04 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 06
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

日本 vs. イングランド 感想

イングランドを喜ばせない闘いをしたってのが一番の収穫でしょうか。あと韓国戦よりずっと良かったってのも。韓国戦で惨敗、岡田のポロリ進退伺い騒動と、あまりにもあんまりだったので日本代表を応援できそうもなかったけど、まあこの試合ぶりであればW杯でもなんとか感情移入できそうですわ。以下、今日の感想。

本田はホントなんなんだろう。あのハンドにはさすがに呆れた。あの反射神経があればキーパーでやってけるよ。今すぐに川口にキャッチとパンチングを教えてもらえばよ。刺激的な発言を口にすることが多いからマスコミにえらい取り上げられているけど、結局口だけ番長で終わるような気がする。本田の持ち味は攻撃となってるけど、ただ単に守備が下手で、間合いの取り方も、寄せ方も全然ダメ。さらに重心が高いから相手に簡単に振り切られる、とそれだけのことでしょうよ。

・確変川口の後継者は川島でしたか。楢崎の安定度も別にそれはそれでいいんだけど、基本的に格上が相手になるW杯本番だったらダメ元で川島を正GKとしてやらせるのも面白いかも。まあ実際にはなかなか難しいかもしれないけど。ただ確実に言えることは次の代表正GKは川島になることがこの試合で決まったということで。

・オウンゴールをしちゃったけど、試合の採点では川島の次が闘莉王でしょうかね。闘莉王の使い方はDFじゃなくても良いと思うんだけどね。

・中澤が確実に劣化してる。岩政はこのまま使わないつもりだろうか。

・先発FWは岡崎だったら森本の方が良い。

・大久保らしさ全開。本番とかでカードを喰らわなければこれで良いと思うけど、本番で喰らいまくっちゃうのが大久保なんだよなあ。

・遠藤は韓国戦に比べて若干良くなった程度。レギュラーを保証せず、身分を当落選上に置いても全然問題ないと思うけどね。

・試合後のピッチ上で猛ダッシュ、猛アピールをする俊輔。もういいよ。日本に帰ってマリノスタウンで同じ事やれって。

以上です。次のコートジボアール戦である程度チームの形を決めないと。

05/31/2010 01:36 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

05/30のツイートまとめ

takatsukat

スローの瞬発力勝負だったなあ。買ったのはピサからヒルノダムールの馬連、ピサからエイシンフラッシュとアリゼオのワイドで、一応当たりました。おー、あぶねー。
05-30 15:58

本田は足下を狙われてる。意識が韓国戦と何にも変わってねえし。俊輔送還の香川in、本田ベンチ降格のレギュラーケンゴーでお願いしたい。あと遠藤は前半で交代、森本をできるだけ早いタイミングで投入とそれも合わせてひとつ。
05-30 22:09

05/31/2010 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

競馬 日本ダービー 予想(追記)


いよいよ超絶に混んできました。今、ピサとペルーサの馬連のオッズを調べたら3倍ちょうど。買うのやめて、他3頭の馬連とワイドにします。

05/30/2010 15:02 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑

競馬 日本ダービー 予想

変わらず東京競馬場より。やっぱり馬場の外は伸びる、けどペース次第で内も残る。なのでそのペースがどうなるかをまず考えなきゃいけないんですが、前に行ってこその馬が揃ったので、スローペースにはならないでしょうね。

予想です。ヴィクトワールピサは2着以内に来るでしょう。粘るアリゼオ、内からエイシンフラッシュ、外から一気にペルーサ、ヒルノダムール、しかしその間からスルスルとピサかなあと。ピサを軸に今名前を出した辺りを馬連で買います。ちなみに岩田は昼休みのジョッキー紹介の時からガッチガチ。大丈夫か?

05/30/2010 14:37 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

人生初のダービー観戦


東京競馬場です。天気は曇り。にしてもさすが祭典、午前から結構混んでます。今第4レースが行われて、穴どころが先行抜け出し。未勝利戦ながらタイムは悪くないし、昨日の雨の影響はなさそうです。馬場の中から外が伸びて、内側で残るのはやや厳しいかも。さあてと、検討を始めますかね。

05/30/2010 11:58 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

アシックス以外のシューズを久しぶりに買いました

最近馬券の調子が良くてですね、競馬用口座の残高をチェックしたら・・・ぉぉお・・・という感じだったんで、思い切ってランニング用シューズを買いました。ただし普通のアシックスとかミズノとかナイキとかでなく、こういうヤツ。

ビブラム ファイブフィンガーズ ビキラ

横からだとこんな感じ。ちなみに購入場所は渋谷のアートスポーツです。

4月だかに日経新聞の新商品紹介欄みたいなところで取りあげられたのを見てちょっと気になっていたところに、ランニング誌クリールで「裸足ランニング」の特集が。『ランニングの着地は踵からだけではなく、前足部から着地するフォアフットという方法もある』『フォアフット走法の方が着地の衝撃が少ない。衝撃値は踵着地の半分以下』『安全な地面を素足で走る』などなど、慢性的な膝の故障で悩んでいたところにこの内容。

