04 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 06
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

アシックス以外のシューズを久しぶりに買いました

最近馬券の調子が良くてですね、競馬用口座の残高をチェックしたら・・・ぉぉお・・・という感じだったんで、思い切ってランニング用シューズを買いました。ただし普通のアシックスとかミズノとかナイキとかでなく、こういうヤツ。

ビブラム ファイブフィンガーズ ビキラ

横からだとこんな感じ。ちなみに購入場所は渋谷のアートスポーツです。

4月だかに日経新聞の新商品紹介欄みたいなところで取りあげられたのを見てちょっと気になっていたところに、ランニング誌クリールで「裸足ランニング」の特集が。『ランニングの着地は踵からだけではなく、前足部から着地するフォアフットという方法もある』『フォアフット走法の方が着地の衝撃が少ない。衝撃値は踵着地の半分以下』『安全な地面を素足で走る』などなど、慢性的な膝の故障で悩んでいたところにこの内容。

元々陸上部で短距離・跳躍をやっていた頃はこのフォアフット走法で跳んだり駆けたりしていたので、踵着地の走法を変えることにそれほど抵抗もないし、じゃあロードレースがオフシーズンとなるこの時期に走り方の大改造をやってみましょうかいねと。

で、早速このファイブフィンガーズを試してみました。まず最初の足入れで四苦八苦。それぞれの場所になかなか指が入ってくれない。両足を入れるまでに5分くらいかかりました。ちなみにメーカーは5本指ソックスを履いてからこのシューズを履くということを推奨しているとのことですよ。

近くにある公園で靴の感触を確認。確かに土の地面の凹凸を足の裏にダイレクトに感じられて非常に新鮮。次に走ってみる。店の人から「スタッフがこの靴で試走したんですが、やっぱ痛かったそうです」と言われていたんですが、踵着地で走らず、あくまでもフォアフットを心がけて走ったこともあってか自分はそんなに痛さは感じなかったですね。また靴そのものの重さを全然感じないので、素足感覚で気持ち良く走れます。

ビキラはベルトで固定するタイプ、もうひとつのスピードというモデルは普通の靴と同じようにひもで縛るタイプで、このスピードの方が若干靴底が厚くて、硬い感じ。自分はこの柔らかい方のビキラで全然満足です。

そして何よりも普段と違うと思ったのが、走り終わって靴を脱いだ後の足の感覚ですか。指と指の間が離れた感じと一緒に、足先に血が巡っているのがわかって非常に良いです。足の裏が刺激されたのもあるんだろうけど、「醒めた」というかなんというか。とにかく不思議な感覚ですよ。

非常に良い製品であることは間違いないんですが、やっぱ弱点もあるそうで、それはこの足底の薄さ。これから気温が上がって、熱せられたアスファルトで走るような場合はその熱さがモロに足裏に来るとのことです。ということはまた最近言われている「朝活」「朝ラン」向けということなんですかね、と、うわあ、こんな時間かよ。寝なければ。

05/28/2010 03:40 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]