09 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

菊池とDREAM.12と競馬・菊花賞

この前の日曜日はなんかいろいろありましたね。

菊池なあ。「まだまだ自分のレベルでは世界で通用しない。日本のすべての方に認められてから(メジャーに)行きたい」ってか。言い換えれば日本のプロ野球を踏み台にして云々ということで、ったくなあ、日本のスカウト陣はどんな言葉で菊池に迫ったんだか。メジャーのマリナーズのスカウトは「中途半端な気持ちだったらメジャーに来るな」とか言ったみたいだけど、そういうことなんですかね。日本で育ててメジャーに入札をさせて渡すやり方は、サッカーで言えば南米で育ててヨーロッパのビッグクラブに売る移籍金ビジネスと一緒。日本球界のために、日本の財産とかいう言葉は、回りまわってカネに化けるってなそういうことなんですかね。かつてライオンズが松坂を売ってドームに屋根をつけたり、井川を売ったタイガースがその金で大型補強をしたりとか、濡れ手に粟の素敵なお仕事ってか。

そしてDREAM.12。今回のDREAMは初のケージマッチ。周りを取り囲むのは金網ではなくて「網」。そこそこ耐久性もあるみたいだし、色は白に近いベージュで、直径も金網よりも細いんですかね。外からの視認性も良い。ケージマッチ特有の威圧的な感じもなく、なのである意味テレビ向けなんじゃないでしょうか。肝心の大会の方も運用テスト的な位置付けの試合が多かったとはいえ、なかなか良かったと思いますよ。ケージマッチは年1回と言わず、リングから徐々にこのケージにシフトしていくくらいでも全然問題ないんじゃないかと。

今大会の私的MVPは桜庭。低いタックルからアキレス腱、弁慶の強烈なパウンドを喰らいながらもアンクル、膝十字と切り替えていってタップ勝ち。桜庭の試合を見て思わず手を叩いたのなんて、ランデルマンから腕十字を極めた時以来じゃないだろうか。体力が衰えたとはいえ、この試合で桜庭のグラップリングテクニックがまだまだ通用することを証明して、じゃあ大晦日は誰がいるんだっけ?あと弁慶の精神力の強さにも拍手。アキレス腱を極められて「バチン」、アンクルを極められて「グキッ」、膝を極められて「バキッ」とそこで諦めるまでは桜庭を殴り続けたからなあ。試合後の会見で「折れたと思います」とか、いくらプロとはいえ何もそこまで我慢しなくても。

あとアルバレスに挑戦した菊野ですか。最初のダブルアームクラッチだかフロントネルソンだかを取ったあそこで、首を折らんばかりに力を振り絞って極めちゃわないと。それをどうにか抜けたアルバレスが糸の切れた人形のようなフニャフニャとした動きを見せて、菊野はあそこで更に畳み掛けなかたのがマズかった。アルバレスは適当にパンチを出しながら体力の回復をはかって、菊野の三日月蹴りも基本的には間合いを詰めることで威力を消した。そこら辺の危機管理能力や詰めの鋭さとかにセンスの差がモロに出てしまう。その差を埋めるのが経験で、そこは試合を重なるしかないもんなあ。

そして競馬菊花賞。スリーロールスは2番手の○印として買ってたんだけど軸がイコピコ。あんなに後ろからじゃあ届かねえわ。気を取りなおして天皇賞(秋)はシンゲンで行く予定です。

10/27/2009 02:42 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

東京スポーツ祭典陸上競技大会 結果

あー、下手なレースをしちゃったなあ。

10人以上の選手が横一列に並んで始まるオープンスタート方式で、位置取りで主張して押し合ったりするのも嫌だし、じゃあ最初は一番後ろから行って、流れに乗って走ればいいかとそのとおりにしたら大失敗。自分が走っているのは1コース、これで前はまだいいとして、右側にも人がいる状態。そしてペースが上がらないし、上げることもできない。自分のペースで走れないのがもどかしく、斜めに割って行こうとしても選手の間隔が狭すぎて、後ろに流れてくる脚でスパイクされそうでどうにもならない。

