08 «  123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 10
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

大相撲優勝決定戦の傾向と対策

今場所は朝青龍白鵬を下して優勝。その前に行われた本割では白鳳が朝青龍を圧倒。投げられて投げ返すその展開に場内は大盛り上がりだったようですが、魁皇さんがいつもの大関互助会にて8勝7敗で勝ち越しを決めたあたりから、この流れ、この決着について、どうしてもプロレス的な見方をしてしまってですね。

そのプロレス的な見方というのは、そのシリーズのラスト興行のシングル戦でメインを張るであろう2人のうち、どちらかといえば挑戦者格の方が受けて立つ側を前哨戦で倒し、さあこの行方はどうなるんだろう?王座防衛?下克上、新時代到来?ってなそんなワクテカ感を煽るような見解のこと。

ということで、平成に入ってからの場所について、決定戦で対戦した2人が本割りでどのような勝ち負けをしているかについて調べてみました。巴戦や4人での優勝決定戦は集計がメンドくさいので調べていません。あと優勝決定戦での同部屋対決も、本割での取り組みがないので省いてあります。

平成に入ってから、1対1の優勝決定戦が20回(繰り返しますが同部屋対決を除く)行われていて、うち本割と決定戦の2つを勝ったケースは7回。さあこれを少ないと見るか多いと見るかですが、オレは少ないと思うなあ。そしてやっぱどうしても朝青龍白鵬のケースに目が行ってしまって、この2人って本割で勝った方が決定戦で負けてるんですよね。今場所のこれで4回連続。白鵬の師匠が朝青龍から星をカネで買ったことを示唆したとされる音声ファイルを週刊現代がWebで公開して、これを実際に聞いたりとかしているので、やっぱどうしても穿って考えてしまうんだよなあ。

09/28/2009 01:36 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]