09 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

有吉は泰葉のあだ名をどう付けるだろう

狂い咲き

10/29/2008 20:38 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

ロードレースシーズン開幕

とりあえず秋の目標は11月30日のつくばマラソン、そして冬から春にかけての目標は競争率7倍を突破できるかどうかの東京マラソンに据えて、あれこれ練習メニューを工夫したり、どのレースに参加しようか迷ったりなんかしております。

まずその第一弾が9月下旬に行われた「小金井公園5時間走」。持久力をつけるのと、夏の走りこみの成果がどれくらいあったのかを確かめる意味で参加して、結果30km過ぎでブリブリッと両足が痙攣しました。楽にキロ5分ペースで刻めるようになったのはいいけど、肝心の脚が全然出来上がってねえ・・・。

そして第2弾は今日行われた「グリーンリボン・ランニングフェスティバル」。3kmの部にエントリーし、国立競技場を左に見る形で3周。これはスピード練習と再来週に行われる「EKIDENカーニバル」に備えてのもので、そのチームメイトはというと、5km20分を余裕で切る実力を持つ友人のエビちゃんに、同じく友人でフルマラソンの持ちタイムが3時間半のおーつくん、そしておーつ君の友人でありフルマラソンをおよそ2時間半(!)で駆け抜ける木之下さん。どう考えてもオレの走力がスバ抜けて低い。

「勝ちに行くとしたら木之下が10kmっすかね」なんてメールがおーつくんから届いたりなんかして、こりゃあ中途半端な準備じゃマズいぞと。木之下さんが1区10kmをかなりのタイムで上がってきて、2区の5kmをエビちゃんが繋ぐ。そのエビちゃんからも「もしかして1位でタスキ受けるかも・・・想像しただけで波動砲発射しちゃいそうです」と、プレッシャーを受けるどころかその状況で自分が走ることを楽しみにしている様子。5kmのアンカーはおーつくんで、オレはその前の最短区間3kmの3区を受け持つことに。つまり自分がいかにブレーキを最小限にできるかが鍵で、その3kmを事前にガチンコで経験しておこうと。長くなりましたがそんな感じでグリーンリボン~を走ってきました。

結果は160人くらいの中の13位。実力者は皆10kmの方にエントリーしているっぽいので極端に良いわけでもなく、それでもまあゼエハアいいながらもなんとか脚が動いただけ安心かなと。ただどうにも気になるのがタイムで、3kmで13分25秒っておお?

10kmを走る皆さんと交錯したり、コース取りがうまく行かなくてストップアンドゴーを繰り返したりで多少ロスがあったにせよ、最初の1kmのラップが4分17秒ってのはちょっと。次の1kmが4分35秒で、自分なりにこんだけムリなペースで走ってそりゃあねえだろと思いつつ、でその最終的な結果が前述の13分半ば。

トップの人が11分30秒で、あの勢いの人がキロ3分を切れていないなんてことはまずありえねえと、帰ってきて距離検索サイトで調べてみたら1周あたりの距離は約1200mくらい。最後の3周目は競技場に入ってからが短いので1100m。3周トータルでどうやら500mは長く走っているっぽいんだよなあ。

それを差し引けば目標の12分切りはできているかなとプラスに考えて、あとは再来週までのコンディショニングをどうしようかと。右脚腿裏や小指の付け根に若干痛みが、また今日の3km走で同じく右のふくらはぎが張っている状態。右足ばかりに故障が出る理由ってなんだろうか。骨盤とか背骨とか?

10/27/2008 02:17 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑

東京に続いて長野の知事も吼えております

7~8年位前に長野県の伊那に仕事で住んでいたオレから言わせてもらえれば、飯田に駅があるだけで全然十分だと思いますが。

リニア中央新幹線計画で、諏訪伊那谷回りの「Bルート」実現を求めている県は24日、JR東海が想定する南アルプスを貫く「Cルート」と比べ、伊那谷ルートの所要時間は「5分程度長くなるだけ」とする独自の試算をまとめた。大都市間を行き来する利用者にとっても、利便性が損なわれないとアピールしていく方針だ。

