08 «  123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 10
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

カーレースにて大クラッシュ

矢印クリックでその様子をば。

乗っていたのはF1でテスト経験もあるイギリス人女性ドライバー、キャサリン・レッグ。高速コーナーに差し掛かる直前にリアウイングが外れ、マシンはコントロールを失った末にウォールに激突。バラバラに飛び散るマシン。慌ててマシンに駆け寄る救急スタッフ。「呪われた週末」こと94年サンマリノGP、この予選の惨劇、ラッツェンバーガーのクラッシュシーンがダブった。ウイングに起因するトラブルで今まで何人のドライバーが犠牲になってきたことか。そしてまたしても

20060928Legge

・・・と思ったら無傷。

http://www.us-racing.net/modules/weblog0/details.php?blog_id=882

すげー、ってかとんでもねー。

09/28/2006 01:09 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

競馬・神戸新聞杯 メイショウサムソン2着

http://keiba.yahoo.co.jp/scores/2006/07/03/06/11/result.html

今週末から秋のGⅠシリーズが開幕。その前に二冠馬メイショウサムソンが菊花賞トライアルの神戸新聞杯に臨み2着。まあ左回りの中京2000mだと単なる調整レースくらいにしかならないし、そもそもメイショウサムソンの父は距離延びて良しのオペラハウス。3000mの長丁場は絶好の舞台。大外急襲でドリームパスポートに差し切られましたが、競った相手はねじ伏せてるし、まあ大丈夫でしょう。道中掛かりっぱなしだった気性の方も1回使ったことで改善が見込まれるし、まあ三冠はほぼ間違いないんじゃねえですか。

そして中山ではオールカマー。勝ったのはバランスオブゲーム、馬主は薗部博之。テレビゲーム「ダービースタリオン」の作者です。名前の由来は「ゲームは"バランス"が重要だから」ってことで、だったらその言葉をそのまま本業に生かしてくださいよと言いたくなるくらい、PSP版ダビスタが惨憺たる内容らしく、「スタープログラマー」(同時期に薗部氏が買った馬の名前)の名声も今は昔。テストやってないんだろうね。

09/26/2006 01:41 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

警官前で缶酎ハイ「今飲んだ」と主張 逮捕

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060923-00000066-mai-soci

これって「カバチタレ」で検問のアルコール検査を潜り抜ける方法として紹介されていたことですよね。知り合いから「こうすれば飲酒で捕まらないってよ」と聞いてバカだから本当にやって、とかそんな感じじゃないですか、たぶん。マンガはマンガ、現実は現実。ただでさえ飲酒運転に対する取締りが厳しくなってるってのに、こんなことやって見逃されるわけがない。第一ここで見逃して、そのあとに事故なんかを起こそうものなら、非難の目は警察に向けられるんだし。

09/25/2006 02:02 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

ミャンマーラウェイ再び

ここって別に格闘技サイトでもなんでもないんですが、一応。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/column/200609/at00010641.html

ミャンマーラウェイっていうのはグローブの代わりに拳に薄いバンテージを巻き、肘、頭突きなど、いわゆる何でもありの格闘技。生粋の格ヲタとはいえ、ここまでノールールだと金を払ってまで見に行きたいとは正直。でもまあこれがホントの「究極」なんで、一度どんなもんなのか目にしておいた方が良いのかもしれません。絶対テレビでは流せないんだし。

そのラウェイ大会でミャンマー人チャンピオン級選手をボコボコにしたのが、奇行で知られているらしい石黒竜也。らしいというか、名前でググるとありとあらゆる問題行動がアップされているのでそれを参考にしていただきたいんですが、この石黒が8月下旬のキックの試合で反則だあなんだムチャクチャやって、でキック団体の偉いさんが「でも石黒をもう一度見たいなあ」ってな発言をしたもんだから、こりゃあK-1の曙やボビーみたいな話題作りですかいね?とか思ってたら、

http://www.boutreview.com/data/news05/060908njkf-ishiguro.html

全日本キックから除名、所属ジムを破門。ガチでしたか。

09/25/2006 01:48 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

吉田秀彦、ミルコへのリベンジ戦「早いうちにやりたい」

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20060923-00000025-spnavi-spo.html

