04 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 06
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

オラぁ、ワクワクしてきたぞ

NBA、我が愛しのシアトル・スーパーソニックスは06-07シーズンを31勝51敗で終え、この成績は全29チーム中ケツから数えて5番め、西地区だけだとケツから2番めという、なんともまあ、90年代最多勝のチームとは思えないほどの惨憺たるもの。エースのレイ・アレンは足首を故障し終盤欠場、準エースのラシャード・ルイスもケガしがち、ポイントガードもリドナーにするかワトソンにするか定まらない。今シーズンの指揮をとったコーチ、そしてGMは当然ながらクビ。どこまで堕ちるんだろうかと思っていたら、今シアトルは来シーズンに向けてえらい盛り上がっているようでして。

というのは、2007年のドラフト指名でソニックスが一巡目2位を獲得できたから。いろいろ見たところによると今年のドラフトは近年稀に見る当たり年で、その逸材揃いの中でも、グレッグ・オーデン(センター)とケビン・デュラント(フォワード)がダントツのツートップ。7フッターながら走って跳べて、インサイドでゴリゴリできるオーデンと、内角外角どちらでも、ケビン・ガーネットとダーク・ノウィツキーを足してなんとかかんとからしいデュラント。youtubeでそのプレーぶりを見ましたが、確かにデカくてここまで動ければすごいかも。

このことについてMLBを例にしてみると、松坂とイチローを差し出されて、さあどっちを獲る?くらいの話。1位の指名権を持つブレイザーズはオーデンを獲るっぽいので、そうすると必然的にデュラントソニックス。それからソニックスはドラフトで3年連続センターを指名していて、ここでさらにオーデンだと、おーい今までの3人はどう使うのでありますか?と。そんな感じでリアルセンターがいない状態が続くソニックスなので、ここは伝統と割り切って、アレン・デュラント体制でチームの再建に当たってもらいたいと思うのであります。あと問題はコーチを誰にするのかってことだなあ。

05/31/2007 06:39 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑

簡単にサムライとか言ってくれちゃって

昨日の昼、「ZARD坂井泉水転落死」という一文がyahoo!トピックスに挙がって驚いていたら、それから間もなくして「松岡農水大臣が自殺を図って心肺停止」とか出て、もうなんなんだこの日はと。ZARD坂井さんはやっぱ・・・なんですかね。事務所の発表はあくまでも転落死なんだけど、足を滑らせて階段を落ちて、それで「手すりを乗り越えた」ってのはさすがにちょっと。

ZARD坂井さんは病気で大変だったようだし、松岡は・・・。訃報を聞いた石原都知事は松岡のことを「侍」と評していたけど、それは参議院選を控える状況の中、自分の失態が自民党に影響を与えることを避けるために命を絶つことを選択したその行動を称えてってことでしょうかね。んー、侍ねえ、ふーん。亡くなった人のことをあれこれ言いたくはないけど、敢えて。

松岡の自殺は卑怯という以外ほかにない。一連の報道と自民党のその対応からして国民に対し背信行為をしていたことは明らかで、そして身内を庇い続けるどこぞの国の首相。アホかってんだ。自殺を図る前日、故郷に戻って自分自身に整理をつけて、なんてことを松岡さんはこんなに思いつめていたんです目線でフジは流していたけれども、そもそも不正にカネを使い込んだのは自分自身の権力を振りかざすため、そして贅をつくすためであって、命のあるなし関わらず、松岡に対して同情の気持ちはまったく湧かない。

悪いことをしたら罰を受ける。いずれ松岡に訪れるであろうその当たり前のことから逃げ出しただけのこと。松岡が身を消すために選択した手段は、その追求から逃れるための保身が第一の目的であって、病気や過労、悩みなどから解放されることを目的として自殺をする人たちと大きく事情が異なる。そしてまた関係者がマンションから飛び降りた。朝、「松岡農相の話ばかりですね」と普通に夫婦の会話を交わしていた、その何十分後の話。

