10 «  123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 12
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

脚の痙攣対策にいろいろと悩んでみる

いよいよつくばマラソンであります。42kmという長丁場をどう乗り切ろうかあれこれ考えていて、その中でも一番の悩みは足の痙攣対策。はじめてフルの距離に挑戦した荒川マラソンでは30km過ぎに腿の具合が怪しくなり、40km手前で両脚が猛烈に痙攣。9月に参加した東京・小金井公園の5時間走でもやはり30kmあたりで腿が痙攣。この脳天まで突き抜けるビクッという衝撃がなんともトラウマになりかけていて、これをどうにかして防ぎたい。

今月上旬に行われたEKIDENカーニバルが終わったあと、同じチームの皆さんとメシを喰っているときにそのことを話したら、フルマラソン2時間30分台の記録を持つ木之下さん(福岡国際頑張ってください)より、「んー、走り込みとかじゃなくて、ナトリウムが足りてないんじゃないんですか?あとカリウムとか」とのアドバイスをいただきまして。塩を舐めながら走る人もいるなんてことも聞き、ネットで調べてみたら、ほう「低ナトリウム血症」ですか。

脱水症状を防ぐために水分を取りすぎると、血中のナトリウム濃度が低くなって、その結果痙攣などの症状を招く危険性があるとのこと。いつだったかアメリカかどこかで、水を短時間で過剰に取りすぎた挙句、「水中毒」なるものにかかり死亡した女性がいたなんて話を聞いたことがあるんですが、これがその低ナトリウム血症だったそうで。これとは逆の「高ナトリウム血症」というのもあるらしいんですが、この場合は痙攣といった症状はどうやら出ないらしい。そういえば荒川のときも5時間走のときも、各エイドで水分をこまめに補給しながらも梅干や食塩などは一切取らないままで結果あんなんだったし、逆に去年の夏の8時間耐久@所沢のときは脚の痙攣は起こらず、この時はエイドで水分を取りながらも梅干などを貪り食っていた。

手軽にナトリウムを補給する手段として塩タブレットというものがあることを知り、この前の府中多摩川マラソン前に、薬局やスポーツ店でいろいろ探したりとかしたんですが、いずれの商品も量の割にはなかなかのお値段。ということで「雪塩」という塩を買って来て、これを1gずつ袋オブラートに包み、100円ショップで売っている一番小さいチャックつきのビニール袋に封入。これをだいたい30分くらいおきに口にしてみようかと。で、実際に試してみた結果はというと、走る振動で袋オブラートから塩がこぼれてきて、パッと取り出したときにはビニール袋に塩が散っている状態だったりとかしてですね。

ということで今回のつくばでは袋オブラートは二重に、これを入れるものを棒状のピルケースに変更。ピルケースを散々振り回しても塩は袋オブラートからこぼれなかったし、取り出すときもピルケースの蓋をパカッとあけるだけなので簡単。あとは結果が付いてくれば言うことなし。府中多摩川を走り終わったあと、顔や首筋に塩がびっしりと吹きついていたので、やっぱナトリウムの摂取は必須っぽいです。

目標は4時間切り。できれば3時間45分くらいで走りたいなあと。当日は気温のわりに風があって暑くは感じないということなので、コンディションとしてはまずまずなのかなと。頑張ってきます。

11/29/2008 23:53 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

府中多摩川マラソン

この前の日曜日ですが、30日に行われるつくばマラソン(フル)に向けての最後の調整としてハーフマラソンを走ってきました。つくばマラソンの目標は4時間を切ることなので、5分10秒から20秒くらいのペースを守って、最後まで我慢してハーフの距離を走り切る、なんてことを考えていたくせに最初の5kmが22分台。ちなみに自分の10kmのベストは44分台なので、明らかに飛ばしすぎ。

しかしなんだか体も軽いし、なんかヤケになってきて、ちょっと飛ばし気味に行ってみっか、このまま調子が良ければベストを狙ってみっかなんてことを考えてしまい、しかしこの日の府中は気温19℃。さすがに残り5kmくらいでへばってきて、ラスト1kmでスパートはかけられたけれどもゴールタイムは1時間40分59秒。この天候、気温、そしてフルマラソン仕様のシューズを履いていたことを考えればそれなりに満足できる記録だけど、でも目的はあくまでもつくば前の調整。そう考えると大失敗で、しかも右太腿裏を再度痛めるというおまけまで付いてきてしまいました。風邪気味でもあるし、んー、なかなか順調には行かないもんですなあ。

