08 «  123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 10
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

PMP試験に向けて猛勉強中

部署内で何それの資格試験で何人の合格者を出すとかいう目標があって、よしおめえ行ってこいと蹴り出されたのが「PMP試験対策」とかいう研修。PMPというのはProject Management Professionalの略で、要はプロジェクトマネジメント関連の知識を磨いて、その資格を取りましょうということ。研修は5日間で計40時間。この研修を受講したのが去年の11月だったかな。

受験資格はというと、プロジェクトマネジメント関連の研修を35時間受けて、あと何かしらのプロジェクトを指揮したりとか携わった時間が4500時間以上、もしくは36ヶ月以上が必要。PMP試験を受験をするためには職務経歴を添付してアメリカの運営組織に送らなきゃいけないとかで、書いてはい送りました。そして返ってきたのが「おめえの職務経歴を監査すっから別の人の署名を添えてもう一度アメリカまで送りやがれ」とかいうメール。ちなみに監査に選ばれる対象はランダムで10人に1人とかの確率らしいです。なんという運の悪さ。これが今年の2月。

36ヶ月以上の職務経歴には転職前のプロジェクトのことも書いてあって、ということはその当時お世話になった人の直筆の署名を貰わなきゃいけませんと。しかし自分がいるIT業界ってのは人の出入りが激しくて、当時そのプロジェクトに携わっていた人たちはオレと同様、皆その会社を離れておってですね。それでも署名を書いてもらわなきゃいけないので、現在広島にいるカナオカさんに電話。「ども、お久しぶりです、タカツカです」「え、どうしたんですか?」。PMPという試験を受けることになりましてからはじまって、色々ないきさつを話して、PDFファイルをメールして、カナオカさんの署名入りファイルを郵送してもらって、必要な書類を改めてまたアメリカに航空便で送って、間もなく「はいよ、試験受けてよし」。ここまでが3月。

受験資格を取得しながら、受験への意欲がなくなってしまってそのまま6ヶ月。上司から「あれ?PMP試験はどうした?」とか幾度となく突っ込まれて、「いやあ、へへへへ」とかそんなごまかしがいよいよ効かなくなってきたんで近日中に受験をすることにしたんですが、いやあ勉強ってばやっぱキツよねえ。暗記半分理解半分でひたすらノートに殴り書き。まあやったところで不合格だと思うんだけど、合否に関わらず試験の点数を研修機関と会社に報告しなきゃいけないということで、下手な成績は取れないし。

ンでまたこのPMP試験が厄介なのは、100%の答えじゃないけどこの中から最もふさわしいと思うものはどれだ?という傾向の問題が多く出題されることで、それが200問ですよ。制限時間は4時間。トイレ休憩、水分補給一切不可。元々英文の問題を強引に日本語に直したとかで、時折ありえない文法の文章も見かけるらしい。合格率は比較的高めだってことなんですが、ホントなんかなあ。

09/12/2009 03:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]