県は、旧国鉄が1978年、国に提出した地形・地質調査の中間報告書を基に、東京-大阪間のルート別の長さをBが約520キロ、Cが約480キロと想定。BとCの差は約40キロで、時速500キロで走行するとおよそ5分の差が生じると見込んだ。

JR東海などが今月22日、国土交通省に提出した中央新幹線の地形・地質調査の最終報告書は、ルート別の距離には触れていないが、同省は旧国鉄時代の中間報告について「実際のルートも大体そのくらいになる」(幹線鉄道課)との見方を示す。諏訪付近などのカーブでは速度が落ちる可能性もあるが、県側はその場合でも「時間は10分とは違わないはず」とする。

JRが昨年末に発表した直線ルートの想定では、首都圏-中京圏は約290キロ。所要時間は約40分としていた。JRなどは年内にも同省から指示される輸送力や建設費などの調査に合わせ、各ルートごとの長さや所要時間を示す方針だ。

一方、村井知事は24日の定例会見で、リニアの県内駅について「大きな県だから、2つでも3つでもいいのではないか。Bルートの北の所に駅がなければ意味がない」と述べ、松本などとのアクセスを考慮し、諏訪地域に駅を設けることが望ましいとの考えを示した。

http://www.shinmai.co.jp/news/20081025/KT081024ATI090011000022.htm

リニアの売りはなんといってもスピード。どれだけ短時間で人員を輸送できるかということがコンセプトとしてあるんだから、5分や10分とかのロスタイムを言い出すこと自体がナンセンス。それに諏訪伊那を経由させると40kmの延伸じゃあきかねえだろと。というか、中央道に沿ってリニアを走らせて何になるってんだ?冬になれば降雪の影響もあるだろうし、そこら辺のことも考えてるのかねえ。

村井仁知事は24日の会見で、リニア中央新幹線について「『東京、名古屋、大阪を快適に旅をできればいい』という考えに、そうですかとおとなしく引き下がる長野県ではない」と述べた。日ごろ、慎重な物言いが目立つ知事だが、直線ルート(Cルート)での建設を目指すJR東海への不満を爆発させた格好だ。

知事は「『東京と名古屋だけを結べばいい』というなら、飛行機を使えばいい。長野県の主張は不当でない。影響を被る地元に利益が還元されないといけない」とも述べ、諏訪地域などを経由するBルート推進の方針を改めて表明した。

http://mainichi.jp/area/nagano/news/20081025ddlk20040023000c.html

更にまた今回のリニア建設に関して一切金を出さない自治体のトップが何を偉そうに。だったら小淵沢を過ぎて、1cmでも県境を越えたところから飯田までの区間については長野県がカネを出すということでやってもらいたい。だいたい諏訪や茅野、伊那を通しても、経済効果なんてあるんだろうか。観光も諏訪は諏訪湖に花火大会、伊那は高遠の桜くらいだろうし、そもそもここらへんはエプソンの工場だったり、工業地帯だったりとかして、人員の輸送よりも物流の輸送をするためのインフラさえ整っていれば問題ないはず。であれば中央道があるんだからそれだけで問題ないし。

それでも人員の輸送を、ということであれば、リニアを通すよりも飯田線をどうにかして欲しいというのが沿線住民の本音だと思うけどね。

10/26/2008 01:11 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

競馬 菊花賞 予想

先週の秋華賞のことはすっかり忘れて菊華賞の予想をば、ってこれがまたかなり難解。どれもこれも一長一短があって、さらに血統なんかを気にし始めたら勝ち馬がいなくなる状況。菊花賞といえばのダンスインザダーク産駒がいれば迷わず選んでるんだけどなあ。

京都3000mのレースは菊花賞か万葉Sのみで、2003年まではドンカスターSが、そして3000m以上になると天皇賞(春)。今回馬の能力はほぼ横並びだと思うので、騎手のペース判断だったり読みだったり、あとは騎乗機会だったりが取捨選択のひとつの要素になるのかなと。