11/27/2008 02:25 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

JC メイショウサムソンの鞍上は石橋守

いやー良かった。いや、武が落馬負傷があってそれからだから良くはないんだけど、でも敢えて良かったと言わせてもらいたい。メイショウサムソンの力が落ちているとはいえ、それでも石橋が乗るっていうんだから全力で買って全力で応援させてもらいます。勝負の世界の厳しさを見せ付けられて終わるんだろうけど、でもこういう浪花節的な展開を分かって乗っかるっていう、これが競馬の醍醐味でもあるワケです。東京競馬場でイシバシイイイ!!とか大声で叫びたいけど、当日は茨城はつくばでえっちらおっちらマラソンを走ってるんで、発走時刻からすると、走り終わって脚を引きずりながら帰りの電車に乗って、つくばエキスプレスの終着点秋葉原のヨドバシで観戦とかですかね。

11/25/2008 02:58 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

なんという負の連鎖

マイルチャンピオンシップ、えーとバッチリ獲りました。スーパーホーネット、ブルーメンブラット、スマイルジャック、ショウナンアルバ、サイレントプライドを強弱をつけながらボックス買い。ブルーメンブラットが内をスルスルと抜け出して、スプリンターズS、天皇賞(秋)に次いで、このレースでも牡牝混合GⅠは牝馬が勝利。斤量差を差し引いても牝馬の強さが目立っていて、このクラスになると性別とか関係なしに予想したほうが良いっぽいですね。

ところで武が先週のエリザベス女王杯に続き、2週連続で落馬、そして腕を骨折。じゃあ来週のジャパンカップのメイショウサムソンは誰が乗るの?となるワケですが、やっぱ石橋に乗ってもらいたいよなあ。武から調教師とオーナーに「石橋先輩を乗せてください」って言えばすんなりと決まりそうな気がするんだけどなあ。鞍上石橋、そしてメイショウサムソンは寒いと走らないので、当日が今日くらいまで気温が上がれば、調教師がどうしようもないクソなのは承知の上で軸にしてしまうかも。

で、今日武が乗って落ちた馬の名前は「セイウンアレース」。セイウンといえば、かつて社台を凌ぐほどの一大生産拠点だった西山牧場のオーナー西山茂行が所有する馬の冠名。この西山牧場が種牡馬の導入に失敗、経営再建を余儀なくされ、そして牧場の看板である生産部門を外資のダーレージャパンに売却したことが先日報じられたばかり。そしてこの馬の父親はフサイチペガサス。フサイチといえばド派手な金満パフォーマンスで知られる関口房朗の冠名で、このフサイチのオヤジもここのところ資金繰りがうまく行かず、住居として構えていた六本木ヒルズを引き払い、所有馬を何頭まとめていくらで買ってくれないかとあらゆるところを尋ねまわっているとか言う話が出てますね。

田原成貴が華々しくデビューしたときに元祖「天才」福永が落馬し、武がデビューして新人記録を塗り替えまくったときに田原が馬に腹を踏まれて腎臓摘出、そして今年三浦皇成が武の新人記録を塗り替えた途端に今度は武が災難に。なにかが巡っているんでしょうか。

11/24/2008 03:02 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

まだまだいろんなことに貪欲なお年頃

誕生日でございました。ジョーダンと共にNBAシカゴ・ブルズの黄金期を築いた名プレイヤー、スコッティ・ピペンの背番号と同じ齢33でございます。自分でもびっくりするくらい年を重ねているという実感がなく、社会人としての立場とかを考えると、これって確実に会社が自分に期待していることと、自身が自覚していることに大きな差があるんじゃなかろうかと不安になってきます。と、いや、考えすぎだな。そこまで期待されてねえな、間違いなく。

まあなんだ、家族から「おめでとう」の一言もなく、おー?実はあるんだろ?と、ケーキが用意されていることを期待して冷蔵庫を開けたら全くありませんでした。上下左右の隅々まで、果てにキムコをまじまじと見ちゃったよ。M-1のときのハチミツ二郎じゃないけど、ちょっとでもひょっとしたらと思った自分を殺してやりたい。

11/20/2008 00:35 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

EKIDENカーニバル2008西東京大会 結果

さて、もう一週間以上前になりますが、国営昭和記念公園@立川にて行われた「EKIDENカーニバル2008西東京大会」のロングの部(23km)に参加してきました。いつだかに書いたとおり、メンバーは友人のえびちゃん、おーつくん、おーつくんの友人の木之下さん、そして自分の計4人。

その結果ですが、男子女子全てひっくるめた全1829チーム中38位!部門別だと403チーム中23位!!素晴らしいっっ!!そんな好成績を収めたチーム名が「夢中性感ヤマト」!!お、おおっ、なんか、なんだこのやっちまった感!!!

