07 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

いまさらではありますが

無表情、目の泳ぎっぷり、そしてあの受け答えの余裕のなさ。ビバ、総理大臣。

戦前の予想通り自民党が大敗。自分も前もってここに書いていたとおり、民主党候補に票を投じてきました。というか、過去一回も自民候補に投票したことがないんですけどね。また今回も悲喜こもごも、色々な人生ドラマが展開されたこの選挙。所詮は他人事、やっぱ楽しいっスね。

東京都で元アナウンサーの丸川珠代が当選。投票内容の傾向を分析した結果、丸川陣営が当て込んでいた無党派層は自身にほとんど流れておらず、もう一人の自民党候補保坂氏と自民支持層の票を食い合っていたことがわかったとのこと。前回トップ、そして今回も当選は間違いないとメディアに報じられていた保坂氏が負けた理由は、その当確報道。

住民登録をしておらず、ここ何回かの選挙にも行っていないことが明らかになり、また事情を説明して証明できるものを持っていれば手ブラでも投票できるのは間違いないにしても、入場券を持たずに投票所に向かうなんてことはそもそも常識として考えられないことから、過去選挙に行ったことすらねえんじゃねえの?なんて言われていた珠ちゃんなので、本当は当選する要素などなかったはず。

そこに報じられたのが「民主鈴木と自民保坂は確実、民主大河原と公明山口、共産田村が競って、そこに無党派層の支持を集める無所属川田が加わり、これを追う丸川」とかだったかな。つまり、定数5に対して丸川のポジションは7番手。自民はここで2つの議席を取らなければならないと躍起になっていて、しかし戦況は自民にとって大逆風が吹き荒れる展開。「2つの議席」こだわる自民支持層が、丸川7番手の情報に敏感に反応して、「保坂センセが確実なら、じゃあ丸川に入れましょうかいな」と考えた結果、こうなったんじゃねえかと。情報戦が生んだ悲劇ですか。

もうひとつ、原爆しょうがない発言があった割にあまり注目されていなかったんですが、長崎でも民主候補が勝利。負けたのは高校サッカーでおなじみの国見高の元総監督にして元校長の小嶺忠敏氏。確かにその実績から「名将」の誉れも高いんですが、2006年年末の高校選手権で国見が初めて初戦敗退したときの言葉が「強いときだったらレギュラーに入れた選手は1、2人」。それは言っちゃあいかんでしょう。個の力が劣っている時こそ、監督の手腕が問われるのに、なんで負けた理由をそうしてしまうかなあと。「名将」も実はそんな感じのちっこい人間ということで、まあ落選してしかるべきだったのではないかと思います。

安倍の続投は、小泉とは違う意味で「自民党をブッ壊します」のその意思表示のように思えなくもなくて、そして今日、このタイミングで赤城農水相が辞任。やること成すこと全部がおっせーなあ。そういえば安倍は歴史的敗北の理由を「改革を進めていく上での『痛み』がひずみとして出てしまった。これからも改革を推し進めます」みたいなことを言ってたっけ。どこまで勘違いをすれば気が済むんですか、この日本国のリーダーは。

08/01/2007 16:42 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]