小川戦が終わったあとのリング上でのやりとり、対西島戦の内容、「友達少ないんですけど、今日は友達が応援に来てくれました。Gacktおおお!、勝ったぞおおお!」という自己満足なマイクパフォーマンス。寒いわ空気が読めてないわで評価を落としまくっている吉田がミルコへのリベンジ戦をブチ挙げて、あのー、正直誰も望んでねーです。誰か気付かせたって。

09/24/2006 03:30 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

マッチョドラゴン

ダメだ。脳内で「マッチョドラゴン♪」がリフレインしやがって、んでドラゴンのあまりにも天真爛漫な歌声が耳から離れなくて困っています。これだけ中毒性かつ破壊力のある曲を他に知らない。いわゆるひとつのやりたい放題。以下、検索して拾った歌詞であります。

稲妻が闇を裂いて 俺を呼んでる
悪と散らす火花 四角いジャングルを
真っ赤に染めてやる
マッチョドラゴン 燃え上がれ
マッチョドラゴン 空に舞え

鮮やかに決まる技は ナイフの切れ味
愛を胸に秘めて 力に挫けない
ファイトを見せてやる
マッチョドラゴン 立ち上がれ
マッチョドラゴン 風を呼べ

マッチョドラゴン 燃え上がれ
マッチョドラゴン 空に舞え

極悪な敵に遭えば 熱く燃えるぜ
マットを焦がす炎 正義の名のもとに
息の根止めてやる
マッチョドラゴン ぶっつぶせ
マッチョドラゴン 夢に飛べ

稲妻が闇を裂いて 俺を呼んでる
悪と散らす火花 四角いジャングルを
真っ赤に染めてやる
マッチョドラゴン 燃え上がれ
マッチョドラゴン 空に舞え
マッチョドラゴン 立ち上がれ
マッチョドラゴン 風を呼べ
マッチョドラゴン ぶっつぶせ
マッチョドラゴン 夢に飛べ

そしてさらに中毒は進み、振り付けを覚えようとしているオレがいる。

09/21/2006 03:41 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

ヴァンダレイ・シウバ インタビュー

改めて素晴らしい選手だなあと。

http://gameandmma.blog29.fc2.com/blog-entry-422.html

09/20/2006 01:48 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

64歳ミル・マスカラスのダイビングボディプレス

http://osaka.nikkansports.com/news/p-on-tp3-20060917-91286.html

マスカラスは「大阪でファンに(オーバー)マスクを贈るのが夢だった。最高に楽しかった」と試合後に喜んだ。64歳とは思えない肉体美と高度な関節技を披露。夢のタッグを組んだライガー、デルフィンとフライングクロスチョップで競演し観客に70、80年代にタイムスリップした感覚を与えた。ABC、毎日テレビのカメラも密着するほどの注目度。ライガーは「チョップの高さ、角度、キレとここ1番で発揮するプライドはさすが。新日本で組んだのはオレが初めてのはず」と興奮していた。


写真はそのミル・マスカラス(64歳)の勇姿。ガキの時に見たときと、高さ、体のライン、美しさ、ここら辺が全く変わっていない。もはや芸術品、無形文化財モノの飛翔っぷり。ジャイアント馬場が61歳で亡くなっていることを考えるとやっぱ凄いですね。

凄いといえば、先日こんな記録があることを知りまして。

左上の【Age group】の文字で分かるとおり、年代別の男子100m世界記録であります。疲れがなかなか取れないわ、運動をすると二日後に筋肉痛がくるわ、30歳を超えてどうにも体力の衰えを感じずにはいられない今日この頃。そんなオレの20歳上、51歳のウイリアムさんは100mを10秒95で駆け抜けていて、さらにこれは45歳の記録よりも0.01秒早い。すげー。

ウチのオヤジ殿は先々月に還暦を迎え、その年代では61歳のロンさんが11秒7を記録。ロンさんとオヤジを入れ替えて想像してみる。11秒7はおろか、そもそもオヤジ殿がゴールを駆け抜けるイメージがどうにも浮かばない。

