02 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 04
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

DREAM.7 フェザー級GP開幕戦 感想 #1

今年一発目のDREAMはさいたまスーパーアリーナで開幕。録画しておいたものをよーやっと全部見たんで、サクサクッと感想をば。

●大塚隆史 (判定) ビビアーノ・フェルナンデス
大塚はビッグマウスを売りにここで一発のし上がったろうかいなと、その意気込みは結構なんですが、ビビアーノ相手に何もできず。大塚は打撃も寝技もスピードもパワーも世界クラスには到底及ばない感じで、言ってみればビビアーノのかませ役ってことだったっぽい。その大口ぶりと亀田そっくりのゴンタ顔が見事にリンクしていて、そこは非常にテレビ向きで良いと思いました。

●チェイス・ビービ (TKO) ジョー・ウォーレン○
総合初戦、32歳のウォーレンがとにかく前に出て、最後はビービの顔に膝をかましてTKO勝ち。一切物怖じせずに攻めていったウォーレンのその姿勢は大いに買いますが、ただこのファイトスタイルだとグラップラー、特に柔術経験者には相性が悪そうだなあ。

●西浦"ウィッキー"聡生 (判定) エイブル・カラム○
カラムが終始ウィッキーの体に絡み付いて判定勝ち。カラムのあのねちっこさ、しつこさはハンパじゃないですね。カラムは終始力を入れっぱなしで見ているこっちも疲れますわ。ウィッキーのファイトスタイルはKIDと瓜二つ。大塚の試合はもうしばらくいいやって感じだけど、このウィッキーはまた見てみたい。

○石田光洋 (判定) 中村大介●
すんげー期待していた一戦だったんですが、意外にもなんとも動きの乏しい膠着じみた試合に。中村は腕関節技を得意としていて、本人もそれに執着するのはわかるんだけど、石田がほぼ完璧にその動きを読んでいて、中村が腕を狙う→石田がそれを防ぎながら攻撃を加えるという流れに終始。腕関節ったって技の種類は一つや二つだけじゃないんだから、中村はいろんな体勢や角度から次々と狙いを変えていけば良いし、それが出来ていれば面白かったのに。そして中村がもうひとつ痛かったのは、雑誌「Number」のトップページで紹介されて、その直後の試合を落としてしまったこと。実力者である石田をここで食っておけば、中村は違う道が開けたのになあ。

青木真也 (チョークスリーパー) デイビッド・ガードナー●
青木がガードナーの背後に回ってコツコツとちょっかいを出し、退屈になったガードナーが「ハロージャパーン」とあごを上げた瞬間に喉元に腕を滑り込ませてチョーク一閃、一本勝ち。にしてもガードナー、これ青木の過去の試合とか見てなかったんじゃないだろうか。青木が後ろに回って何をするかといえば殆ど何もしないんだから、であれば本当におとなしくしていれば良いものを「ハロージャパーン」だもんなあ。同じ格闘技の試合で、武蔵がレイ・セフォーをノーガードで挑発してモロにパンチを喰らってKO負けするとか、そこら辺のマヌケなものはいくつも見てきましたが、まあこの「ハロージャパーン」が一番アホ。ガードナーはもう2度と日本に呼ばれないでしょうね。

えーと、あとの4試合は明日以降に。

03/11/2009 01:52 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

続・がんばれマンナンライフ

マンナンライフが2日続けて訴えられて、その数日後にこんな報道が。

適格団体に認定 全国7団体目 埼玉消費者被害をなくす会

さいたま市浦和区岸町の特定非営利活動法人「埼玉消費者被害をなくす会」(石川祐司理事長)が五日、消費者契約法に基づく適格消費者団体の認定を受け、野田聖子消費者担当相から石川理事長に認定通知書が授与された。これにより同会は事業者の不当な勧誘や表示、契約条項の使用など不当な行為に対し、" 伝家の宝刀"といわれる差し止め請求訴訟ができるようになり、消費者の被害救済に活用できる。