まあこの順位そのものはレースの翌々日かなんかに出ていて、それを見て予想以上の好成績にびっくりしていたりなんかしたワケですが、そしてそれから気になっていたのは区間毎の記録。これが18日に発表に。

1区10.8kmの木之下さんが35分台、2区のえびちゃんが5.8kmを21分台で駆け抜け、自分は続く3区の3kmを11分37秒、そしておーつくんが4区5.5kmを21分台。素晴らしい、本当に素晴らしいけど、やっぱ自分がもうちょっと早く駆けていればもう2つ、3つくらいは順位を上げられたかも。

フルマラソンを2時間30分台で走る木之下さんは自身が予想していた時間を大幅に上回るタイムで戻ってきて、「体調バッチリ、絶好調」と言っていたえびちゃんはその自信どおりの走り。おーつくんも「練習してない」とか言いながらこのタイム。おー、やっぱりオレがもっと頑張らないといけなかったなあ。

他のチームの3区の成績を見ると、上位20チームの殆どは9分台か10分台。そこに食いこむためには自分もやっぱ10分台、もっと欲を言えば10分15秒くらいを目標にしないとダメですね。そのためにはまず減量ですか。身長172cmで今が70kgを切るくらい。格闘技をやっていた頃にガンガンにウエイトトレーニングをしていて、そこで走るのに関係ない余計な筋肉を付け過ぎたっていうのもあってこれ以上はなかなか難しいんですが、せめて65kg、んー、60kg前半くらいまで絞れればタイムも大きく変わってくるのかねえ。

おーつくんが「楽しかった。また来年も出たい」みたいなことをポロッと口に出したので、うん、出してしまったので、はいそれでは来年も同じメンバー、同じ区間の受け持ちでエントリーするということでひとつ。自分は3kmを10分前半をば、そしてチームとしては全体で25位以内を目指しましょうぜ。

11/19/2008 02:35 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

府中凱旋!!

日曜日に東京競馬場に行ってきました。はるばる北海道から引退式以来の登場だそうで。その目的とは、各所で報道されていましたが、

20081110oguri_1

オグリキャップでございます。

自分が競馬を始めたきっかけは競馬シミュレーションゲームのダービースタリオン。ゲームの中で「アグリキャップ」として圧倒的な強さを誇っていたのが、既に引退していたオグリキャップで、社会現象にまでなったその名前は知っていても、なんで人気があるのか、どのくらい強かったのかなどことは全然知らず、でその情報を知ったのはダビスタの攻略本。

種牡馬となったオグリキャップの現役時代の戦績や奇跡的な勝利、復活劇がそこに書かれており、まあ当然のように興味が湧きまくるワケでして。現在のようにYouTubeでサクサクッと過去のレースを見られるワケではないので、平日に東京競馬場に行ってオグリキャップのVTRを貪るように見たりとか、あとはビデオを買ったりとか。まあ言ってみればオレを競馬という魔の道に引きずり込んだのがこのオグリキャップで、それがウチから電車でわずか10分かそこらの府中に来るって言うんだから行くしかねえだろうと。

20081110oguri_2

この日は午前中に仕事があったので、帰りに府中に寄り、競馬場へ。14時展示開始でその15分くらい前に着いたんですが、その頃にはもう既に凄い数の人だかり。ただその人垣から横の方に外れた所にはなぜか人がおらず、結局前から3列めくらいのところで待つことができて、そしてこんな感じの結構な近さで見る事ができました。

20081110oguri_6

オグリキャップを見るために、2階席、3階席、駅からスタンドに繋がる通路にも人がずらりと横に並んで、振り返ると、お前それどうやって登ったんだよというところからカメラを向けるヤツがいたりとかムチャクチャな状態。やはりどこかに登っていたらしく、それを係員に注意されたオバちゃんが「あっちのヤツも登っているじゃねえかよ!注意しろよ!!」とキレていたり、次第に後ろからの圧力が強くなりはじめて、あちらこちらから「押すんじゃねえよ!」「こっちも押されてんだよ!」とか言い争いがはじまっていたり、かなり離れた後ろの方では「オレはリアルタイムで見てたんだよお、オグリもすっかりジジイになっちまった、リアルタイムで見てたからさあ」と何回も同じことを繰り返すオヤジがいたりとか、多種多様なキチガイさんが集うなんとも競馬場らしい雰囲気の中で砂浴びをしたり、土を掘り返してみたり、草を食んだりのオグリキャップ。

20081110oguri_4

押し合いへし合いの中、さすがに脚の踏ん張りが効かなくなってきたので、場所を譲る形で外に出て、でもまあせっかく来たんだからとメインレースのアルゼンチン共和国杯をパドックから見て、500円ほど買ったら当たりました。いやあ、なんという有意義な一日。

20081110oguri_5

下手なアイドルとか有名人を呼ぶよりも、こういう馬を連れてきて披露したほうがよっぽど競馬ファンは喜ぶと思うんだけどね。ということで、来年はトウカイテイオーかミホノブルボンあたりなんかはどうでしょうか。