他にも100歳のエバレット爺のハンマー投げ8.86mとか、ヤンガー爺90歳が十種競技4199点とか、やってる本人は良いとして、周りの人がドキドキハラハラもののそんな記録集がこちらにあります。ちなみに十種競技の種目は100メートル走、走り幅跳び、砲丸投げ、走り高跳び、400メートル走、110メートルハードル、円盤投げ、棒高跳び、槍投げ、1500メートル走。どこを切り取ってもハプニングの起因要素が満載。ハードルは競技用のあの高さなんだろうか?

http://www.world-masters-athletics.org/records_output/rec_list_outdoor_m.php

09/18/2006 01:18 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

PRIDE ミルコvs.シウバに想う

いやもうPRIDE無差別級GPの準決勝2試合と決勝が凄すぎて、この1週間はその余韻に浸っておりました。

準決勝のミルコvs.シウバはストライカーとしての、バーネットvs.ノゲイラはグラップラーとしての、それぞれの技術や気持ち、意地が画面からひしひしとなんてレベルじゃなくて、どっぴゅんどっぴゅんと色んな濃厚なものが放出されまくっていて、「究極」なんて使い古された広義の言葉で表現するのは、戦った4人に失礼すぎる。

「極上」

これに尽きる。そう、極上、これ以上の言葉が見つからない。

シウバがフックを振り回す「鎌」の使い手なら、ミルコはドスン!と直線的に相手を突き刺す小刀、そして左脚に妖刀を携えた二刀流の猛者。お互いが繰り出すパンチは全てがとんでもないスピードで、ありとあらゆる角度から繰り出されるそれを鼻先でかわし続ける。被弾したら終わり。

間を空けるでも近づくでもない、ニュートラルな空間に入ったか入らないかの瞬間、シウバの右目にグサリと刃を突きつけたミルコ。衝撃をまともに受け、後ろに倒れるシウバ。目は人間の急所。傷つけられることを恐れ、向かってきたものを避けるのは本能なのに、そこを貫くミルコのスピード、そして100kg以上の人間を真後ろにひっくり返すパワー。全てが戦慄。

ケガのチェックが行われる中、シウバの目はみるみる腫れあがり、ドクターは試合の再開をためらう。「やらせてくれ、頼む、続けさせてくれ」。シウバはそう手で表現しながら懇願の表情。ドクターが差し出した人差し指の意味は「もう一度攻撃を受けたときは試合を止める」だったんだろうなあ。

ミルコは必殺左ハイを持っている。シウバは右目の視界を失っている。死を賭して戦う意味がここまで剥き出しになった瞬間をオレは知らない。震えた。体の芯から震えた。シウバに残されていたのは「生」への執着。前に出て拳を振り回すシウバ。猛烈な圧力に後退するミルコ。しかしここでミルコは左ミドル。シウバの動きを止め、ミドルと同じ軌跡から左ハイ。何かをブツリと切られたように崩れるシウバ。

この美しすぎる介錯をありとあらゆるところで熱く語っておりました。布教に近いものがあるかもしれない。

この試合をどこぞの亀田さんとやらに見てもらいたいものです。本当のファイターであれば、いやファイターでなくても、このシウバの姿に感じ取るものがあるはず。シウバに送られた大きな拍手は何を意味しているのか。わっかるかなあ?わかんねかったらボクシング辞めれ。

09/16/2006 03:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

「事件は警察のでっち上げ」=痴漢で逮捕の植草教授

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060915-00000047-jij-soci

「それほど混んでいない車内で、乗車直後から女子高生に体を密着させたことが新たに判明した」「警察のでっち上げ」。いやあ、実に香ばしいなあ。

田代再び。性犯罪者の再犯率の高さを改めて世間に知らしめてしまった今回の植草一秀教授の一件でありますが、ンなまたやりやがることなんて誰もが分かってたことじゃねえですか。あの酒鬼薔薇が何年間も受けた、いわゆる「矯正」とやらをせずに、手鏡没収だけで野に放っちゃってるんだから。3度目の逮捕、刑務所行きの可能性大ということで、でもまた出てきちゃうワケで、出てきたら出てきたで溜まっているものを放出しなくちゃいけないワケで、そうするとまた被害者が出ることは間違いない。とりあえず去勢で良いと思います。

09/16/2006 01:47 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]