関東の騎手の騎乗機会が少ないのはしょうがないにせよ、あまりに少ないのは心許ない。2000年から数えて、京都の長距離の騎乗数が多いのは横山(14)、角田(9)、和田(16)、岩田(14)、武(22)、小牧(12)、幸(16)、安藤(16)。一番人気オウケンブルースリの内田は今年の天皇賞・春でポップロックに乗った1回きりなのでちょっとなあ。そして馬の脚質で考えると、やはり前から行ける馬のほうが良さげ。菊花賞といえば、個人的にはダンスインザダークが差し切ったレースが印象深いんですが、全体的な傾向からいくとスパッと切れる脚を持っていなくても大丈夫そうですね。

以上の理由からから選んだのは、ノットアローン、メイショウクオリア、スマイルジャック、ミッキーチアフル。あと何をしてくるのかわからない岩田からドットコムを。あわせて5頭のボックスを広く薄く。ただこれらの馬のオッズを見ると、単勝の人気の割にはそれほど高くはないような気がします。考えていることはみんな一緒なんですかね。

10/26/2008 00:17 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

こいつに投票した人は責任をもってシモの世話をするように

今日の朝7時半頃の渋谷駅、山手線ホームでなんだかえらい剣幕で駅員3人に向かって喚き散らしている爺さんがいて、車中からその様子を聞いてみると、「そっちは吸ってはいけないと言う!だけど売店では売っている!だからこれはどういうことなんだよ!!説明できんのかよ!!ええええ!!!」と、どうやら禁煙のところで喫煙をして注意されて逆ギレしているご様子。だからさあ、みたいな感じで駅員が諭すとさらに勢いが増して、そんなこんなでドアが閉まります、シューっと。なにはともあれ公共のマナーをわきまえてない方が悪いんだから、はい邪魔だからどいてと、爺さまの両手両足を持って駅長室でもホームの下の緊急避難場所でもどこでも連れて行けば良いのに。

さて、そんなこんなで石原東京都知事様がホンダに噛みついておられます。

みんなで戦いましょう!!って、ホンダに訴えられて一人で裁判所で戦えってんだよ。TPOをわきまえず、自分にしか見えない巨大な敵に対して一方的にいちゃもんをつけまくるその様子に、どうやら痴呆が本格的にすすんできたっぽいなと感じる方も多いようで、はい、確かに自分もそう思います。

ホンダの創業者である本田宗一郎のことについても触れているけど、おーい宗一郎さーん、この爺さんも早くそっちに連れていってもらえないでしょうかねえ。こんなボケ爺さんが何千億とかいう金を動かす力を持ってるなんて、ホント危なくて仕方がねえよ。

10/21/2008 02:43 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

競馬 秋華賞 予想

スプリンターズSに続いて今回もガッチリと当てたいと思うそんな秋華賞の本命はレジネッタでひとつ。京都2000m内回り、過去の秋華賞のデータを見ると外枠が有利。直線が短いし、内で一旦ごちゃついて馬群を捌けたとしてもその頃にはゴールなので、だったら大外ブン回しでもなんでもスイスイ脚を伸ばせる外めの方が有利ってことなんですかね。よく分からないけど。トールポピーの調教は抜群に見えたけど、前走がちょっとなあ。たとえ休み明けでもそれが不利にならない馬があの負け方はなあ。ヒモは川田との相性が良さげなマイネレーツェル、内田のレッドアゲート、蛯名は乗れないけどエフティマイアで。

10/19/2008 02:48 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

これとかハシッテホシーノとかさあ

ウマザイル、11月2日デビュー…EXILEが命名

人気グループ歌手のEXILEが名付け親になった、ウマザイル(牡2歳、美浦・藤沢和厩舎)が、11月2日の東京・芝1600メートル戦でデビューする予定だ。

昨年の菊花賞馬アサクサキングスの半弟という良血で、父はホワイトマズルからシンボリクリスエスに替わったが、その馬体は迫力十分だ。

http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20081014-OHT1T00001.htm

思いっきり安直な名前で、且つ管理しているのは名トレーナー藤沢和雄。んでまたわざわざ天皇賞の日にデビューさせる念の入れよう。デビューは1600m戦ながら血統からすると2000mから3000m超くらいが良いだろうから、そうするとダービーとかも視野に入れているんでしょうね。でも「ウマザイル」は色んな意味でさすがにないと思います。