全国で認定された適格消費者団体は関西の四団体、東京二の団体に続き七団体目。

埼玉消費者被害をなくす会は県生協連や消費者団体連絡会、地域消費者団体など約二十四団体で構成され、消費者の利益を擁護するため、賃貸住宅の敷金問題や不当な携帯電話の契約、通信販売表示問題などに取り組み、是正、改善を引き出している。

同会は昨年暮れ、認定を申請し、(1)消費者活動を相当期間継続して適正に行っている(2)消費生活の専門家や法律専門家が確保されている―など、適格要件をクリアしているとして、今回認定された。

認定書を渡した野田消費者相は「コンニャクゼリーの不当表示に熱心に取り組み、心から敬意を表したい。今後も地域の消費者を守るため、県や消費生活センターなどと連携し、活躍してほしい」と激励。

これを受けて石川理事長は「消費者団体や弁護士、ボランティアらを大事にしながら、迅速に対応できるようにしたい」と決意を述べた。その上で「今後、生命保険や葬儀の不当表示などに取り組みたい」と語った。

http://www.saitama-np.co.jp/news03/06/03x.html

こんにゃくゼリー、そしてマンナンライフバッシングもここまで来るとキチガイじみているとしか思えず、だったらのどに詰まる可能性のあるもの全てにこんな表示をつけることを提案したい。

20090307kiken

「詰まるよ」にビックリマークをつけて注意喚起。文字がわからない子供、文字が見え辛いお年寄りのために野田聖子の顔。これだったらもう心配ない。政府主導で早速始めてもらいたい。

20090307mannan

蒟蒻畑マンナンライフさん早く付けて!早くこの表示を付けないとまた犠牲者が!!

20090307sato

サトウの切り餅。のどに詰まるといったらこれでしょう。正月にお年寄りが病院に搬送され、これが報道されて年が明けたことを実感するという、これってば日本の恒例行事にしてささやかな日常なんですが、しかし悲劇を繰り返すことは絶対に避けなきゃいけないという野田サンの強い意志を汲んでやむなく付けることになりそうです。

20090307kome

そうそう、米も危ないんですよ。米の一粒一粒に表示をつけなきゃいけないとか野田が言い出しかねないけど、そこはさすがに良識のあるヤツが反論してくれるだろうと。

20090307rego

レゴ。乳幼児が誤って飲み込んだりしたら大変です。直径何センチ以内のものを子供の周りに置かないように注意するというのは常識ですが、でも実際に飲んでしまって事故になったらメーカーはその親から訴訟を起こされてもおかしくありません。おかしいのはその親のアタマですが、いや、おかしくない世の中なんです。これもブロックひとつずつに、とか野田が抜かすかもしれないけど、そこも誰かが止めてやってください。

20090307omocha

大人のおもちゃ。子供のおもちゃがあぶないんだから、大人も飲み込んでしまう可能性、危険性がありますよね。飲んだらダメですよ!上のお口に入れるものじゃないですよ!と注意を促す必要があるので、ここにもささやかに野田印。

ここまですればもう安心。子供にもお年寄りにも、イカれた消費者団体やモンスターなクレーマーさんにも優しい、そんな明るい日本にしたいですね。

03/08/2009 03:28 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

がんばれマンナンライフ

立て続けにマンナンライフが訴えられてるけどさあ。

マンナンライフを提訴=死亡1歳児の遺族

兵庫県の1歳男児がこんにゃくゼリーをのどに詰まらせ、昨年9月に死亡した事故で、製造会社「マンナンライフ」(群馬県富岡市)の対応に問題があったとして、両親が3日、同社などを相手に計約6200万円の損害賠償を求める訴訟を、神戸地裁姫路支部に起こした。

訴状によると、男児は昨年7月29日、兵庫県内の父親の実家で、半解凍状態だったとみられる「蒟蒻(こんにゃく)畑マンゴー味」をしばらく触った後、口に入れてのどに詰まらせた。加古川市内の病院に搬送されたが、約2カ月後に死亡した。