このまま300mを通過。脚の疲労感はほとんどなし。どうすっかなあと、1周目の最後の直線であえてペースを落として、右にいた人の更に右に出たところで残り1周の鐘。時計を見たら71秒。これは今月はじめに土のグラウンドで800を走った時よりも更に4秒遅い。タイムが出るオールウェザーのトラックでこれだから1周目はどんだけスローで入ったんだって話で、ここからペースを上げて、いよいよ脚が上がらなくなってきたのが650mあたりのところ。腿上げと腕の振りを意識してラストスパート。タイムは2分22秒12。目標としていた20秒を切ることはできず、後半400mも71秒。

よく言えばイーブンペースなんだけど、800mは前半ある程度突っ込んで後半どれだけ我慢できるかという種目なので、このペースの作り方は全然よろしくない。とはいっても、はじめて800mを走って、思いっきり潰れた時の恐怖感が気持ちの中に残っていて、それがスタートの最後方の位置取りに繋がったことも事実。自信を持って前から、悪くても中盤くらいで1周目を走ることができていれば20秒は余裕で切れたかもなあ。倒れこむほどの疲労もなかったし、力を100%出し切れなかったっていうことがどうにも気持ちが悪くてですね、自分への怒りにも似たこのモヤモヤとしたものはこれから2週続く駅伝にぶつけたりますよ。

10/25/2009 03:04 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

東京スポーツ祭典陸上競技大会

20091024130212

国立競技場でございます。寒いス。寒いけど暑いよりは全然良いし、まあ走るにはこれくらいがちょうどいいかも。出場するのは800mなんですが、この前初めてこの競技に出てあまりの苦しさにびっくりしたんで、今回どうペースを作ろうかなあと。国立で走れるのなんてそうないことだし、2分20秒を切りたいけど、んー。

10/24/2009 13:02 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

甲府 0 - 1 横浜FC

うああ、思いっきり取りこぼしたなあ。しかも今日はホームの小瀬。残り5試合で首位のセレッソとの勝ち点差は7、2位の仙台との差は5で、またこの2チームが負けてくれないんだよなあ。ということでJ1に上がるには今日ひとつ前に行かれた湘南を抜くことが必須で、そのためには11月下旬にあるこの湘南との直接対決に勝たなきゃいけない。湘南との勝ち点差は2。ということは5連勝でJ1自動昇格ですよ。ひたすら追うのみ。こうなったら開き直ってそれを狙って行きましょうぜ。

10/22/2009 02:02 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

ポスティングで儲けようってのが見え見えだし

花巻東の菊池クンが日本とメジャーのあわせて20球団と面談をした件について。本人は面談を終えて「面談する前より迷っている」って言ってるけど、「なるべく早く結論を出したい」とも言っていて、ああもう決めてるんだろうなと。いやもうこれ普通に本人が最初から口にしていたメジャーっしょ。まあ日本っていう選択肢も無くは無いだろうけど、十中八九は。

江川が日曜深夜のうるぐすで「菊池クンに伝えたいことがあります」と切り出して、「本人が行きたいところに行けば良いと思いますが、日本を経験してからメジャーもある」「2つの違う野球を経験できるせっかくの機会なんだから」とか言っていたけど、いやいやメジャー→日本の選択肢もあるんじゃねえのと。

去年、ドラ1候補の田澤が日本球界を拒否してメジャーに行ったことをよく思わない日本プロ野球界のお偉い様方が「海外のプロ球団と契約した選手に対し、一定期間は日本球界に復帰できない」とかいう恐ろしくケツの穴の小さいルールを作ったりとかしたけど、そんなん菊池がメジャーに行って、あーじゃあ日本に戻ろうかなあなんて頃にはこのルール自体がなくなっていると思うし、そもそも日本のアマチュア有力選手がすぐにメジャーに行く流れがあと数年のうちに当たり前になるはず。

日本球界の重鎮は「恩返し」や「貢献」を口にして、日本に留まるように色々言うけど、菊池はそんなことを聞く必要はないし、そもそもそんなことを他人に向かって言うことがナンセンスだよ。各国からエリートが集まるメジャーリーグが頂点で、日本プロ野球はその下のレベル。どうせやるからにはてっぺんを目指すべきで、それを目指すのは競技者の本能。日本でワンクッションを置く意味なんて全くない。

繰り返すけど菊池は日本を選択するかもしれない。でもメジャーと明言した場合は、ドラフトでどこも手を挙げないで欲しいよね。中日が強行指名をほのめかしたりとかしてるけど、日本ともメジャーとも言わないうちにンなこと抜かすなんてホント最低だと思うよ。

10/21/2009 01:48 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

なんでコイツが出てくるんだ?