美しい国ですか。死んで再スタートですか。政治家ってのはそんなもんなんか。

05/30/2007 01:48 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

日本ダービー 結果

ウォッカ強かったスね。2着のアサクサキングスはまったくのノーマークだったので、馬券が当たらなくてもまあ仕方がねえかなあと、そして今さっきウォッカの上がり3ハロンが33.0だったことを知りました。今年に入ってからのウォッカのレースはどれもいかんなくその爆発的なキレキレの脚を炸裂させているし、桜花賞で2着に甘んじたといっても決して力負けではない。牡馬牝馬問わず、普通にこの世代で一番強い馬ですね。

この結果を受けて、来年以降ダービーに挑戦してくる牝馬が増えるのは間違いないところ。というか、この数週前に行われるNHKマイルカップは3歳の牡牝混合戦で、遡れば1997年にシーキングザパール、2005年にラインクラフト、そして今年はピンクカメオが後方一気の牡馬なで斬りまくりと、この時期については牡馬も牝馬も言われるところの能力差ってものはさほど考えなくても良いんでしょう。PSウイニングポストで牝馬クラシックのローテーションを考える上で非常に参考になった今年のダービーでした。

この日は「お祭り」ってことでダービー以外もちょこちょこ買っていて、結果は6戦4勝。でもダービーに突っ込みすぎて結果はマイナス。あーあ、切ねえ。

05/28/2007 01:10 COMMENT(1)TRACKBACK(0)top↑

日本ダービー 予想

そういやすっかり書くのを忘れてましたが、先週のオークスで馬連と1着3着のワイドを的中。思いもよらぬ臨時収入はwiiを買えるくらいの額で、早速PE'Zの最新アルバムを買い、通勤中に聴いてテンションを高めております。ありがとう福永ァ!ということで競馬の祭典日本ダービーを、手元にスポーツ紙も何もない中で直感予想。まあフサイチホウオーが抜けているのは間違いないでしょう。鞍上のアンカツも信頼度抜群、全く不安なし。馬主は気に入らないけど、そこら辺はグッと飲み込んで軸に。あとはサンツェッペリンナムラマースウォッカへ馬連かワイドか三連複で。皐月賞馬ヴィクトリーは気性が悪すぎて信用できない。サンツェッペリンナムラマースは調教の様子を見て決めました。サンツェッペリンは皐月賞でヴィクトリーに競り負けたけど、あの先行力は見逃せない。そしてウォッカ。久しぶりに牝馬がダービーに挑戦するということで、牡馬との能力差をはじめ、色んなネガティブなネタが取り上げられてますが、でも2番手争いに顔を出すだけの力は十分に持っていると思いますよ。天皇賞(秋)でジャングルポケットを負かしたエアグルーヴのイメージもなんとなく。

05/27/2007 02:37 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

光市母子殺害事件に思う

性根から爪の先まで何から何まで腐りきっている犯人・福田孝行と、マッドサイティストを彷彿とさせる安田好弘、足立修一をはじめとした脳みその腐れた弁護団21人が、雁首揃えてどんなとんでもねえ主張を繰り返すのか。その呆れた内容は、被害者の夫、そして父親の本村さんが記者会見で話したその感想がすべて。オレは、福田が友人に送りつけたという手紙の内容を改めて読み返してただただ怒りに打ち震え、そして本村さんを応援するのみであります。

「誰が許し、誰が私を裁くのか・・・。そんな人物はこの世にはいないのだ。神に成り代わりし、法廷の守護者達・・・裁判官、サツ、弁護士、検事達・・・。私を裁ける物は、この世にはおらず・・・。二人は帰ってこないのだから・・・。法廷に出てきてほしいものだ・・・何が神だろう・・・サタン!ミカエル!ベリアル!ガブリエル!ただの馬鹿の集まりよ!」