両親の代理人の弁護士らは記者会見し、同社のこんにゃくゼリーは、大きさがのどをふさぐ程度で、硬さや弾力性がのみ込みにくいものとなっており、容器の形状を考えると設計上の欠陥があると主張。同社が事故を認識しながら、適切な改善措置を取らずに製造・販売を続けたとした。

男児の両親は事故後、同社に連絡を取ったが、謝罪はなかった。示談交渉でも、書面で2回やりとりしただけで、解決できなかったという。両親は弁護士を通じ、「マンナンライフ社の企業努力によって(死亡事故は)防げた」とコメントした。

 

マンナンライフによると、同社は事故を受け、昨年10月に製造を一時中止。約1カ月半後、「凍らせないように」という警告文を追加し、1つ1つのゼリーに警告マークを入れるなど改善策を講じた上で、製造と販売を再開した。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2009030300635

遺族がマンナンライフを提訴 こんにゃくゼリーで窒息死

名古屋市の女性=当時(87)=が、こんにゃくゼリーをのどに詰まらせ窒息死したのは製品安全性を欠いていたためとして、女性の長女(60)=名古屋市=が4日までに、製造した「マンナンライフ」(群馬県富岡市)に2900万円の損害賠償を求める訴えを名古屋地裁に起こした。

訴状によると、2005年8月、女性はゼリーをのどに詰まらせ、呼吸不全で死亡。女性は脳出血による半身まひだったため、長女が容器を開けて食べさせたという。

原告側はゼリーは弾力性が高く、一口で口に吸い込む容器構造だったため、のどに詰まりやすかったなどと指摘。「警告表示も不十分で安全性を欠いていた」とした。

同社によると、1991年にミニカップタイプのゼリーの販売を開始。昨年10月には製造を一時停止し、ゼリーの弾力性を低くし、警告マークを拡大して同11月に製造を再開している。同社は「弁護士を通じて対応しており、詳細はコメントできない」としている。

http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030401000304.html

こんなんどう考えたって喰わせた方の責任だってば。1歳何ヶ月の子供に半解凍のゼリー喰わせるとか、半身マヒのバアさまに普通のゼリーじゃなくて、わざわざ「こんにゃく」ゼリーを喰わせて、喉に詰まって亡くなってその責任をメーカーに押し付けようとするとかなんだかなあ。訴えるのは自由だけど、その前に自分たちがしでかしたことを反省するっていうその思考はないんだろうか。

この前の日曜日に地域の春祭りがあって、そこで買って来たモチをウチの子供(3歳)と昼に食ってですね。食べる前に「良く噛むんだよ!」「口の中にいっぱい入れないよ!」「喉に詰まっちゃうからね!」とか子供に散々注意して、ったくうるせーなあみたいな顔をしながらニチャニチャ食って、んで「おいしい!」とか言って残りを頬張ろうとするのを「ちょっ、それ大きいよ!口から出しな!」。まあ過保護なのかもしれんですが、それくらいの注意を払って食わせるべき物だと思うからそうしたまでで。

で、それを1歳だとか、87歳だとか、これ例えばパンだったら製パン会社を訴えてたんだろうか。たまたまこんにゃくゼリーだから訴えてみましたってことのような気がしてならないし、そもそも何が原因って家族が注意義務を怠ったからじゃねえか。

こんにゃくゼリーは危ない」とか言い出した消費者団体と、軽々しく歩調を合わせた発言をした消費者行政推進担当相の野田。そしてカネになると踏んだのかそれに乗っかる弁護士。ったく、全てが思いつくままの言動で吐き気がするわ。

03/05/2009 02:34 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑

ユニコーン シークレットライブ 開演~ #3

めざましテレビでこのシークレットライブのことをやってましたね。通勤途中にワンセグで、そして帰ってきてから録画しておいたのを見ましたが、ライブの場面の画質が明らかに違っていたのを見ると、フジ系列のポニーキャニオンとかから夏くらいに勤労DVDが出るんでしょうか。それともCSで放送ッスかね。以下、最後のアンコールの内容をちょこちょこと。今回も白字で書くので、引き続き興味のある方はマウスでドラッグ、選択などをしていただければと。

