04 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 06
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

遅ればせながら「マニュライフ わくわくチャリティラン」駅伝@味スタ

ということで、先週の日曜日になりますが走ってきました。

メンバーは秋に行われるEKIDENカーニバル西東京大会で一緒に走った友人えびちゃん、おーつくん、木之下さんで、自分の走順は2番目。自分は過去、大小あわせて6回ほど駅伝に出場したことがあるんですが、2番目に走るというのははじめて。とりあえず1区おーつくんが上位で来ることはわかりきっていたんで、その流れを切らずに3区えびちゃん、4区の木之下さんに繋げられれば良いなあと、もうそれだけ。

今から思えば守りに入ったこの時点でやらかしてしまうことが決まっていたような感もありますが、とにかく4人の中で一番走力が劣るのが自分なワケで、刺激走として最適だべと思っていた前日の社内駅伝の疲労が思ったよりも残ってしまったというのも、メンタルを負の方にスイッチさせてしまった一因。これでもかというくらい両脚の膝、腿、ふくらはぎにキネシオテープを巻きつけて準備完了。そしてスタートの号砲。

1区おーつくんが期待を裏切ることなく上位でタスキを持ってきて、そして自分の出番。味スタ内のグラウンドを北から南に抜けて、外周を1/3くらい、その後隣の公園に行き調布飛行場の横をずーっと。ここらへんまでは軽快に脚が進み、前に行く人をバカスカ抜いていたりとかしていたんですが、暑いなあ、折り返し地点はどこだ、どこにあるんだよお、とか思い始めたところで脚がズーンと重くなってきまして。

いわゆる心が折れた状態。ロードレースでもなんでも、半分の距離を過ぎると、残り1/2・・・、残り2/5・・・とか苦しさから解放されるまでの時間や距離を逆算して、少しでも気持ちを前に向けられるよう暗示みたいなものをかけて気持ちを奮い立たせるように努めるんですが、それがまったくできない。早く終わってくれえと、ただもがくのみ。ここまで脚が止まったのは脱水症状でまともに走れなくなった2年前の新宿シティハーフマラソン以来かなあ。序盤にバカスカ抜いた人数をはるかに上回る人数に前に行かれてしまい、そしてようやく味スタに辿りついて3区えびちゃんにタスキを中継。

えびちゃんも走り終わったあとに「やっちまいました」と言っていたので相当苦しんだようですが、それでも区間30位。アンカーの木之下さんは安定感抜群、ってか異次元の走りで区間5位。ちなみにこの駅伝前、えびちゃんは西国分寺駅から味スタまでの道のりを、木之下さんも日野から味スタまでをそれぞれ走ってやってきたということで、そしてこの激走。ホントどんな体力をしてるんスか。

結果は290チーム中で16位という成績。今回自分が足を引っ張ったのは間違いなくて、この借りは秋のEKIDENカーニバルで必ず返します。まずは減量ですね。瞬間風速で切るんだけどどうしても維持できない70kgの壁をどうにかしたいということと、あとはスピードの強化。この後しばらくはトラックでの中距離レースに専念するつもりなので、そこでフォームとかの修正を行って秋のロードレースシーズンに繋げたいと思います。

あ、それから今回唯一の収穫は鼻腔を拡げるブリーズライトがすんごい効果があるのを知ったこと。試供品を配っていたのではじめて付けてみたんですが、あんなに呼吸が楽になるとは思わなんだ。でっかい大会の時は必ず付けるようにしたいと思います。

05/24/2010 01:29 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

05/23のツイートまとめ

takatsukat

アグネスワルツが良い手応えで抜け出して、うおおっとなったのも束の間、外から伸びてきたのがピンクの帽子2頭だったので、最後の十数秒はただテレビを傍観するのみでした。G1の同着優勝って、漫画のマキバオーであったような気が。
05-23 18:28

その時はまあ漫画だしリアリティを求めるのもなあ、なんて思った記憶がありますが、まさか現実になるとは。収支は最終レースを当てたのでプラス。でも肝心のオークスがやらかし気味なので、ちょいと複雑です。
05-23 18:29

05/24/2010 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]