01 «  12345678910111213141516171819202122232425262728 » 03
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

叶姉妹・二女が装飾品5億円持ち逃げ

すごいよなあ、これ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070215-00000018-spn-ent

ウィキペディアがあまりにも正直に書き過ぎてて、叶姉妹を「芸能ユニット」、叶恭子を「姉(長女)の設定」、叶美香を「奔放な姉のフォローをするしっかりものの妹(三女)の役」と、なんだかプロレス界の内情を暴露したミスター高橋本を見てしまったかのような切なさが。小倉優子他、数少ない芸能界のアングル引受人であり、だから皆分かっているんだけど敢えて触れない。

そう考えると「5億円」という価値や実の妹が装飾品を持ち去って行方不明になったとする設定こそ、これぞ正しくプロレスの世界観。このあとどんなストーリーに繋がるんだろう、何が起きるんだろうという期待の抱かせ方や、叶姉妹がベビーフェイス、消えたマネージャー晴栄をヒールとするこのギミック。目指せ頂点WWE。日本のディーバ、叶姉妹

02/16/2007 01:26 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

いよいよ開催

3月のロードレースを目標に据えて、正月過ぎからまたちょいキツめのジョギングを始めてですね、火曜日の8kmをあわせて約1ヶ月で100km走破。あくまでもペース次第ですが、10kmから15kmくらいまでは楽勝。走りこみすぎて左の足首が少し痛いんですが、とりあえず随分と体力や筋力が戻ってきたし、まず一番の目的であるダイエットも順調に進んでます。とことんやってやろうじゃねえかと市民ランナー向けの専門誌なんぞを買ってきて読んだりなんかして、そこにあった特集は「東京マラソン攻略」。

開催は今度の日曜日。んああ、いいなあ、走れる人は。走るつもりだったんだけど抽選にハズれちゃったもんなあ。

新宿都庁前をスタートして、皇居、東京タワーの横を抜けて、品川で折り返し。銀座、浅草に行って、また銀座に戻ってきて、ゴールは東京ビッグサイト。通るところ全てなにかしらの形で馴染みのある土地で、しかもこの日は交通規制をかけて車をシャットアウト。あのデカい道路のド真ん中を歓声を受けながら走れるなんて、あああ、ホント羨ましいよなあ。

この大会が成功したらしたで、来年は抽選の競争率がもっと高くなるだろうし、無いとは思うけど、万が一失敗した場合は、来年は行われずに隔年とか、もしかしたら一回限りで中止とかになってしまうかもしれない。

っても42km。これを果たして楽しむ余裕があるかどうかとか、まあそれは置いといて、とりあえず今はフルマラソンの距離を余裕を持って走れるような体力を付けろと。落ちたってのはそういうことなんだろうと前向きに捉えて、6月までにハーフ、9月までにフル、今年いっぱいまでにできればウルトラマラソンと呼ばれるようなレースにチャレンジしようかと思ってます。そして体重は65kgくらいを目標に。マイナス10kg。

02/16/2007 00:52 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

基本的には何も変わってねえです

ま、変えたっても文字の大きさとか色をいっぱい使ってみたとかデザインがワケわからんとかそのくらいで、グラフィックソフト界のネットスケープこと「Paint Shop Pro」を使ってあれやこれややってみました。で、もう30過ぎて、2児の父親で、「ファック」なんて言葉をねえ、ンなそんな使っちゃあいけんでしょうと考えてたもんで、ここの名前も変えてみました。これから20年は「ダンコン」でだらだらやっていきます。

02/15/2007 01:43 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

リニューアル予定

URLはそのままですが、近々ここの名前とか変えるつもりです。デザインとかかなり苦労してます。なかなかうまくいかねえス。

02/10/2007 03:12 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

あるある捏造騒動いまだ収まらず

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070207-00000105-yom-soci&;ampkz=soci

捏造(ねつぞう)が発覚した関西テレビ制作の「発掘!あるある大事典2」や前身番組に出演してきた多くの研究者たちが、読売新聞の取材に「番組全体の作り方に無理があった」と感じていることを明らかにした。

捏造自体は否定するものの、「実験が安易」「都合の良いコメントだけ使われた」などの不信感を持ち、「これを食べれば(試せば)効果がある、と結論付けるのが特徴」と口をそろえる。


最近日課として「野菜一日これ一杯」を一杯ではなくパック一本飲むことを日課にしています。朝はコーヒーではなく野菜ジュースをデカめのグラスで。晩飯も「野菜~」を飲みながら。何でもやりすぎは良くないと分かっていながら、でもまあ野菜をバリバリと食ってるようなもんだし健康には良いべなんて自分に言い聞かせながら、んでこの効果なのかどうかはわかりませんが、最近肌がツルツルのパンパンであります。

その飲み始めのきっかけがこの「あるある大事典」だったりなんかするんですが、その矢先にこの捏造騒動が発覚。まあ野菜を何グラム以上摂取したほうが良いですよとかはお役所の通達だし、そこら辺は問題ないと思ってるんですけどねえ、どうなんでしょう。そういや過去にダイエット関連で紹介されて、仕事中にモリモリと食ってたのがチョコレート。カカオポリフェノールが効くだかなんだかの苦いヤツです。これも何だか怪しげな気がしてならないんですが大丈夫かあ?「これを食べれば効果がある」ってな感じじゃなかったけ?