EN1-1.人生は上々だ~CSA(SMA)~人生は上々だ
歯車のユニコーンのシンボルが消え、フィーリングカップル5vs5のテーマに乗って横山のヤッさんのカッコをした5人が再登場。ステージ中央で阿部のワンマンショーが開幕。「人生は上々だ」で徐々にキーが高くなっていくところで一時中断。CSA(所属会社名だっけ?)がSMAになった変遷を話し、「じゃあいっときますか」と新曲「SMA」を披露。「なんか遅いんじゃないの?」とメンバーにもっと早く演奏をするように促し、満足したところで「人生は上々だ」を再開、しかし阿部は出だしの音を取れずに四苦八苦。ようやくいけたと思ったら今度は川西さんがミスったらしく、音が続かない状態で会場内にシパーン!とリボン放出。阿部「川西幸一ぃ!今のは許されないだろおお!!」。改めて「人生は上々だ」再開、客席に下りる阿部。この状況を待っていたファンに案の定もみくちゃにされ、自分の席はちょうど通路のところだったので目の前を走り抜けていく阿部の肩を触りましたよ。阿部、すんげー真顔でした。

EN2-1.すばらしい日々
燃えさかる炎のユニコーンのシンボルが消え、シークレットライブ限定Tシャツで5人が再々登場。「すばらしい日々」、そしてスクリーンには5人の姿。

えーっと、その他どこのタイミングだったのか忘れてしまったMCを纏めて。うろ覚えなので、確かこんなことを言っていたかなあと。

(民生)「オリコン1位になりました。ありがとうございます。このCDが売れない時代に、あ、売れない時代だから1位になれたのか?UVERworlderたちはCD以外で曲を手に入れて、我々のファンはショップまでわざわざ行って(歩いてCDを手に取ってレジで買う仕草をして)・・・本当にありがとうございます」

(民生)「それにしてもDVDの方が本編(CD)より長いというのはどういうことなんでしょうか?」(EBI)「むしろそっちが本編」(民生)「そういうこと言うなって」

(民生がEBIに)「髪切れ!」(EBIが民生に)「髪伸ばせ!」

(ジャンケンでMCをやることになったテッシーが)「はい、もう1ヶ月も同じプログラムをやってきて、もうそろそろ飽きてきたんですけどね」(民生)「え?そうなの?」

(「タミオー!」「タミオ、だいすきー!!」と叫び続けていた女性客が)「再結成してくれてありがとーー!!」(民生)「何言ってんのかわかんねえよっ!!」(会場爆笑)

で、メンバーの居場所、立ち位置が曲ごとに違うっていうことを、実は今回のライブではじめて知った次第でして、それぞれが持つ楽器がこんなに頻繁に変わるバンドって今まで見たことがあったっけか。サッカーに例えると、FWとかDFとかのポジションが決まっていなくて、誰でも点が取れるというか、オシムの言うところのポリバレントというか。笑いながらパスをまわして、攻勢と見るや5人が一気にゴールに向けてなだれ込むような感じ。その攻撃力、破壊力のハンパなさがユニコーンの魅力なんだろうね。

何はともあれ本当に楽しかったス。それからメンバー5人がホント嬉しそうに演奏していて、それも印象的でした。ライブに行かれる方は思う存分楽しんできてください。あー、もう1回、2回と限らず、何度でも見たいなあ。

03/04/2009 02:57 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑

ユニコーン シークレットライブ 開演~ #2

ジャパンフェス、カウントダウンフェスの前説でステージに立つも、滑舌が悪すぎて何を言っているのかさっぱりわからないことでお馴染みロキノン兵庫さんが、このシークレットライブのレポートでこう書いてます。

