げ(谷川談)」の時間稼ぎをしまくって、1ラウンドのゴング。このゴングを聞いて拍手をした客の姿がテレビに映ってたけど、こいつらって何を求めてこの会場に来てたんですかね。金払ってそんな試合展開を望んでいたのかと。

そして2ラウンド、ザリガニの威嚇のような隙だらけの青木のタックルに自演乙が膝で合わせてKO。アホすぎる。青木に対しては格闘技をバカにしてんのか!辞めちまえ!と声を大にして言いたい。

「乙~、乙~、よくやった!!」「1ラウンド、ムカついてたんですよ!」という魔裟斗の言葉に思いっきり共感。このルールを受けて、そこまで打撃をやりたくなかったんだったら、ひっそりと柔術の試合に出てひたすら相手の関節を極めまくってりゃいいんだよ。

勝つこと、すなわち負けないことはプロの選手にとって重要で、それが自分の価値を高めることに繋がっていくんだけど、青木の場合は負けることへの恐怖心が強すぎる。つまりは異常に臆病なんだろうね。その臆病な心の裏返しが「客に何がわかる?」という言動になって、それをそのままマスコミが報じて、結局青木からファンが離れるという悪循環。実力は世界クラス、でも中の人があまりにも中二すぎて応援できないとかまあなかなか無いケースだわな。

試合後のツイッターで「自分のやった仕事に胸を張りたいです。反省ではなく胸を張りたい」「ありがとうございます。僕は僕を貫きます」という言葉を連ねた青木。こうなったことについて反省しないとか、こんなんでもうすぐ人の親になろうってんだから恐れ入る。子供にこんな試合を見せ続けることを恥ずかしく思わない程度に人間性が成長することを願わずには…ってまあ無理だろうなあ、青木だし。

01/01/2011 23:19 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]