10/15/2008 01:21 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑

石井慧の総合転向が白紙に

周りから相当いろんなことを言われたっぽいなあ。大阪の名門、清風中に入るために猛勉強したとか、より柔道に打ち込める環境を求めて転校とか、ライバル校とかそんなの関係なしに出稽古に行くとか、本来猪突猛進型で物事を進める石井が「大学を卒業することを一番に考えて・・・」とかなーんかもったいねえなあ。でまた、そんなタイプの人間が、将来的に総合をやりたいという気持ちがありながら、じゃあ今から総合を始めるまでのその間は柔道だけの生活で格闘家としてのモチベーションを保てるんだろうかと。

柔道やレスリングで実績を積んだ選手が総合に転向したという例はいくらでもあるけど、それが21歳っていう若さで切り替えたとなると思い浮かぶのは誰だろうか。柔道では中村和裕がそこそこ早かった気がしたけど、21歳ではなかったよなあ。とにかく早い、若いに越したことはない。今、息をしている時間すらもったいない。本気で「60億分の1」の人間になりたかったら、バッグ1個抱えてすぐにアメリカに渡れ。

10/08/2008 02:33 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

石井慧は総合に向いているのか否か

石井慧が総合に転向。度重なるスッパ抜きで、というか「ご法度」報道でPRIDEから取材拒否を食らい、そしてそれがDREAMになっても変わることがなかった報知がまたしてもやってくれました。いや、別に報知は好きじゃないんですが、それにしても毎度毎度どこから情報を仕入れてくるのか本当に不思議で。

大晦日デビューを言われていますが、もしそうだとしたらそんなこんなであと3ヶ月。柔道の実績は申し分にないにせよ、今の総合で絶対に必要となる打撃のテクニックを、この短期間で磨くことは正直厳しいでしょう。やるとしたらグラップリングマッチで対グレイシー系統の誰かとか、それでも総合をというのであればK-1からマイティ・モーとかレイ・セフォーあたりが考えられるかなあ。

柔道家が総合で大成できるかといえば、それは打撃センス次第でしょうね。ヌル秋山、カズ中村あたりは打撃を見事にモノにしていて、瀧本もデビュー当時と比べると飛躍的に打撃が上手くなっている。吉田や小川はどうにも中途半端。特に小川はプロレスラーとしてあちらこちらに飛び回っていた最中でもボクシングジムに通っていたりしていたみたいですが、それであれじゃあなあ。

まだ20代前半と若いんだし、どうせならMMA大国のアメリカに2年くらい居て、存分にもまれた方が良いと思うけど、どうでしょうね。

10/07/2008 02:31 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

キングオブコント2009にバナナマンは出るのか?

決勝終了後、ファイナリストの口から勝者を言わせるところで見るのをやめました。ガチなのかバラエティなのかって、そりゃ優勝賞金1000万とか謳って、しかも休日ゴールデンの時間帯であればそりゃあガチでしょう。視聴者もその気になって見ていた人が殆どだから、最後のあの優勝者の決め方に不満が噴出しまくる。そしてオレもそのうちの一人。

バッファロー吾郎バナナマンのどちらが面白いと思ったかとかそこら辺は抜きにして、吉本所属の若手だったらバッファロー吾郎に名前を挙げるのはわかりきったこと。「吉本の先輩だから」で票を入れた理由がついてしまうそんな審査方法が公正であるワケがない。

この番組の目的はコント日本一を決めることではなかったんだろうか。繰り返すけど、視聴者が求めていたのはガチンコの勝負。芸人に踏み絵をさせるような、そんな残酷かつバラエティ的な要素を一番重要な場面に持ってくることで、逆にドラマ性はなくなった。

M-1やR-1といった先発のイベントを参考にして、これらの課題点を洗い出して修正することで、もっと良いイベントにすることができただろうに、間違いなくイベントの質はR-1より下。初回だからとかそんな言い訳がきかないくらいのクソっぷり。誰が何を得ることもなく、よりによって優勝者のバッファロー吾郎が一番割を食った感がある。とりあえずTBSは今すぐ電波止めやがれってんだ。

10/06/2008 02:12 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]