16年ぶりのライブは、シークレットだしプレミアムだし、短めだったり軽めだったりするのかと思ったら、来週からのツアーを、そのまんま、みっちりとやるという、すさまじく濃い内容だった。なので、セットリスト等の具体的な内容を書くのはやめておきます。あと、私以外の観た人も書かないほうがいいし、これから観るという人は、くれぐれも調べたりしないほうがいいと思います。知らずに観たほうが絶対楽しい、これ。知らずに観てよかった。と、終わった時、ほんとに思った。

http://ro69.jp/live/detail.html?18139

自分自身レポートを書いておきながらなんですが、全く同感です。とりあえず、これからライブに行かれる幸運な方は、レポ、セットリストの類は一切見ない方がいいと思いますよ。しかし知らない曲を棒立ちのまま過ごすのも面白くないと思うので、とりあえず予習としては最新の「シャンブル」は必須。あとは今月の中旬に出るベスト、あと92年の「ザ ベリーラストオブユニコーン」あたりを聴いておくのが良いかなあと。以下、レポは白字で書くので、引き続き興味のある方はドラッグ、反転、選択など、マウスでサクサクといろいろな操作をしてみてください。

11.AUTUMN LEAVES
ステージ中央で青い光に照らされながらEBIが歌い上げる。ちょーっと表情までは見えなかったんですが、メガネだかサングラスだかをかけてた?

12.デーゲーム
13.最後の日
14.WAO!
AUTUMN LEAVESでしっぽりと、デーゲームでやや気持ちが昂ぶって、最後の日の軽快なリズムで体を揺らした後にこの曲。川西さんがドラムを叩く横で、他のメンバーは横山のヤッさんがメガネを人差し指で上げるあのPVの姿そのままに動きまわり、しばらくして民生がカウベルを叩きはじめて、場内の興奮が徐々に高まっていって、「ゥワァァオ!」の瞬間に会場全体が思いっきり弾けとんだ。テッシーのライトハンドの時にはステージ上部に「テッシーGO!」の文字。この曲、ライブのような場所だとさらに盛り上がりますね。武道館とか凄そうだなあ。

15.BLACKTIGER
EBI、ワン!ワン!ワンワンワン!!

16.R&R IS NO DEAD
メンバー全員のことを歌ってるんですね。このこともこのライブが終わったあとに知って、なんだかもったいないことをしました。んでもって圧倒されました。この後ライブに行かれる方は音の波に身を委ね、ただただ立ち尽くしてみるのも良いと思います。

17.サラウンド
この曲の後に少しのMCがあって、民生が「じゃあ行く?」。テッシーと向き合うように身を低く構えたときにキーボードから♪パ!、民生が阿部に「こら、音を確認するんじゃない!シロウトじゃないんだから!」。すんませんと阿部。で、あのイントロ!!

18.大迷惑
オレ、今回のライブではやらないものと勝手に思っていたんですよね。やるのなら最後の沖縄とか、その他の山形、広島、武道館とか、ある意味区切りになる場所かなあとか。だからこのイントロを聴いた瞬間にまた脊髄反射ですよ。全身がビクッ!と、そして背筋がゾクッと。3本、2本、1本と指を立てて、「正にこの世のぉ↑?」「だ、い、めいわくっっっっ!!!!!」。全力で拳を振り上げてひたすらに狂喜。倒れこむ民生。その時にバッと頭をよぎったのは、中学生の頃、NHKのクリスマススペシャルでやはりこの大迷惑をやっていたユニコーンの、そして床に倒れこむ民生の姿。ユニコーンを見たのはこれがはじめてで、その後繰り返しビデオを見てこの大迷惑の歌詞を手元に書き取った記憶があります。この番組中、ユニコーンはジュンスカとのセッションで「マイ・シャローナ」や「雨上がりの夜空に」をやって、他にPSY・Sや遊佐未森とかも出てたっけ。懐古厨と言われようが、いやこればかりは申し訳ない。こればかりは。

19.ヒゲとボイン
民生はヘロヘロになったままこの曲に進んだ記憶が。うわあ、大丈夫かよって。

20.車も電話もないけれど
21.HELLO
客席から拍手。つなぎ姿でステージから去るメンバー、一番最後は川西さんで、肩から背中から尻まで、汗でびっしょり。その川西さんの後姿に「うおおお・・・」とどよめく会場。

