07 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

五輪野球 日本敗戦

星野(画面を見据えて)「申し訳ない!そのひとことです」

胸を張って泳いで帰ってきやがれ。

08/23/2008 14:54 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

「オレの責任」って当たり前だろうが

五輪野球、日本は韓国に逆転負け。負ける度に、星野は「オレの責任」と言うけれども、そのセリフはもう聞き飽きたってば。キューバ、韓国に負けて、カナダに苦戦した。勝てば準決勝でキューバ戦、負ければ韓国戦の予選アメリカ戦は「譲り合い」「日本サヨナラ勝ちのピンチ」と評されるくらいのグズグズの試合だったりとかして、とりあえず今までの予選リーグの試合で勝った理由や負けた理由、そこら辺のことはちゃんと理解していたんだろうか。まあ理解していたのなら岩瀬は使ってなかっただろうけど。

そして「星野仙一のオンラインレポート」、8月22日付けで更新。

せめても明日は

予選から誤算続きだったけれど、マケ、カチカチ、マケ、カチカチ、マケできたし、この決勝トーナメントは今度はカチカチでいくぞ、なんて思ってたけど、いかんわなぁ。残念だけどこういう結果になって申しわけない。みんながどんなにガッカリしているかと思うとつらいけれど、きょうで金メダルへの夢は消えちゃったな。全てはおれの責任だけれど、それはあとでする話だろう。

http://hoshino.ntciis.ne.jp/index.html

えーと、え?なんだって?

みんながどんなにガッカリしているかと思うとつらいけれど、きょうで金メダルへの夢は消えちゃったな。

き、消えちゃったな???お、おおーー??軽くねーかあ、なんかよお。

ここまで書いておいてなんですが、オレ星野って結構好きだったんですよね。見事に阪神を立て直し、そして母親が亡くなったことを隠しながら陣頭を指揮してセリーグで優勝、なんていうここら辺のエピソードは個人的には大好物なんで。それがここ数戦のふがいない采配と、準決勝韓国戦というで絶対に負けてはいけない試合でやらかした愚策の数々、そして自身のHPで書き記したこの言葉で、その全てが吹っ飛んだ気がします。

吹っ飛んだのは星野に対する尊敬の念だけでなく、女子ソフトボール金メダルの余韻もそうで、昨日は女子サッカーなでしこジャパンの試合とあわせて、府中にて友人サエキさんと飲みながら観戦。

ビール片手のサラリーマンの皆さんと「あああ!!!」「おおお!!!」などと言いながら大いに沸き、しかしなでしこ敗戦。一気に冷えた空気が、ソフトボール上野の力投、ピンチを凌ぎ、日本追加点、そして最後のバッターをサードゴロに抑えて店内大爆発、拍手喝采。シドニー、そしてアテネで倒せなかったラスボス、アメリカを粉砕。なんとも例えようのない興奮そして爽快感に鳥肌がブアーーッと。

選手のひとつひとつのプレーに対して全く手加減なし、今まで辛辣な解説を続けていた「ママ」こと宇津木元監督の「やったあ!やった・・・!」「良く頑張ったよおおおお・・・」の涙声に、ハハハという宇津木さん本当に良かったなあという意味合いの笑い声が起き、その後しばらく実況の人の声が流れなかったりで、もしかしてアナウンサーさんも泣いてる?なんて、いやあなんかこう少しばかりウルッときちゃいましたよ。さっきまであんなに盛り上がっていた店内もしーんとしたなんか不思議な雰囲気になって、うん、ホント良かった。

ということで、とりあえずまあアレだ、G.G.佐藤宇津木さんのマシンガンノックを受けて徹底的に鍛え直せってば。

08/23/2008 02:26 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]