「選ばれし人間は人類のため社会道徳を踏み外し、悪さをする権利がある」

「勝ったと言うべきか負けたと言うべきか?何か心に残るこのモヤ付き・・・。イヤね、つい相手のことを考えてしまってね・・・昔から傷をつけては逃げ勝っている・・・。まあ兎に角だ。二週間後に検事のほうが控訴しなければ終わるよ。長かったな・・・友と別れ、また出会い、またわかれ・・・(中略)心はブルー、外見はハッピー、しかも今はロン毛もハゲチャビン!マジよ!」

「ま、しゃーないですね今更。被害者さんのことですやろ?知ってます。ありゃー調子付いてると僕もね、思うとりました。・・・でも記事にして、ちーとでも、気分が晴れてくれるんなら好きにしてやりたいし」

「知ある者、表に出すぎる者は嫌われる。本村さんは出すぎてしまった。私よりかしこい。だが、もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。ヤクザはツラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君』

「オイラは、一人の弁ちゃんで、最後まで罪が重くて「死」が近くても「信じる」心をもって、行く。そして、勝って修行、出て頭を下げる。そして晴れて「人間」さ。オレの野望は小説家。へへ」

「犬がある日かわいい犬と出合った。・・・そのまま「やっちゃった」、・・・これは罪でしょうか」

「五年+仮で8年は行くよ。どっちにしてもオレ自身、刑務所のげんじょーにきょうみあるし、速く出たくもない。キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい。じゃないと二度目のぎせい者が出るかも」

この事件における過去の弁護団の主張、wikipediaより。

母親の殺害について
・被告は思春期に母親の自殺を目撃しており、母親に甘えたい気持ちから被害者女性に抱きついたところ、大声を出されたので口をふさいだ。しかし手がずれ込んでしまい、首が締まり女性を死に至らしめてしまった。これは今の日本の法律では傷害致死にあたる。

母親の屍姦について
・その後少年が母親に性的行為を行った件については、相手がすでに死んだ後に行っているので強姦罪には当たらない。

赤ん坊の殺害について
・赤ん坊を泣き止ませようと、首にちょうちょ結びをした所、きつく締まり過ぎてしまい、赤ん坊は死んでしまった。これも傷害致死にあたる(「ちょうちょ結び」をしたことに関しては物証があるため、警察、検察、裁判所も認めている)。鑑定書にはその紐の跡以外、検察の主張する、強い締め付けの痕跡や床に叩きつけられた跡は記されていない。

そして今回の差し戻し審での弁護団の主張。

・仮想現実に逃げ込んだままごと遊び

・性行為は被害者の生命を救うための魔術的な儀式であり、被告は精子が人間を復活させると信じていた

「母親に甘えたい気持ち」を持った人間が、その母親のことを『犬がある日かわいい犬と出合った』『そのまま「やっちゃった」』なんて思うワケねえだろうよ。「ちょうちょ結び」は自分の力を継続的に加えることなく首を締め付けることを理由にやったことだろうし、そして屍姦は「被害者の生命を救うための魔術的な儀式」だあ?そして安田は「この裁判で事実を明らかにする」と言い放った。

犯人と犯人を庇う連中。「人権派」の名の下に集まったこの外道共は、一体どこまで暴走するつもりなんだろうか。いや、爆走してもいいけど、最後はきっちり死んでもらいたいと思います。

05/26/2007 06:30 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

千代大海、横綱を圧倒

要するに、千代大海がガチでやりゃあ、ドルジなんざケチョンケチョンの子供扱い、ってことでよろしいか?それとも星を貸していた分を返してもらったのか、さらには星を買い上げていたと思い込んでいたドルジがまんまとハメられたとか。過去6勝23敗と散々やられていたのに、あそこまで一方的に千代大海が勝ってしまうと、ホント色んな見方が出来てしまうなあ。

んで番付で捉えると大関が横綱に勝ったってことであって別に大番狂わせでもなんでもない。でもあそこまで座布団が飛んでしまうというのは、すべては千代大海の不甲斐なさを表してるんでしょう。

