01 «  12345678910111213141516171819202122232425262728 » 03
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

ユニコーン シークレットライブ 移動中

ひたすら西に向かってる?マジでどこへ?

02/27/2009 14:18 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

今年の折田先生

yahooニュース、そして「折田先生を讃える会」にて発表されたとおり、今年も無事、京都大学折田先生が降臨。初期のグレート・ムタからナンパオ、少し空いてヤキソバンからの黄金期に比べるとややその勢いは衰えたものの、今年もそのバカさ加減は相変わらず健在でたいへんよろしいかと思います。

02/27/2009 01:52 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

ユニコーン シークレットライブ

先頃再結成したユニコーンのシークレットライブの観覧募集が先週の何日間か限定で行われていて、まあ今度の武道館ライブの一次募集も申し込まなかったし、このシークレットライブも抽選だし、当たるわきゃないけど一応申し込んどきますかねえなんてそれくらいの気持ちでいたら、今日の夕方くらいに携帯にメールが着信していることに気がつきまして。

ユニコーンシークレットプレミアムライブ」にお申込みありがとうございました。厳正なる抽選の結果、ご当選されました。

おー、うおおー、いやーってなまさかの展開。東京マラソンには3年連続で落選。社会人11年目、会社の忘年会や納会などのクジ引きで当たったのは1回きり(賞品はエガちゃんのエガ汁)。そんなまるでクジ運がないくせにここでそう来ましたか、おー。

なんせユニコーンっつったら、学生の時にガンガンに聞きまくって歌いまくって、ということでなんとも青臭く過ごしてきたその時代の思い出とユニコーンの曲がちょうど重なっておるんですよね。その絡みでの一番の思い出は成人式が終わったあと、カラオケボックスで同級生と「大迷惑」を歌うではなく叫びながら椅子を投げあったことですか。アホ真っ盛りだったなあ、あの頃は。

そういえば高校時代、陸上のかなりデカい大会前に同級生2人が調整をサボって、その理由が「どうしてもユニコーンのライブに行きたかったから」。翌日、そのライブの様子を皆で輪になって聞いて、「それぞれ民生とかEBIとかがソロで歌って、みんな立ち上がって盛り上がったんだけど、てっしーのときになぜかみんな座った。おい!それはさすがに可哀想だろ!わかるけどそれは!」。ゲラゲラ腹を抱えて笑って、んで2人は先生に理由を聞かれて当然のように怒られ、またそのうちのひとりは地元山梨で教職に就いて、同じように生徒を注意していると。ユニコーンが休止していた15年ってのは長いというか短いというか。そしてこんなことを思えるようになっちゃったってのは、オレも若いつもりが年をとった、なんてうまく纏めたつもりがありゃあ。

とりあえずこのシークレットライブ、集合場所は指定されているんですが、そのあとバスでどこかに連れて行かれます。集合時間と開演時間の差から考えると移動は1時間半くらいですか?季節は冬、そして当日は雨予報ということを考えると屋内以外に考えられない。じゃあどこでやるの?と考えれば考えるほど想像がつかない。マジでどこに運ばれるんだろうか?

02/24/2009 01:57 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

競馬 フェブラリーS 結果

はい、馬連の買い目は2着3着でございました。また今年も馬連を買って1着3着とか、今回みたいに2着3着とか、そして軍資金が尽きるかどうかくらいのときにポーンと当たって、とかいう感じになりそうだなあ。

確かにカジノドライヴは連を外さなかったけど、んーサクセスブロッケンかあ。カネヒキリとの勝負付けがもう終わっているモンだと思って全く意識してなかったなあ。スタートから前に行った馬で決着したとはいえレコードだし、レース展開につける文句などあるわけがない。そして4頭の叩き合い。正面から見ると4頭共まっすぐに走ってるし、馬の能力を最大限に引き出しながらフェアという、騎手の腕も冴え渡った非常に良いレースだったと思います。こういうレースだったら負けて悔いなしですわ。

で、一応なんですが今回サクセスブロッケンが出した1600mのレコードは1分34秒6。この東京競馬場が改修される前のレコードが、2001年武蔵野Sでクロフネが出した1分33秒3。2001年武蔵野Sの馬場状態は良なので、今回のフェブラリーSと脚下の条件は一緒。改修前後でコース形態の何が変わったかといえば直線の長さが若干改修後の方が長いってなくらいのもので、だからこそこのクロフネレコードが消えてしまっていることが非常に惜しまれます。競馬で禁句のたらればになりますが、タイムだけの比較だとクロフネは今回激走したサクセスブロッケンの8馬身か9馬身前をえっちらおっちら走っていることになるんですよね。ホント、なんつー化け物だったんだと。