元々陸上部で短距離・跳躍をやっていた頃はこのフォアフット走法で跳んだり駆けたりしていたので、踵着地の走法を変えることにそれほど抵抗もないし、じゃあロードレースがオフシーズンとなるこの時期に走り方の大改造をやってみましょうかいねと。

で、早速このファイブフィンガーズを試してみました。まず最初の足入れで四苦八苦。それぞれの場所になかなか指が入ってくれない。両足を入れるまでに5分くらいかかりました。ちなみにメーカーは5本指ソックスを履いてからこのシューズを履くということを推奨しているとのことですよ。

近くにある公園で靴の感触を確認。確かに土の地面の凹凸を足の裏にダイレクトに感じられて非常に新鮮。次に走ってみる。店の人から「スタッフがこの靴で試走したんですが、やっぱ痛かったそうです」と言われていたんですが、踵着地で走らず、あくまでもフォアフットを心がけて走ったこともあってか自分はそんなに痛さは感じなかったですね。また靴そのものの重さを全然感じないので、素足感覚で気持ち良く走れます。

ビキラはベルトで固定するタイプ、もうひとつのスピードというモデルは普通の靴と同じようにひもで縛るタイプで、このスピードの方が若干靴底が厚くて、硬い感じ。自分はこの柔らかい方のビキラで全然満足です。

そして何よりも普段と違うと思ったのが、走り終わって靴を脱いだ後の足の感覚ですか。指と指の間が離れた感じと一緒に、足先に血が巡っているのがわかって非常に良いです。足の裏が刺激されたのもあるんだろうけど、「醒めた」というかなんというか。とにかく不思議な感覚ですよ。

非常に良い製品であることは間違いないんですが、やっぱ弱点もあるそうで、それはこの足底の薄さ。これから気温が上がって、熱せられたアスファルトで走るような場合はその熱さがモロに足裏に来るとのことです。ということはまた最近言われている「朝活」「朝ラン」向けということなんですかね、と、うわあ、こんな時間かよ。寝なければ。

05/28/2010 03:40 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

鳩山といい、この岡田といい・・・

サッカー岡田監督「真剣にとらえるとは」…進退伺い発言

サッカー日本代表の岡田武史監督は25日、前夜の国際親善試合・韓国戦で敗れた後、日本協会の犬飼基昭会長に口頭で自身の進退について尋ねたことについて、「そんなにみんなが真剣にとらえると思わなかった。これからは口を慎みたい」と話した。代表メンバーはこの日、さいたま市内での国内合宿を打ち上げたが、選手には練習前に「責任を持って戦うので心配しないでくれ」と伝えたという。

岡田監督は24日の試合後会見で、犬飼会長に「(監督を)続けていいんですか? 会長もいろいろ言われますよ」などと尋ねたことを自ら明かしていたが、25日の練習後の取材に、「僕が選手を決めて、預かって、選手がついてきてくれているのに、自分から投げ出すつもりは絶対にない」と説明した。

この件について犬飼会長は「『僕が続けていいのか』というのは『僕にやらせてくれ』という意思表示だと思っている」と語った。一方、代表メンバーのDF長友(FC東京)は「びっくりはしたけど、まさか岡田さんが真剣にそんなことを言わないと思っていた」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100525-00000112-mai-base

これが日本の指揮官なんだと。これが国民の期待を背負って南アフリカに向かうリーダーの姿なんだと。なにを考えてるんだろうね。壮行試合後にサポーターに挨拶もせず、なにをやっていたのかと言えば実は会長と談笑してましたってか。嘘つけボケエ。

昨日の発言、そして今日の理解不能な弁明。サポーターからの信頼も地に落ちただろうし、もし仮にベスト4を達成できたとしても、その時の世論は「岡田、信頼していなくてすまんかった」でなく「岡田じゃなきゃ優勝できたんじゃね?」ってなことになるんじゃないですかね。それにしても本番前になにやってんだよ、岡田も協会もよお。

05/26/2010 01:19 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

05/25のツイートまとめ

takatsukat

山手線、同じ電車で原宿駅と恵比寿駅の二度停車位置を間違えるとか、大丈夫かよ、運転手さんよお。
05-25 10:46

05/26/2010 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

明日のスポーツ紙一面は「岡田進退伺った」とかだろうか

それでも俊輔を使い続けるんなら、それは心中と言わず自殺行為だと思うけどね。

岡田監督、口頭で進退伺=犬飼会長は続投を明言―サッカー日本代表〔W杯関連〕

サッカー日本代表岡田武史監督は24日、同日の国際親善試合、韓国戦(埼玉スタジアム)に敗れた後、日本協会の犬飼基昭会長に口頭で自らの進退について伺いを立てたことを明らかにした。
岡田監督は試合後の記者会見で、「1年に2回韓国に負けて、『(周囲に)責任問題だと言われますよ』と会長に尋ねたら、(会長に)『やれ』と言われた。前に進むしかない」と述べた。日本は2月の東アジア選手権でも韓国に1―3で敗れた。
犬飼会長は「(残る強化試合が)あと二つうまく行かなくても、体制はいじらない」と語り、岡田監督の下でワールドカップを戦うことを明言した。

http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100524-00000010-jij_van-socc

