09 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

菊池とDREAM.12と競馬・菊花賞

この前の日曜日はなんかいろいろありましたね。

菊池なあ。「まだまだ自分のレベルでは世界で通用しない。日本のすべての方に認められてから(メジャーに)行きたい」ってか。言い換えれば日本のプロ野球を踏み台にして云々ということで、ったくなあ、日本のスカウト陣はどんな言葉で菊池に迫ったんだか。メジャーのマリナーズのスカウトは「中途半端な気持ちだったらメジャーに来るな」とか言ったみたいだけど、そういうことなんですかね。日本で育ててメジャーに入札をさせて渡すやり方は、サッカーで言えば南米で育ててヨーロッパのビッグクラブに売る移籍金ビジネスと一緒。日本球界のために、日本の財産とかいう言葉は、回りまわってカネに化けるってなそういうことなんですかね。かつてライオンズが松坂を売ってドームに屋根をつけたり、井川を売ったタイガースがその金で大型補強をしたりとか、濡れ手に粟の素敵なお仕事ってか。

そしてDREAM.12。今回のDREAMは初のケージマッチ。周りを取り囲むのは金網ではなくて「網」。そこそこ耐久性もあるみたいだし、色は白に近いベージュで、直径も金網よりも細いんですかね。外からの視認性も良い。ケージマッチ特有の威圧的な感じもなく、なのである意味テレビ向けなんじゃないでしょうか。肝心の大会の方も運用テスト的な位置付けの試合が多かったとはいえ、なかなか良かったと思いますよ。ケージマッチは年1回と言わず、リングから徐々にこのケージにシフトしていくくらいでも全然問題ないんじゃないかと。

今大会の私的MVPは桜庭。低いタックルからアキレス腱、弁慶の強烈なパウンドを喰らいながらもアンクル、膝十字と切り替えていってタップ勝ち。桜庭の試合を見て思わず手を叩いたのなんて、ランデルマンから腕十字を極めた時以来じゃないだろうか。体力が衰えたとはいえ、この試合で桜庭のグラップリングテクニックがまだまだ通用することを証明して、じゃあ大晦日は誰がいるんだっけ?あと弁慶の精神力の強さにも拍手。アキレス腱を極められて「バチン」、アンクルを極められて「グキッ」、膝を極められて「バキッ」とそこで諦めるまでは桜庭を殴り続けたからなあ。試合後の会見で「折れたと思います」とか、いくらプロとはいえ何もそこまで我慢しなくても。

あとアルバレスに挑戦した菊野ですか。最初のダブルアームクラッチだかフロントネルソンだかを取ったあそこで、首を折らんばかりに力を振り絞って極めちゃわないと。それをどうにか抜けたアルバレスが糸の切れた人形のようなフニャフニャとした動きを見せて、菊野はあそこで更に畳み掛けなかたのがマズかった。アルバレスは適当にパンチを出しながら体力の回復をはかって、菊野の三日月蹴りも基本的には間合いを詰めることで威力を消した。そこら辺の危機管理能力や詰めの鋭さとかにセンスの差がモロに出てしまう。その差を埋めるのが経験で、そこは試合を重なるしかないもんなあ。

そして競馬菊花賞。スリーロールスは2番手の○印として買ってたんだけど軸がイコピコ。あんなに後ろからじゃあ届かねえわ。気を取りなおして天皇賞(秋)はシンゲンで行く予定です。

10/27/2009 02:42 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]