サッチーもボヤく「十分バカにした処置」

楽天野村克也監督(74)の沙知代夫人(77)が19日、TBS系テレビ「ひるおび!」に電話で生出演。ノムさんの「解任」についてボヤいた。

「あいつら(球団首脳)は宇宙人だって言ってました。宇宙人だってこんなことしませんよ。年齢が理由と言われていますが、知識とか経験、実績は誰にも負けませんよ。十分にバカにした処置だと思っています」と不満を口にしていた。それでも「まだまだこれからですよ。日本シリーズ目指して頑張ってもらいたいです」とチームにエールを贈っていた。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20091019-557206.html

ノムさーん!やめないでー!と、仙台の楽天ファンがエールを送っているとか、署名活動をしているとか、TBSが必死に楽天のフロント叩きを行っているだとか、そんなこんなでやたらと熱いパ・リーグでございますが、別に楽天を庇うわけじゃないけど野村の契約を延長しないのは間違っていることじゃないと思うけどね。

「契約を更新しない」だけで「解雇」じゃないんだし、その理由が高齢だとしても何らおかしくねえし。で、更に不愉快なのがこの野村沙知代が前にしゃしゃり出てくることで、なんかまたガタガタ言ってるみたいだけど、うおーい、おまえ全然関係ねーじゃんよお。

野村を監督にすると嫁と息子のカツノリがもれなく付いてくると、どこかの雑誌が今回のこの騒動を皮肉ってたけど、だいたい行くところ行くところ私物化しすぎなんだよ。石原慎太郎と一緒、ってかそこはまだ実績を作った分、野村の方がマシかもしれないけどさあ。

まあ、来季以降は12球団をゆっくり眺めて戦力分析とかしていられる立場になるし、ここでじっくりと力を溜めて、次回のWBC監督に並々ならぬ意欲を見せていただいて、実際に監督になっていただいて、メジャー選手とうまくコミュニケーションが取れないままパーッと散っていただくのがよろしいかと思いますよ。無能を曝け出して敗戦を選手のせいにした五輪の時の星野のように。

10/20/2009 02:24 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

今そこにある危機

さて、いよいよというかよーやっとというか、ウチの職場でインフルエンザの患者さんが出まして、今日から1週間のマスク着用が義務付けられましたよ。まあ殆どの人は新型インフルエンザの免疫を持っていないって言うし、右を向けば顔、左を向いても顔、振り返っても顔とか、毎日そんな状態の山手線やら京浜東北線やらに乗ってれば、罹患しても全然おかしくないもんなあ。今日ってか昨日から罹患しても重症化しない、させないことを目的とした新型インフルの予防接種が始まったみたいですが、自分なんかは早期接種対象者じゃないし、であればインフルエンザにかかって自主的に免疫を作っちゃった方が早いなんてことになるんですかね。んー、これから3週続けてランニング関連のイベントへの参加を予定していて、そのうち2つが駅伝。インフルエンザにかかる、かからないは運次第みたいなところもあるし、かかったらかかったでチームの皆さんに迷惑をかけてしまうしで、ちょーっと今の時期は勘弁だなあ。

10/20/2009 01:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

競馬 秋華賞 結果

ブエナビスタがまさかの降着。ブエナビスタレッドディザイアの2頭が3着以外になることはねえだろうと、普段あまり買わない3連複にしておいて命拾いをしました。前述の2頭を軸にブロードストリートとジェルミナル、ワイドサファイア。東京マラソンの落選分のツキがここにまわってきたってことですかね。いやー、あぶねー。

10/19/2009 03:08 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

東京マラソン2010の抽選結果が届きましたよ

来年2月に行われる東京マラソン2010の抽選結果が届きました。2007、2008、そして今年の2009と3年連続で落選して、そして2010の当選倍率は8.5倍。スポンサーのコネとかがあれば全然別なんでしょうが、一般ピーポーの自分らにしてみれば当選するかどうかは運以外の何物でもございませんで。会社から帰ってきてメーラーを開くとちょうどいいタイミングで通知が届いてやがりました。受信時間は20時34分。

