12 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 02
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

名物は道路渋滞と光化学スモッグです

繰り返しになりますが、都留と書いて「つる」と読む母校が甲子園に出ることになりました。しかも21世紀枠。各地区単位で選ばれるよりも、興味本位で色々と注目してもらえるんで何だか嬉しい。今朝、床屋に行きがてら日刊スポーツを買ってきて、そこにはOBのロッテ・小林雅のコメントが。「僕の現役中に甲子園に出場できるなんて信じられない。羨ましい」。今日は自分の母親が山梨から手伝いに来てくれたんですが、訊くとやはり地元は騒ぎになっているらしい。東京から最も近い過疎の町で、商店街もシャッター通りになりつつある中で久しぶりの明るい話題。これも繰り返しになりますが、ホント良かったなあ。

新聞やらで母校のことを「県内有数の進学校」とか書いてあったりするんですが、今は「スーパー・サイエンス・ハイスクール」とかに指定されたりなんかして確かにそうかもしれないけど、自分らの頃はそんな意識は全くなくてですね。つーのも、当時は地元の中学生のうち60%が都留に、30%が市内の別の高校に、残りが私立に行ったり隣接する市の工業学校に行ったりとかだったんで、気持ちとしては「エスカレーター」のそれ。競争率はほぼ1.0倍かそこらだし。

なので校内には、後の東大医学部合格者から初日の出暴走で補導される奴まで、各種満遍なく生息しており(一応ですが"当時"ですよ)、アタマの良いヤツは模擬試験で全国の上位にランク入りすることに心血を注ぎ、自分ら脳みそ体育会系は部活あるいは体育祭、「新入生歓迎」とは名ばかりの球技大会に異常なまでに燃えておったワケであります。私学の合格者数だって、推薦でもう既に進路が決まっていた生徒に対し、「おまえら他の大学受けるんだぞ、それで合格しなかったら推薦取り消すからな」と担任に脅されて、行く気のない大学を受けて水増しとかそんな感じだったし(いやあくまでも"当時"です)、だから進学校とか言われてもあまりピンとは。

「寄付とか来るんじゃないの?」と母親は言ってましたが、まあ間違いなく来るでしょう。体育館建設のときもシコシコとOB使って集めてたし。しかもその体育館は市民に開放しないし。そういうものを払うだなんだは別として、そこら辺のことは市が溜め込んでいるらしい膨大な裏金をどどーんと使えばそれで良いんじゃないかと思うのでありますが。

01/28/2007 03:40 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]