02/22/2009 22:20 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

競馬 フェブラリーS 予想

さあてと、久しぶりに競馬をやりましょうかいなと。

過去のレースを見てみたら、中団くらいから脚を伸ばしてきた馬が勝ってるんですね。そして上位に来ている馬の上がり3ハロンのタイムは揃って35秒台。このデータを基に、さらに近走の成績などを参考にしながら選んでですね、そして残ったのは内枠からカネヒキリヒシカツリーダーカジノドライヴフェラーリピサの4頭。

色々と迷ったんですがカジノドライヴを軸にします。まあ1着は確実じゃないにせよ、2着以内に来る可能性は高いんじゃないかと。鞍上も東京に強いアンカツだし。で、残った3頭に馬連で流します。特にヒシカツリーダーは一発スパーッと斬れてもおかしくないと思うんですが、カジノドライヴ-ヒシカツリーダーの馬連のオッズが現時点で約90倍。おーっとこれは。

02/22/2009 03:07 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

美しい男性!

品川駅構内にソニーの商品がディスプレイされている場所があって、そこのブラビアに繰り返し映し出されているのがポケットサイズのノートPCのCM。ジーンズ姿の女性がケツをプリンプリン言わせながら歩いて、ポケットからズリ上がってくるにノートPCを手で押し込むあれです。それを目にする度に、ノートPCの代わりに「女性の品格」か中谷彰宏の本をポケットの中に入れて、やっぱりズリ上がってくる本を無理やり押し込んで、しわくちゃになって、ボロボロになって、最後は本を投げ捨てるとか、誰かパロディでやってくんねーかなあなんて、いやまあこれが面白いかどうかは別として。

「これを観ないで死ぬのは不幸だ」なんて書き込みを2chで見かけて、実際に観て、そのあまりの無軌道ぶりになんとも嬉しくなったのがBSジャパンの「美しい男性!(音が出ます)」という番組。放送倫理だかなんだかの関係で、深夜番組でさえ品行方正なお上品なものばかりになってしまった今、なるほど、その反骨精神はBSの番組作りに向けられておったワケですね。BSフジで高橋真麻がツラを曲げながらニュースを読みあげているのを見て、ホント何のためにBSってあるんだろうなあなんて思っていたんですが、そういうことですか。

松尾スズキプレゼンツ」だけあって、何から何までやりたい放題。シュールだとかくだらないだとか、構成に天久聖一の名前があるっていうそれだけで、分かる人はどんな番組かピンと来るんじゃないかと。この番組のノリだったら、前述のソニーPCパロディレベルのことはできる。というか、ハーフの出演者に鼻フックを引っ掛けて「土屋アンナみたい」とか言っている時点でそんなことは余裕っぽい。とりあえず既存のテレビ番組に飽きちゃった人にオススメです。

02/20/2009 02:48 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

返品とかはできるんですかね?

「体臭を消す」だとか「ウンコの臭いが薄れる」とかの効果があるとか、そんな宣伝文句で売っていたシャンピニオンエキス関連の商品が、科学的に根拠がないとやらで排除命令を喰らって店頭から全商品が無くなったじゃないですか。これって裏を返せば、どんなに科学的な根拠がなくても「○○を××する!」とか「△△できる!」とか断定調で謳って商品を売らなければ問題がないワケで、このやり方で売り上げを伸ばしているのがブルーベリー関連のアントシアニンと、最近やたらと色んなモノに混ぜられているコラーゲン

コラーゲンについては、格闘技とウエイトトレーニングに全力を注いでいるときに「軟骨、関節にいい」とかいう宣伝文句をすっかり信用して、アップル100%のジュースと一緒にガバガバ飲んでたりとかしてましたよ。翌朝は肌がパンパンになっているような気がして、おお、これがいわゆる美肌効果かなんて、でも実際には何の根拠も効果も無いとのことで、いわゆるフラセボ、偽薬効果とのこと。で、これがまた結構高かったんだよなあ。缶1個でいくらしたんだっけか。