それにしても相撲を何にカテゴライズしていいんだか迷います。とりあえず「表現競技」ということで、フィギュアや新体操と同じ括りで考えて「スポーツ」に。

05/24/2007 20:11 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

ほぼ認めちゃってるもんなあ

宮城野親方から事情聴取=相撲協会

同弁護士は聴取の内容は明かさず、「今回の(記事に出てくる)テープや証言が裁判に関連するようになったら、こちらの見解や対応などを出したい」と話した。相撲協会は先週、同親方から事情を聴いたが、この日も北の湖理事長(元横綱)が同席したという。同親方は「先生にすべて話した」とだけ語った。

http://sports.yahoo.co.jp/news/20070522-00000186-jij-spo.html

宮城野親方八百長報道」提訴せず

同協会は、週刊現代による一連の八百長報道を名誉棄損にあたるとし、同誌や講談社などを民事提訴、係争中だが、今回の報道については提訴はしない方針を示した。また同弁護士は「この女性が証人として出廷し、昨年名古屋場所で八百長があったと立証された場合、裁判全体に影響が出てくる。対応策を検討したい」との見解を示した。

http://sports.yahoo.co.jp/news/20070523-00000026-nks-fight.html

「立証された場合、裁判全体に影響が出てくる」って、あーあ。

この対応を見ればわかるとおり、大相撲八百長は存在すると、そう断言できるワケであります。しかし大相撲は競馬やサッカーのように賭け事の対象ではないため、八百長をしたといっても力士や親方に刑事罰が下されることはない、よなあ確か。要するにプロレスと同じ扱い。まあ金銭のやりとりがあるんだったら所得税とかそこら辺の件で、税務署から調査が入ったりするかもしれませんが。

相撲協会が2月に起こした訴訟の内容はこんな感じ。

八百長報道で相撲協会4.8億円賠償請求

訴状によると、週刊現代朝青龍が金銭で相手に意図的に負けてもらい、相手も依頼に応じて常習的に八百長を行っているかのように読者に誤解させ、地位、名誉や社会的評価が著しく損なわれたとしている。

相撲協会の賠償請求額は8800万円。力士では朝青龍の6600万円が最高だった。

東京・両国国技館で記者会見した同協会の伊佐次啓二弁護士は「この問題はどこかで白黒をつけなければならない」と説明。今後は刑事告訴も視野に入れているという。

http://www.nikkansports.com/sports/sumo/p-sp-tp3-20070309-167119.html

相撲協会は、この時点で書かれた記事の内容の真偽と、今回宮城野親方がやらかした八百長発言の内容を切り離して訴訟を続ける構え。だから今週騒がれている記事については追起訴を行わないと。「テープでそう言ってるじゃないか!!」「私達が起こした裁判の内容とは関係ございません」、そんな感じでのらりくらりかわすやり方にするのかな。

05/24/2007 01:57 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

高見盛はガチとのことですが

週刊誌といえば「玉石混合の記事の寄せ集め」「名誉毀損で訴えられて負けるのが常」というのが自分の中のイメージだったんですが、週刊現代の場合、PRIDEのネガティブキャンペーンを皮切りに、表紙のデザインを変えたあたりから「勝てないケンカはやらない」主義に変わったように見えてですね、今週はといえば、そうです、大相撲八百長疑惑の徹底追及。

弁護士らと対応協議へ=八百長報道で相撲協会

21日発売の「週刊現代」に、大相撲の大関白鵬の師匠、宮城野親方(元十両金親)が知人と八百長の存在を認める会話を交わしたとする記事が掲載されたことに関し、日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱)は同日、「いろいろな角度から(対応を)検討したい」と語った。
関係者によると、相撲協会は記事が掲載されることが分かった先週、宮城野親方から事情を聴取。同誌の報道に対してこれまで起こした民事訴訟との関連も含め、弁護士と対応を協議する考えだ。
同親方は報道陣にコメントしなかった。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20070521-00000165-jij-spo.html

