07 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

朝青龍の騒動で明らかになったこと

2場所の出場停止を喰らって精神状態が不安定になり、言動がおかしいだとか、睡眠も食事もまともに取れていない状態だとか、すっかりスポークスマンになってしまっている高砂親方から、そこまで丁寧にしなくてもいいんじゃね?くらいにいろいろな情報が発信されておるワケですが、今回の騒動でわかったことは「最強にして最凶」の横綱・朝青龍が精神安定剤を常用していたということでありまして。

いわゆる「心の病」というものを誰それが患っているとしても、昔と違って今は随分と周りの理解が進んでいるので別にどうも思わない。なんだけど、朝青龍が立っているところは角界の頂点であって、そこで一人横綱に求められる責任感だあなんだ、自身にのしかかる重圧を紛らわすために安定剤を服用・・・と言ったところで、大本番の本場所15日間をその薬だけで乗り切れるかというと少し疑問が。

やはり八百長は確実に存在するんでしょう。この件については、白鵬の親方が朝青龍の八百長についてほのめしているテープの内容が、週刊現代の記事だけではなくWebで公開されているし、そして今回朝青龍が引き起こした騒動からいろいろな線を辿っていくと、この疑惑に行き着くような気がするんですよね。

ではこの八百長に応じない力士についてはどのように立ち向かうのか。精神安定剤は不安や緊張を散らすために服用するものであって、よく言われる朝青龍の過剰な攻撃気質に繋がるものではない。とすると、やはり気持ちを高揚させるような物質の服用、いわゆるドーピングを行っている可能性が高いのではないかと。全世界のありとあらゆるスポーツ団体が「反ドーピング」を掲げ、最近ではプロゴルフにおいてもドーピング検査を実施・導入する旨が報道されましたが、相撲協会はこのドーピング検査について「競技の性質が違う」となぜか消極的。

あるまじき何かが角界に蔓延しているという情報を相撲協会の上層部が握っていることはほぼ間違いなく、って言っても、こんなんがバレるのは時間の問題だと思うんですけどね。「元横綱・朝青龍が激白!!」とかの見出しでどこかの雑誌が。

08/04/2007 22:52 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

朝青龍、2場所出場停止

いやあ、今まで散々騒動を起こしてきたことを考えると、この処分では甘いでしょう。大甘。引退勧告、もしくは強制的に廃業させてしまうとか、相撲協会も自身の面子を考えるのならそこまでやらなきゃいけなかったと思いますけどね。

仮にケガをしているのが事実だとしても、診断書通りの重傷かといえばそうではないらしく、各マスコミに引っ張りダコの外科の先生は「ストップ、ダッシュを繰り返す運動は腰にものすごい負担がかかる」「腰を捻りながら打ったあのヘディングは、ケガが本当なら相当痛いはず」「手術が必要なくらい肘に重傷を負っているのだとすれば、走ることすら無理」と、そんなコメントを繰り返してます。相撲協会が指定した病院で改めて受けさせた診断結果は「肘の手術は必要なし。通院による治療でOK」と、至って普通のケガ扱い。そもそも最初の診断も朝青龍本人の訴えに沿って書かれたものだったようで、仮病であったことはこれで確定。

んで、下された処分は2場所出場停止と謹慎。普段からそれほど熱心に稽古に取り組んでいない朝青龍にしてみれば「クビにならなくてラッキー。加えて相撲協会から”バカンス”をもらっちゃったしついてるなあ」くらいにしか思ってないでしょうよ。プラス4か月間30%の減俸って言ってもなあ、282万円の給料が200万になるだけで、別に痛くも痒くもないような気がしますが。

08/02/2007 00:09 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

いまさらではありますが

無表情、目の泳ぎっぷり、そしてあの受け答えの余裕のなさ。ビバ、総理大臣。

戦前の予想通り自民党が大敗。自分も前もってここに書いていたとおり、民主党候補に票を投じてきました。というか、過去一回も自民候補に投票したことがないんですけどね。また今回も悲喜こもごも、色々な人生ドラマが展開されたこの選挙。所詮は他人事、やっぱ楽しいっスね。

東京都で元アナウンサーの丸川珠代が当選。投票内容の傾向を分析した結果、丸川陣営が当て込んでいた無党派層は自身にほとんど流れておらず、もう一人の自民党候補保坂氏と自民支持層の票を食い合っていたことがわかったとのこと。前回トップ、そして今回も当選は間違いないとメディアに報じられていた保坂氏が負けた理由は、その当確報道。

住民登録をしておらず、ここ何回かの選挙にも行っていないことが明らかになり、また事情を説明して証明できるものを持っていれば手ブラでも投票できるのは間違いないにしても、入場券を持たずに投票所に向かうなんてことはそもそも常識として考えられないことから、過去選挙に行ったことすらねえんじゃねえの?なんて言われていた珠ちゃんなので、本当は当選する要素などなかったはず。

そこに報じられたのが「民主鈴木と自民保坂は確実、民主大河原と公明山口、共産田村が競って、そこに無党派層の支持を集める無所属川田が加わり、これを追う丸川」とかだったかな。つまり、定数5に対して丸川のポジションは7番手。自民はここで2つの議席を取らなければならないと躍起になっていて、しかし戦況は自民にとって大逆風が吹き荒れる展開。「2つの議席」こだわる自民支持層が、丸川7番手の情報に敏感に反応して、「保坂センセが確実なら、じゃあ丸川に入れましょうかいな」と考えた結果、こうなったんじゃねえかと。情報戦が生んだ悲劇ですか。

もうひとつ、原爆しょうがない発言があった割にあまり注目されていなかったんですが、長崎でも民主候補が勝利。負けたのは高校サッカーでおなじみの国見高の元総監督にして元校長の小嶺忠敏氏。確かにその実績から「名将」の誉れも高いんですが、2006年年末の高校選手権で国見が初めて初戦敗退したときの言葉が「強いときだったらレギュラーに入れた選手は1、2人」。それは言っちゃあいかんでしょう。個の力が劣っている時こそ、監督の手腕が問われるのに、なんで負けた理由をそうしてしまうかなあと。「名将」も実はそんな感じのちっこい人間ということで、まあ落選してしかるべきだったのではないかと思います。

安倍の続投は、小泉とは違う意味で「自民党をブッ壊します」のその意思表示のように思えなくもなくて、そして今日、このタイミングで赤城農水相が辞任。やること成すこと全部がおっせーなあ。そういえば安倍は歴史的敗北の理由を「改革を進めていく上での『痛み』がひずみとして出てしまった。これからも改革を推し進めます」みたいなことを言ってたっけ。どこまで勘違いをすれば気が済むんですか、この日本国のリーダーは。

08/01/2007 16:42 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]