アントシアニンといえば眼の疲労回復に効果があるとか言われていて、これについてもやはり科学的な裏付けがない。このアントシアニンで稼いでいる会社といえば「わかさ生活」。しかしわかさ生活さんも宣伝の仕方を良く分かってらっしゃる。実際にここの主力商品「ブルーベリーアイ」のCMや商品用サイトには、眼にいいとか何それに効くとかは一切謳っていない。触れているのは「わかさeye」という別の健康促進ページで、ここで微妙にブルーベリーとの関係を匂わせてはいるんだけど、極めてグレー。なんとなく誰のアタマにも刷り込まれている「ブルーベリーは眼にいいらしい」という噂のみで売り上げ150億、しかも今年からはJ1京都のホームスタジアムの命名権まで買い取ったということで、いやはやなんとも景気がよろしゅうございますなあ。

ただまあなんだ、シャンピニオンが排除命令を喰らったくらいだから、このアントシアニンについてもコラーゲンについても、そう遠くない時期に店頭から消えてなくなりそうな気がするけどね。だいたいわかさ生活の主力商品名が「ブルーベリー"アイ"」なんだから、これについてはどう言い訳したところで通用しないだろうと。

02/19/2009 02:41 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

バカ夫婦と呼ぶ人もいるけれど

中川の昨夜の様子がこちら。

G7(先進7か国財務相・中央銀行総裁会議)後の記者会見でろれつが回らず、記者団とのやりとりがかみ合わなかった中川財務・金融相が16日午後11時過ぎに帰宅し、かかりつけの医師から診断を受けたことを明らかにした。

G7の記者会見の様子については、「風邪と時差ぼけ、および風邪薬の過度な摂取によるもの」と診断されたという。テレビで様子を見た家族からも叱責(しっせき)を受けたということだが、帰宅時は、妻・郁子さんから激励の言葉をかけられた。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20090217/20090217-00000010-nnn-pol.html

その嫁さんからかけられた言葉というのが、「頑張れ、日本一!頑張れ、頑張れ、大丈夫!」というもの。テレビでもその様子が報道され、オレはそれを見て「良い奥さんだなあ」と素直に思った次第でありまして。

中川がやらかしたことはもうホントどうしようもないし、この評価は変わらない。醜態が全世界に配信され、その様子はYoutubeにも無数に貼られているし、それこそ末代まで残る恥さらしもの。酒を飲んでしまった理由を尋ねられ、「そこにグラスがあったから」って、いやはや日本の代表として外国に行ってこれだからね。政治のプロがプロらしからぬ振る舞いを見せ、日本の評価を落としたことを非難しない人はいないだろうし、それは当然のこと。

中川については過去の「武勇伝」とかそこら辺の話がいろいろと出てきているけど、アルコールが手放せないところを見ると、ストレスをうまく散らせなかったりとか、元々精神的にあまり強くないんだろうね。政治家としてある程度のところまで上り詰めた父親は自殺している。その姿を見ていながら、あえてこの世界に飛び込んだってことは、政治の汚さや闇、裏の部分までを全て知り、覚悟した上でのことだろうし。

でもやっぱこの失態を見る限り、中川は政治家に向いてないんだろうなあ。中川は今回の件で、今以上の地位に行けなくなったことは明らかなワケで、次の選挙で自民党が大敗することは必至。そういった意味では中川が今後も政治家を続ける意味はないんだし、ここは次の選挙は出馬せずに、ゆっくりとアルコール依存症の治療をしたほうが良いように思うけどね。しっかり治療をして、全国でその体験を講演して回るのが、それこそ国民のためなんじゃねえかと。

さて、話は戻って中川の嫁さんについて。

集中砲火のフルボッコ状態、ボロボロになって帰ってきたダンナを見て、堪らず「頑張れ、頑張れ、大丈夫!」と声をかけて、いやホント良い嫁さんだと思いますよ。これについては皮肉でもなんでもなしに。これで家族まで白い目で見るようだったらどれだけ辛いか。中川がアルコールを手放せない状態になっているってのにそれを奥さんは・・・、とかまあそれはさすがにどうかと思うけど、それを差し引いてもあの場でダンナに温かい声をかけられるのは素晴らしいことだし、中川にしてみれば激励してくれるっていうそれだけで随分と気持ちが癒されるだろうしね。