韓国に完敗。試合後のセレモニーで観客の前に立たず、その裏で進退伺いをしているとは。自分のプラン、戦術に合わせた選手を選んで、あと数週間で開幕とかそういう時期に「オラ辞めたほうがいいんじゃないですかねえ」とか、お前は本当に馬鹿かと。いや馬鹿って、馬と鹿に失礼だな。とにかくもうマジで呆れましたよ。この時期にきて何を抜かすか。ンなこと言い出すのは3ヶ月遅いし、だいたい本番前に指揮官がビビってどうすんだ。

俊輔、遠藤本田といった中盤どころがまったく機能しない。釣男さんのスペランカー体質も相変わらずで、これじゃあW杯本番でも戦力として計算できない。献身的に働いているのは長友のみ。これらの選手を選んだのは岡田だし、動かない選手を動くように指揮して試合に臨むのも岡田の仕事。一回抱えた仕事はやりきれっての。

05/25/2010 03:09 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

遅ればせながら「マニュライフ わくわくチャリティラン」駅伝@味スタ

ということで、先週の日曜日になりますが走ってきました。

メンバーは秋に行われるEKIDENカーニバル西東京大会で一緒に走った友人えびちゃん、おーつくん、木之下さんで、自分の走順は2番目。自分は過去、大小あわせて6回ほど駅伝に出場したことがあるんですが、2番目に走るというのははじめて。とりあえず1区おーつくんが上位で来ることはわかりきっていたんで、その流れを切らずに3区えびちゃん、4区の木之下さんに繋げられれば良いなあと、もうそれだけ。

今から思えば守りに入ったこの時点でやらかしてしまうことが決まっていたような感もありますが、とにかく4人の中で一番走力が劣るのが自分なワケで、刺激走として最適だべと思っていた前日の社内駅伝の疲労が思ったよりも残ってしまったというのも、メンタルを負の方にスイッチさせてしまった一因。これでもかというくらい両脚の膝、腿、ふくらはぎにキネシオテープを巻きつけて準備完了。そしてスタートの号砲。

1区おーつくんが期待を裏切ることなく上位でタスキを持ってきて、そして自分の出番。味スタ内のグラウンドを北から南に抜けて、外周を1/3くらい、その後隣の公園に行き調布飛行場の横をずーっと。ここらへんまでは軽快に脚が進み、前に行く人をバカスカ抜いていたりとかしていたんですが、暑いなあ、折り返し地点はどこだ、どこにあるんだよお、とか思い始めたところで脚がズーンと重くなってきまして。

いわゆる心が折れた状態。ロードレースでもなんでも、半分の距離を過ぎると、残り1/2・・・、残り2/5・・・とか苦しさから解放されるまでの時間や距離を逆算して、少しでも気持ちを前に向けられるよう暗示みたいなものをかけて気持ちを奮い立たせるように努めるんですが、それがまったくできない。早く終わってくれえと、ただもがくのみ。ここまで脚が止まったのは脱水症状でまともに走れなくなった2年前の新宿シティハーフマラソン以来かなあ。序盤にバカスカ抜いた人数をはるかに上回る人数に前に行かれてしまい、そしてようやく味スタに辿りついて3区えびちゃんにタスキを中継。

えびちゃんも走り終わったあとに「やっちまいました」と言っていたので相当苦しんだようですが、それでも区間30位。アンカーの木之下さんは安定感抜群、ってか異次元の走りで区間5位。ちなみにこの駅伝前、えびちゃんは西国分寺駅から味スタまでの道のりを、木之下さんも日野から味スタまでをそれぞれ走ってやってきたということで、そしてこの激走。ホントどんな体力をしてるんスか。

結果は290チーム中で16位という成績。今回自分が足を引っ張ったのは間違いなくて、この借りは秋のEKIDENカーニバルで必ず返します。まずは減量ですね。瞬間風速で切るんだけどどうしても維持できない70kgの壁をどうにかしたいということと、あとはスピードの強化。この後しばらくはトラックでの中距離レースに専念するつもりなので、そこでフォームとかの修正を行って秋のロードレースシーズンに繋げたいと思います。

あ、それから今回唯一の収穫は鼻腔を拡げるブリーズライトがすんごい効果があるのを知ったこと。試供品を配っていたのではじめて付けてみたんですが、あんなに呼吸が楽になるとは思わなんだ。でっかい大会の時は必ず付けるようにしたいと思います。

05/24/2010 01:29 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]