12 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 02
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

Dynamite!!感想

子供を風呂に入れたあと、紅白歌合戦の宮崎アニメ特集&最後のポニョを見て、あとはTBSをひたすらに。それにしてもポニョの後のブルーマンのあの扱いはないと思うぞ。

Dynamite!!ですが、今回は結構良かったんじゃないですかね。とりあえず個人的な感想をば。

●所 英男 vs 中村 大介○
期待に違わず動きっぱなしの良い試合でした。中村の腕十字マスターぶりは半端じゃないですね。片手を掴んだ瞬間から腕十字を狙っていく中村に対し、所はそれを凌ぎながら中村の一瞬の隙をチャンスに変えるべく動き続ける。先手先手で攻め続けた中村が、最後に所の腕を伸ばし切って勝利。これこそがプロの試合。3分弱という試合時間ながらこの満腹感。素晴らしい。

●キン肉万太郎 vs ボブ・サップ○
相変わらず打撃を食らうと目をつぶってしまうサップを、グラウンドからのパウンドで捉えきれない万太郎さん。スタンドに戻った瞬間にサップのパンチが思いっきり入り、ズレたマスクを直そうとしてその間にもう一度ボコーン!っておーい。この試合がプロレスではなくガチンコってわかっただけでもまあ良かったかも。OZMAが事前の番組予告で「この試合をプロデュースするのにあたって、ゆでたまごの嶋田先生になんでもいいから1体超人を貸してほしいとお願いした。最悪カニベースでも良いと伝えた」と言っていたのがモロにツボでした。

○セーム・シュルト vs マイティ・モー●
放送はダイジェストのみ。テイクダウンを許したシュルトがモーのパウンドを喰らう様子に、あれ?ハリトーノフとやったときと変わってない?なんて妙な安心感を持ったりとかしたんですが、結局付かず離れずの中途半端なポジションになったモーの首にシュルトの脚が絡みついて終了。あんな体勢、どうぞ三角をお掛けくださいって言っているようなもんです。

○桜井“マッハ”速人 vs 柴田 勝頼●
柴田は寝っころがされてバカスカパウンド喰らっているところしか見たことがないような気がするんですが。変な障害が出ないうちにこの世界から足を洗ったほうが良いと思います。

●武田 幸三 vs 川尻 達也○
川尻が見事すぎた。武田のスロースターターぶりを知ってか知らずか、とにかく序盤から殴りあおう、痛すぎるローは無視、喰らってもひたすら我慢のド根性勝負がずばりハマりましたね。跳び膝一閃、そしてフック。川尻はストライカーというよりも、どちらかといえば寝っころがして上からコントロール→パウンドの選手なので、このK-1ルールでの勝負は武田が勝たなければいけなかった。なのにあそこまで綺麗に喰らって負けちゃうってのは、武田はやっぱ限界なんだろうかな。

●バダ・ハリ vs アリスター・オーフレイム○
地力が違いすぎ。アリスターのパンチを一発喰らって首から先に吹っ飛ばされるバダ・ハリ。バダ・ハリは精神面で優位に立てなくなった瞬間にあっさりと崩れる選手なので、ロープまで飛ばされたあの瞬間に全てが終わっていたんじゃないかと。試合後の記者会見でアリスターは「バダ・ハリとは2回戦うと約束をしていました。そして今日が1回目のK-1ルールであったということです」「2回戦うというのは向こうからの挑戦でした。周囲のマネジメントも合意している内容です」と、バダ・ハリを殺す気満々。一方バダ・ハリは「自分は立ち技の選手。立ち技で成果を出していきたいのでMMAはやりません」と、悪魔王子らしからぬ発言。とりあえず一番悲惨なのはバダ・ハリを押しに押していたフジテレビです。ありがとうございました。

○ミルコ・クロコップ vs チェ・ホンマン●
逃げるミルコ、追うチェ・ホンマン。最後はローを被弾したチェ・ホンマンが三枝師匠ばりにすっ転んで終了。んーー。ミルコはしきりにグローブの様子を気にしたり、サミングをアピールしたり、なんか試合に集中しきれていなかった。PRIDEのときは逆にそういうアピールをする選手に不満を表わすなどして、そういう仕草は見せなかったんだけどね。UFCでの失敗が絶対的な自信を失わせちゃったっぽいなあ。

●武蔵 vs ゲガール・ムサシ○
武蔵終了。モリアキオさん、長い間おつかれさまでした。

○メルヴィン・マヌーフ vs マーク・ハント●
ハントがどうマヌーフを嬲るのか、こんな試合よくマヌーフも受けたよなあなんて思っていたらこれ。最初なんでハントが倒れたのかが理解できなくて、スローではじめてマヌーフがハントにパンチを2発ぶち込んでいることがわかったほど。ハントは完全に自爆なんだけど、でもこれはマヌーフの技術、勇気を称賛すべきでしょうね。

○青木 真也 vs エディ・アルバレス●
アメリカのMMA大手サイト曰く、「世界第2位vs世界第3位の戦い」。どっちかどっちかは知りませんが、とりあえずこの試合については寝業師青木の本領発揮。青木がきっちりと足を極めてタップさせた瞬間、思いっきり拍手しちまいましたよ。青木vs秋山を見たかったなあ。やっぱり青木が秋山の足関節を極めて終わってたんだろうけどさ。

○田村 潔司 vs 桜庭 和志●
会場で流れた煽りVTRは10分、しかしお茶の間では3分かそこらじゃなかったかと。これじゃあこたつでTVを見ていた人にはなぜこの試合がメインなのか伝わるはずもない。そして試合は総合というよりもスパーリングに近い内容。UWFヲタだった自分はこの試合の背景を嫌になるほど知っているので、この試合がなぜ膠着気味に進んだのかが理解できるんですが、大多数の人は「塩」としか捉えられなかったでしょう。グラウンド・関節技が得意な桜庭に対してレガースを履いてきた田村の姿、そして両者負けられないとくれば、こうなることもある程度わかるんですけどね。

以上でございます。MVPはオーフレイム、敢闘賞は川尻、技能賞は青木。ベストバウトは中村vs所ということでひとつ。

01/01/2009 19:23 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

一年の計は、と

あけましておめでとうございます。

今年の目標というか、まあそんなものを挙げるとすれば、とりあえずはダイエットですか。体重を70kgから65kgにして、これを維持。あとランニング関連では、ロードレース10kmを42分、ハーフマラソンを1時間40分、フルマラソンを3時間45分をそれぞれ切りたいですね。その目標を達成するためには前述のダイエットが必須で、あとはトレーニングの時間を確保できるかどうか。仕事は適当に忙しいほうが良いし、でも仕事がメチャクチャ好きかというと絶対にそうではないのでなんとも。

あとは日記代わりのここを今年はできるだけ更新したいなあと。可能であれば毎日。ダイエットよりもロードレースのタイムよりも、実はこれが一番難しいような気がしますが。

それでは本年もどうぞよろしくお願い致します。

01/01/2009 17:37 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]