このたびは東京マラソンにご応募いただき誠にありがとうございました。
お陰様をもちまして定員を大幅に上回る申込があり厳正なる抽選を行いました
ところ、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。

うあー、4年連続落選かよーーー。

いつになったら、というか走れるのは何歳になったときなんでしょうか。死ぬまでに一度は走れるんでしょうか。もしかして今年の分の運ってのはユニコーンのシークレットライブに当たった時に使い果たしちゃったとかなんでしょうか。

10/14/2009 00:50 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

続・DREAM.11 感想

興行が終わってから随分経っちゃったんでちゃっちゃと行きます。

●ジョー・ウォーレン vs. ビビアーノ・フェルナンデス○
ウォーレンは十字が決まっていないことを必死にアピールしていたけど、あの体勢になられちゃったらまあすぐに止められちゃうわなあ。粘ったところで数秒後にへし折られるのは目に見えていたワケだし。負けを認めないウォーレンに対して妙なアクションをするビビアーノさんがとても印象的でした。

●チェ・ホンマン vs. ミノワマン○
予想通りの足関節決着、というかあそこまで体格差があると体の小さい方は足関節ぐらいしか方法がないんですよね。ミノワさんが肩で息をし始めたときはあーもうこれチェ・ホンマンに抑えこまれてそのまま終わるパターンだろうなあと思いましたが、そこから上手いこと極めて、会場も大盛り上がりで、良い仕事はしたんじゃないですか。ミノワがどういうキャリアを歩もうとしているのか疑問符が付くのは別として。

○ソクジュ vs. ボブ・サップ●
いまさらサップってなあ。新日で中西にドロップキックを見舞って、ガキ使で柿の種を喰って「カラーイ!」とかやってる頃がピークでした、ハイ。

○川尻達也 vs. メルカ・バラクーダ●
あっさりと川尻。バラクーダは試合後の会見で「65キロでDREAMから声がかかればいいなと思います(今回の試合はライト級の70kg)」「しのいでドローも考えたがダメだった」。なんかもう根本からオファーする選手を間違っている気が。

○桜庭和志 vs. ルビン"Mr.・ハリウッド"ウィリアムズ●
いやー、このカード自体まったく意味がわからなくて、主催者も何がしたかったんだろうかなあ。煽りVの出来は非常に良かったです。あと桜庭のキックの走り具合も。

●ヨアキム・ハンセン vs. 青木真也○
会場からブーイングが飛んだみたいですが、まあまあ良かったと思いますよ。というか、青木は前回のシャオリン戦があまりにも酷すぎたんで。それよりも1年以上ブランクがあったハンセンがここまでできたことの方が驚きでした。で、試合後の川尻と青木のやり取りってばまあありゃあねえわ。本当はここで川尻vs.ハンセンがあって、大晦日にその勝者と挑戦者青木の流れが自然で、青木vs.ハンセンの今回のマッチメイクは異例。それで青木が勝って、対戦をアピールする川尻に対する返答が「検討します」。最近の青木のマイクパフォーマンスの寒さ具合のハンパ無さったら。

●高谷裕之 vs. ビビアーノ・フェルナンデス○
2-1のスプリットでビビアーノだったけど、あの試合内容だったら3-0じゃないかなあ。高谷はビビアーノのタックルを切りきれなくて、尻もちをついてから凌ぐパターンが殆ど。高谷は腕を突っ張って完全なテイクダウンを防ぐっていうやり方をしていたけど、あれだといつか肩か肘かをブッ壊すかも。とりあえずはまあビビアーノの優勝は順当なところで良かったんじゃないですかね。あと大晦日に高谷vs.KIDを観たいなあ。高谷はKIDとやりたがっているし、今のタイミングだったら面白いと思いますが。

で、興行が終わってから高谷軍団なる高谷の応援団が会場で乱闘騒ぎを起こしたことが表沙汰になって、女性にケガ人が出ているらしいこの件について主催者はきちんと対応しておかないと。ただでさえ不況、ただでさえTBSなのに、ここに加えて警察、裁判絡みの話になったらスポンサー離れの加速化を促すだけじゃなくイベント中止に追い込まれかねない。まあTBSと切り離せるのなら、DREAM解散→業務提携する米ストライクフォースに面倒を見てもらうことを前提にストライクフォース・ジャパンとして生まれ変わることも全然有りだと思いますけどね。

10/12/2009 02:45 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]