そして今日関西テレビの社長が調査報告書を総務省に提出して、でもどうやら突き返されるとのこと。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070207-00000117-yom-ent

どんなクソな報告書だよ、ったくよー。

02/08/2007 01:49 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

柳沢厚労相 子ども2人以上「健全」発言、波紋に拍車

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070206-00000132-mai-pol

(記者) 少子化対策は女性だけに求めるものなのか、考えはいかがか。
(厚労相) 若い人たちの雇用形態が、例えば婚姻状況などに強い相関関係を持ち、雇用が安定すれば婚姻率も高まるような状況なので、まず若者に安定した雇用の場を与えていかなければいけない。また、女性あるいは一緒の所帯に住む世帯の家計が、子どもを持つことで厳しい条件になるので、それらを軽減する経済的支援も必要だろう。もう一つは、やはり家庭を営み、子どもを育てることには人生の喜びのようなものがあるという意識の面も若い人たちがとらえることが必要だろう。そういうことを政策として考えていかなければならない。他方、当人の若い人たちは結婚をしたい、それから子どもを2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいるわけだから、本当にそういう若者の健全な、なんというか希望というものに我々がフィットした政策を出していくことが非常に大事だと思っている。


先日の「機械」発言がなければ、こんな変な騒がれ方をしないで済んだでしょうね。ただ「機械」発言があまりにあんまりすぎて、なんか言葉が足りなかったり余計だったり、政治家っつーのは政策なりなんなりを口に出して皆にうまいこと伝えられてナンボなんだからさあ。そういった意味で政治家としての資質に欠けるんじゃねえのと思ったりとか。「子供を持ちたいという希望を持つ世帯に対して、我々もそれにフィットした政策を出していくことが非常に大事だと思っている」が正解でよろしいか。

それにしても民主や社民はこの問題をいつまで引きずるつもりなんだろうか。柳沢クンの辞任を求めるのは結構ですが、それと並行して少子化問題を解決するための議論をしないと意味がない。なんでもかんでも騒げば良いってものじゃないし、特に社民は国民がどっちらけている問題ばかりをずーっと追って、騒ぎ続けたから大きく議席を減らした。そこら辺の空気の読めなさ、駆け引きの下手さぶりがどこまでも野党なんだなあと。

02/07/2007 00:19 COMMENT(6)TRACKBACK(0)top↑

UFC ミルコ初見参

いつ消えるかわからないんですが、とりあえず貼っておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=c0W_Mw-yHY4

上の動画ではカットされていますが、ミルコの入場曲はPRIDEのテーマ曲だったとのこと。自分としてはこれだけでもうホントお腹いっぱい、涙酒ですよ。UFCの会場であのダンダンダダン!!を流したことに一番の意味があるワケで、ミルコがPRIDEを離脱したショックなんてどこへやら。守銭奴なんて言葉もチラッと浮かんでおったりしていましたが、ンなこた関係ねえ。これで全国各地の熱烈ヲタも心からミルコを応援できるってものです。

試合はミルコの完勝。八角形のオクタゴンだとコーナーに詰めるということができないので、これをミルコがどう対処するのかが見ものでしたが、パンチをズコッ!と突き刺して、ローでけん制、ミドルで追い込んで、必殺のハイ。場内からはミルココールなんて起こったりなんかして、とりあえず余すことなくお披露目を終え、次はロンドンですか。相手もなあ、総合無敗でまあ強いんでしょうが、あんなにあっさりマウントを取らせちゃうってのもなあ。

02/05/2007 00:56 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

どこかで見た光景

柳沢伯夫クンの「女性は産む機械」発言に対し、野党はひたすら辞任要求、安倍クンはひたすらに柳沢クンを庇い続けていて、こんなの前にもあったなあと思い返してみたら、あの民主永田の偽メールの時と状況がまあ似ていること。今は完全に攻守が逆転していて、んで問題の内容に違いはあるけれども、確かあの時の民主も対応の遅さと空気の読めなさを各方面から批判されたんじゃなかったっけか?そこら辺、安倍クンは北朝鮮問題以外での判断の出来なさったらないですね。今「上司にしたくない人物は?」と訊かれたら、安倍にしようか堀江にしようかでえれー迷っちもう。

02/01/2007 07:44 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]