本編はこれで終了。アンコールについてはまた(続く)。あー、やっぱ長くなっちゃったなあ。

03/03/2009 02:23 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

ユニコーン シークレットライブ 開演~ #1

ライブの間は常に興奮状態にあったんで、MCの部分を中心として全体的に記憶が怪しいんですが、とりあえず思い出せるだけここに。ただ思いっきりネタバレになるので、興味のある方はドラッグ、反転、選択など、マウスでサクサクといろいろな操作をしていただければと。セットリストについてはmixi経由で2chに貼られていたものを拝借させてもらいます。これ載せた人はホント良く憶えてるよなあ。メモったりとかしてたんですかね。

1.ひまわり
赤い幕の向こうからオルガンの音が聞こえて、大歓声、曲に合わせて手拍子。シルエットで浮かび上がる5人の姿。曲の途中で幕が落ちて、揃いのつなぎ姿の5人!おおお!!ユニコーン!!御開帳!!当然ながら場内大爆発。

2.スカイハイ
3.おかしな二人
あのイントロが流れた瞬間に脊髄が反射してヴォオオオオッ!!とかワケのわからない叫び声が漏れた。この展開は全く予想していなかったし、これは場内の皆がみんな意表を突かれたんじゃないですかね。この時の会場内の様子はというとこれをどう言ったらいいんだろうか。なんとも表現の仕様がないくらいの異常な盛り上がり。まわるーまわるー、めぐるーめぐるーと手を振り回して。マイクを手にして舞台上を動き回る民生の姿を生で見るのは初めてでして、でも肝心の歌っている様子が記憶から飛んでおります。この時、もしかしたら色んな穴から色んなものから出てたかもしれないス。民生、苦しそうにしながら「ユニコーンです」「インターバルが長めになると思いますが・・・」。

4.ポルボレロ
EBIが舞台袖からスタスタと歩いてきて、舞台中央のステージ上へ。舞台をゆっくりと左右に歩きながら、手を振って歓声に応え、歌い上げる。

5.ペケペケ
6.素浪人ファーストアウト
若い頃の5人の着流し姿がスクリーンに。これを書く前に「VERY RUST OF・・・」の歌詞カードを見ていたりしたんですが、その中にあったのが休止前の5人の写真。そして今の5人の姿と見比べて、全員良い感じで年を取ったなあと。

7.オッサンマーチ
テッシーが舞台中央へ。そのテッシーの演奏を生で見るのも初めてなんですが、ホント軽やかだし、カラダがキレてるよねえ。DVDで太っただあ痩せるだあ色々言われてたけど、何の問題も無いような。

8.キミトデカケタ
9.ロック幸せ
川西さんタイム。スーパーマリオのBGM、効果音が使われ、確かに30代、40代のファンは誰もがスーパーマリオに夢中になったファミコン世代。そこら辺を意識してたんですかね。ロック幸せのサビ(せうがなひのだ)で、ドラムを叩いている民生の背後に川西さんが近づいていきなりマイクを向けたりとかしてました。川西「しょうがないの」民生「・・・ぉだぁ?」。

10.PTA~光のネットワーク
TMNのパロディソングだか、オマージュソングだか言われてるのをこのライブが終わってからはじめて知りました。なるほど。ドラムの民生の顔がスクリーンに大写しになり、演奏途中でEBIと川西さんが舞台袖へ。走りながら帰ってきた二人はラッパー姿。舞台の左右に分かれてラップ、そして袋からグッズを客席に投げ入れて、最後は舞台上部に映し出された歌詞を見ながら客全員で合唱。♪みんな、おなじ、よーわーむーしー、にんげんなーんだー。(EBIと川西さんを見ながら)民生「ゼエゼエ言ってる」(EBIについて)阿部「(涼しげにしているけど)こっち(後ろ)を向いた瞬間、素の表情になる」。

えっと、今日はこれくらいで勘弁を。ユニコーンのことばかりになってますが、構わず(続く)。

03/02/2009 02:12 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]