07 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

朝青龍の騒動で明らかになったこと

2場所の出場停止を喰らって精神状態が不安定になり、言動がおかしいだとか、睡眠も食事もまともに取れていない状態だとか、すっかりスポークスマンになってしまっている高砂親方から、そこまで丁寧にしなくてもいいんじゃね?くらいにいろいろな情報が発信されておるワケですが、今回の騒動でわかったことは「最強にして最凶」の横綱・朝青龍が精神安定剤を常用していたということでありまして。

いわゆる「心の病」というものを誰それが患っているとしても、昔と違って今は随分と周りの理解が進んでいるので別にどうも思わない。なんだけど、朝青龍が立っているところは角界の頂点であって、そこで一人横綱に求められる責任感だあなんだ、自身にのしかかる重圧を紛らわすために安定剤を服用・・・と言ったところで、大本番の本場所15日間をその薬だけで乗り切れるかというと少し疑問が。

やはり八百長は確実に存在するんでしょう。この件については、白鵬の親方が朝青龍の八百長についてほのめしているテープの内容が、週刊現代の記事だけではなくWebで公開されているし、そして今回朝青龍が引き起こした騒動からいろいろな線を辿っていくと、この疑惑に行き着くような気がするんですよね。

ではこの八百長に応じない力士についてはどのように立ち向かうのか。精神安定剤は不安や緊張を散らすために服用するものであって、よく言われる朝青龍の過剰な攻撃気質に繋がるものではない。とすると、やはり気持ちを高揚させるような物質の服用、いわゆるドーピングを行っている可能性が高いのではないかと。全世界のありとあらゆるスポーツ団体が「反ドーピング」を掲げ、最近ではプロゴルフにおいてもドーピング検査を実施・導入する旨が報道されましたが、相撲協会はこのドーピング検査について「競技の性質が違う」となぜか消極的。

あるまじき何かが角界に蔓延しているという情報を相撲協会の上層部が握っていることはほぼ間違いなく、って言っても、こんなんがバレるのは時間の問題だと思うんですけどね。「元横綱・朝青龍が激白!!」とかの見出しでどこかの雑誌が。

08/04/2007 22:52 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]