11/11/2008 02:18 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

懐かしいなあなんて思ったら

八王子自動車教習所ってところが破産して、教習生に対して返金できないとか、従業員も突然解雇を言い渡されて困ってるとかここ数日マスコミが散々報じている件について。

「八王子」と看板に書いているんですが、その場所はというと八王子の隣にある豊田駅の近くにあって、その豊田ってところは自分が幼少から小学6年の途中まで暮らしていたところ。この教習所の横にある坂を上って少し行ったところに父親が働いていた会社があったりなんかして、母親と弟と一緒にその会社まで弁当を届けに行ったりした記憶がなんとなく。また、この近くには幼なじみが住んでいたので、遊びに行ってはこの教習所の周りを自転車で走りまわってたし。なので今でも自動車教習とかでパッと思い出すのは、白い車体に青地に白の文字で「8」のマークが書かれたここの教習車だったりとかするんですよね。

羽振りの良かった頃を象徴するエピソードとして挙げられる「バブル期は教習車がベンツ」とか言うのも、確かフジのなるほど・ザ・ワールドの国内特集とかで流れていたような。その頃の印象が強いし、また教習所とかって警察関連との結びつきが強いとかいうのを聞いたことがあるんで、まさか潰れるなんてことは思いもせず、でも別に思い入れがあるわけでもないんで、NOVAやこの前の留学仲介業者の件と同等くらいの感情しか湧いてはこないんですけどね。言ってもまあ、これって明らかに計画倒産だもんなあ。と、ここまでムチャクチャなことをやっているのにも関わらず、社長やその他の経営陣が逮捕されるかどうかはわからないって言うのは本当なんですかね。

11/08/2008 02:20 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

東京マラソン 抽選結果のお知らせ

このたびは東京マラソンにご応募いただき誠にありがとうございました。
お陰様をもちまして定員を大幅に上回る申込があり厳正なる抽選を行いました
ところ、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。

はい、3年連続の落選でございます。ホントこういう抽選に当たったことがありません。

抽選といえばこの前の文化の日、ウチのチャイムが鳴って、「ごめんくださーい!以前お申し込みいただいた箱根駅伝のプレゼントの件で商品をお持ちしましたー!!」ってんで、おーおーそういえばひと月くらい前に申し込んだなあなんて無警戒にドアを開けたら、立っていたのは箱根駅伝のタオルを持った読売新聞の販売員。おー、やられた。そうだ、こんなやり方があるってことを前にどこかで読んだんだった。

「これ当たりましたんでえ」「・・・あ、ありがとうございます」「それでえ、今キャンペーンをやってましてえ、ご契約いただいた方に1等の『箱根駅伝ベンチコート』をプレゼントしてるんですけどお」「・・・いやー、読売はねえわ」「そこをなんとか」と向こうも粘る。しょうがないんで、ナベツネが生きている間は取らないよ、オレはアンチ巨人だよ、駅伝に力を入れてるっていうけどそこら辺の情報なんてネットで全部集められるじゃんと5回くらい繰り返して、ドアを閉めて、販売員に聞こえるようにカギをかけました。

11/07/2008 23:53 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

肝心の馬券は外したけれども

昨日の天皇賞(秋)、いやー凄かった。競馬を見始めて十何年、自分のベストは阪神大賞典のナリタブライアンとマヤノトップガンのマッチレースだったんですが、これを超えましたよ、確実に。

ダイワスカーレットが最初の1000mを58秒台で引っ張り、そして4コーナーを向いて直線、後ろからウオッカディープスカイが競って抜けてきてガジガジに叩き合う。ダイワスカーレットの脚色が鈍ったように見えたので、ここでもうその競り合う2頭に目が行っていて、うわディープか、ウオッカか、ウオッカだ、ウオッカが出た、抜けた、ウオッカが勝ったと思ったら沈んだはずのダイワスカーレットが生きていた!?どっち??おー!!レコードかよおおお!!!とレースの内容が濃すぎるくらい濃い。特濃。

最高峰のレースで最高のパフォーマンスをした女傑2頭。ものの2分弱の中でここまで目まぐるしく展開が変わったレースを見たことがない。で、見返すと東京が得意なカンパニーが4着に突っ込んできていたりなんかして、ここで馬券に絡まなかったことが逆にレースの内容を引き立てていて良い。

フジテレビでゲスト解説をしていた岡部も、その後の中継を引き継いだ競馬番組での柏木集保も満足げな表情でレースの内容を賞賛。スーパーレコードといえばホーリックスとオグリキャップの時のジャパンカップもそうだけど、過去どの馬も経験していない異次元の速さのなかで繰り広げられたという事実が更にこの死闘の価値を高めている。本当に素晴らしいレースでした。これから先、このレベルのレースを何回見られるだろうかなあ。

11/04/2008 00:13 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]