つまり言いたいのは、こんなに良い嫁を貰っておきながら、てめえはなんて情けねえツラ晒してんだボケエ、ってなことでございまして。

02/18/2009 03:03 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

ジャパニーズ・エリツィン

中川のあの醜態。いーやー、大いに笑わせていただきました。「ォヴぁましぇいけん」とか「ふぅー・・・」とか、ったく何が風邪薬を多めに飲んだだよ、何がゴックンはしておりませんだよ。百歩譲って風邪薬のせいだとしても、大事な会議の前に眠くなる風邪薬を飲むなんてありえねえって。仕事嫌いでヘロリーマンなオレでも、薬に含まれる成分で業務に支障を及ぼさないかとかそこら辺のことは考えるってばよ。結局はを大いにカッ喰らって、に飲まれた状態のままロシアのお偉いさんと会談をして、ンで記者会見であのザマだ。

アホウはアホウで中川に続投を指示して、「早く風邪を治せ」なんて言ったとか。内閣は完全に死に体の状態で、さあそろそろウジが湧き始めましたねってときに中川が赤ら顔を全世界に晒して、もうこれ以上どうしようもねえだろうよ。アホウが不人気でとかそういう次元じゃなくて、国民のほとんどが総理とそれを取り巻く政治家連中のあまりの無能ぶりに呆れかえっちゃってるからなあ。

全世界が不況で、輸出大国の日本はそのあおりを喰らって大幅なマイナス成長。自動車産業をはじめ、多くの製造業はやむなく減産体制を取ることになり、結果社員の解雇が増加して、新規雇用数が減少。近年「金の卵」扱いだった工業高校の生徒は就職難に。そしてその工業高校には最新の設備を揃えられない状況だそうで、だからこそここで「米百俵」の考え方を生かさないでどうすんだと。不況、ドン底、そこら辺の問題も解決すべきだとは思うけど、ただ今は目先の景気対策、いわゆる定額給付金よりも、10年、20年先のことを見据えた政策をドンと打ち出して、そこにカネを使うべきだろうよ。これだけの人間が定額給付金はいらないって言ってんだから素直に従って、無いアタマをひねって、ひん曲がった口からちょっとはマトモなことを言ってみろっての。

景気対策が一番の課題だとかアホウはことあるごとに言うけどさ、景気対策を話し合う場での今回の中川の酔っ払いっぷりを見ていれば、お偉いさん方がそんなん少しも考えてないことが誰の目にも明らかなんだからさ。

02/17/2009 02:29 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

息子に謝らなきゃいけないことがある

餃子か春巻。月に一回作るかどうかのこの夕食の献立については料理をするのが自分で、それがこの前の日曜日。子供の夕食が終わったのと、風呂から出たのが早かったのもあって、んじゃあ子供を寝かしつける前にちょちょいと作って食べちゃいましょうかと。饅頭でも団子でもない、テーブルに並べられた得体の知れない物体を不思議そうに眺める3歳の双子の兄ちゃんと弟くん。

「これ食べたい」と2人が餃子に触ろうとするのを奥さんが「熱いからダメだよ」と制しながら、子供たちがテーブルに肘をついて餃子の盛られた皿のギリギリのところまで顔を近づける中で食事開始。なんだけど「これなーに?」「ポン酢」「なにこれ?」「ラー油」「おいしい?」「ああ、おいしいんだけど、ちょっと静かに食わせてくんねえかなあ」とか予想通りにやかましい。

で、兄ちゃんが餃子を指差しながら「これ作りたい」。おお、だったらということで奥さんが指の切れない包丁があるのでそれを買ってきたら一緒に作ろうねとかいう話になって、オレが「料理のできる男ってのは女の子にモテるんだぞお」「どうするよ、幼稚園で女の子にカレー作ったんだあとか言ってさあ。そうしたら女の子にモテモテだぞお、どうする?」とか言ったら、フーーーーーン!!とこれでもかといわんばかりに鼻の穴を膨らませてニヤつく兄ちゃん。あまりの鼻息と浮かべたその表情に大笑いをしたら、兄ちゃんは「なんだよお!なんだよっ!」と照れながらオレの肩をバシバシひっぱたいてくる。

でもな、兄ちゃん、料理ができてもたぶんモテねえぞ。残念ながらバリッバリにオレの遺伝子を引き継いじゃってるからさあ。ホント申し訳ないんだけど。

02/10/2009 02:50 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]