その対戦というのがこれ↓

http://www.youtube.com/watch?v=3iDnSiNX3zo

その記者会見の様子やこの記事を見た人のほとんどが「何でノーコメントなんだ?」と思ったでしょうね。弁護士に一任して余計なことは話さないとしても、これが事実ではないと自信をもっているのなら「絶対にありえない」「そのようなことはないと断言できる」などのコメントは残せるはず。

主観ではありますが、見た限りでは記事の内容はかなりリアルで、そしてここで何を注目すべきかといえば、裁判の真っ最中のこの時期に、物証としてこれ以上ない「会話テープ」の存在を明らかにしたこと。しかもテープ提供者は名前と顔写真を公表。求められれば現代側の証人として出廷するという姿勢を示したということだし、これは相当自信があるんでしょう。

ここ数ヶ月相撲協会に押させるだけ押させといて、しかしここで現代は余裕を持って逆襲に出た。狙われたが最後、逆らうヤツぁとことん食い尽くすというのが現代の方針。相撲協会は現代の用意した土俵に上がり、しかも総額7億円近い損害賠償という注文をつけたワケだから、もう自分から先に下りることはできない。自分から土俵を下りるということは八百長を認めることになる。これで裁判は白か黒かのどちらかの決着しかなくなって、今までみたいにあやふやなまま事態を終わらせることはまず不可能。

つまり、現代が廃刊となるのか、相撲がスキャンダルにまみれて衰退の道を辿るのか、結末はこのどちらかしかないということです。

05/21/2007 23:51 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

無料で測ってもらえます

先日、新橋にあるアシックスストア東京というところで自分の足を3D計測してもらいました。足裏の大きさはもちろん、甲の高さ、足の幅のほか、計測項目にはかかとの傾き具合まで。それでわかったことは、今まで履いていた靴のサイズが適切なそれよりも1cm大きかったということ。右は25.3cm、左は24.8cm。普段履いている靴は27cmと申告したところ、「それは大きすぎますね!!」と店員のお姉さんに即答されまして。

本来のパフォーマンスを発揮できないとか色々言われて、薦められた靴を履くと、おおう、26cmでも全然問題ねえじゃねえですか。高校生の時以来、靴のサイズは27cmで変わっておらず、これが大きいということに全く気付かないまま、陸上やバスケなどに燃えていたかと思って軽くショック。それが戦略だとわかっていながら、そのデカいサイズの靴のまま練習を重ねるのも不安なので、早速新しいランニングシューズを買いましたよ。

そんな足のサイズの計測中、店員をアゴで使うような態度のデカいおっさんが居て、なんだこのオヤジ、でもなんかで見たことがあるなあと思ったら、沢木啓祐氏でありました。陸連の専務理事、そして順大の総監督という知る人ぞ知るというなんつーか。失礼ながらじーっと見ていたら思いっきり目が合って、そのままだと気まずいのでとりあえず会釈したら沢木氏も会釈を返してくれました。何だこいつ?とか思っただろうなあ。

05/21/2007 01:41 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

抱けないのでメットインに入れた

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070517-00000041-mai-soci&kz=soci

どこからどう考えても理解ができないような事件が増えてきたと思うのは、自分が親になったからなんだろうか。

そして今も続く愛知県長久手町の拳銃立てこもり事件。救助活動中に撃たれて亡くなったのは23歳のSAT隊員。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070517-00000157-mai-soci

死亡した林巡査部長は妻(24)と長女(10カ月)の3人暮らし。05年4月に機動隊に配属され、同年10月から立てこもり事件などを担当する特殊急襲部隊(SAT)の隊員となった。仕事ぶりはまじめで、23歳でSAT隊員に選ばれるなど、将来を嘱望されていたという。

10カ月っていうと、はいはいからいよいよつかまり立ちくらいまでできるようになったりとか、ぐんと子供の動きが活発になる時期。成長が目ではっきりとわかる頃で、お父さん、いくら危険な仕事ったって、死んじゃったらダメだってばよお・・・。せつないなあ。ホントなんとも言葉が出てこない。

05/18/2007 03:16 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]