07 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

っていうか下剤、そしてプレイ

仕事のお供に「ブラックキャンデー(コーラ&チェリー)」を買ってえらい勢いで食しましたところ、腹痛、そして猛烈な下痢。「一度に多量を摂取しますとおなかがゆるくなる場合がございます」という注意書きが裏に書いてあって、この手の表記のある菓子を食べるとほぼ100%の確率でえらいことになるのは過去の経験より分かりきっていることなのにやっちまうんだなあ。便座に座っていきまなくても出る。

じょっ、じょぼぼぼぼぼ、ぼぼぼぼぼぼぼ、ぼぼぼおおおおぱああああああ

トイレに響き渡る肛門断末魔。特に不可抗力丸出し、空気が漏れちゃった系の「ぱああああ」がどうしようもなく恥ずかしくて、はーい、オレ今下痢してまーすっていう、なにこの敗北感。コーラックなんかよりよっぽど強烈に効きます。

08/17/2006 01:23 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑

「そ」か、そんな時代もあーったねと

そのりょーたんとの会話の中で、「双子見たいなあ」とか言われたんで、「んじゃ今度ハガキ作るんで送るよ。住所は同じトコで良いの?」と訊くと、「住所変わったんだよ。いやこの前家建ててさ、山梨だと土地が安くて良かったよ。3000万くらい」。学生の頃はジュース一本を賭けたビリヤード、ボウリング勝負に目の色変えてムキになって臨んでいたのに、そうかあ、家建てたか、か、か、か、格差。

08/14/2006 22:55 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

こんな時代もあーったねと

通勤のため乗った電車がえらく空いておりまして、ああお盆休みか、そうですか。小学生ん時からの友人りょーたんから久しぶりに電話があって、今休みで実家に戻ってきてるんだけど、山梨にはいつ帰ってくんの?とのことで、いやあ梅雨明けくらいに連休取っちゃったんだよねえ、正月くらいに会えるといいねえ、ところで今りょーたんとこの子供いくつよ、ウチは夜泣き大丈夫だね、え?マコちゃんとこ子供生まれたの?男?そっくり?で爆笑と、あのどうしようもないクソガキだった皆さんが育児話に花を咲かせるそんなお年頃で、ホント時間が経つの早すぎです。

08/14/2006 07:39 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑

最近走ってねえなあ

先程、来年2月に開催される「東京マラソン2007」のフルマラソンの部に参加申し込みをしました。が、もう既に2万5000人の定員をはるかに上回る5万人が申し込みを終えておって、走れるかどうかは10月の抽選結果待ちとのこと。選ばれながら申込金を払い込まなかったり、当日走らない人もいるでしょうから、抽選で選ぶのは2万7000人から3万人くらいの間じゃないですかね。こちらに申し込んだ理由はダイエットの動機付けだったりするんですが、10kgは痩せたいなあ、というよりも痩せなければなあ。

08/11/2006 02:21 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

YAZAWAコピペ

永ちゃんの物真似をしながらゼヒ。

6 :名無しさん@恐縮です :2006/08/07(月) 08:26:07 ID:xIWE/Xes0
どうも、矢沢です。昔、キャロルで矢沢が日比谷でワオワオやってたころにさ、
あの、なんていうのスライム?それが流行ってたわけ。
楽屋でさジョニーなんかとスライム欲しいよね、つってたらボーヤが気を利かせて
「買ってきましょうか」っていうわけ。
「おおサンキュ」つって買いにいかせたら街中売り切れだったみたいでさ
「すいません、コンニャクで代わりで」ってそいつ、こんにゃく買ってきたわけよ。
しょうがないから代わりにこれで遊ぶかあ、と思ってさ、
オレやジョニーでこんにゃく顔に乗っけたり、ぶつけ合ったりしてね遊んでたんだ。
そしたらさ。ムッシュっていうの?かまやつがバーンと楽屋入ってきてさ
「おまえら何してんの?」。オレ「いやあ、かまやつさんコレだよ噂のスライム!」。
オレ、まだ駆け出しだったし、向こうはもうビッグネームでしょ?
「はあ?」みたいな感じ。
「おまえ、矢沢、これはこんにゃくだろ?」って。ちぎって床に捨てた。
オレはそれを黙ってみてたね。しばらくしてムッシュが帰ってさ。
そしたらジョニーがそのちぎられたこんにゃく持って震えてんのよ。
「エーちゃん、これ弁償モンだよ!」って。「こんにゃく弁償してもらうべ!」ってさあ。
それ聞いてオレ、今度はこっちからムッシュの楽屋行ったわけ。
「あのさっきのこんにゃくだけど、絶対そのうち弁償してもらいますんで」。
バッキリいってきた。
それから、1週間くらい後かな、モノホンのスライムが届いたよ。ムッシュから。
そのとき思ったね。「ああ、これがスーパースターのやることだな」って。
その日のステージはスライムでリーゼントにしたよ。
途中で汗すって粘液になってたーらたーら糸引いて落ちてくんのよ。
たまたま来日してたH.R.ギーガーがそれ見てエイリアン思いついたんだって。
これマジよ。エイリアンのあの頭、矢沢のリーゼントの形なんだって。
へえ、と思ったね。


声に出して読みたい日本語として推奨。

08/09/2006 02:44 COMMENT(3)TRACKBACK(0)top↑

テレ朝で亀田父vs.ガッツ・やくみつる

夏休みも終わり、今日から仕事に行かなければならなくて正直相当ウツが入っているワケでありますが、午後からの出勤なのでお日様が高いところにあること知りつつもグダーッと寝ておったら奥さんが「面白いのやってるよ」。

テレビに映っていたのは「評論家としての立場で言わせてもらっている」と柄にもなく理論を並べて諭すように話すガッツ石松、自身の考えを崩さずに口から泡を飛ばし吼えまくる亀田父、これで亀を縛っとけと糸らしきものを亀田父に投げつけ挑発するも、「その行為はオレも反対だな」とガッツからも見放されるやくみつると、なんだか朝からやかましいなあと思いつつ、それでもまあ食いついてしまった次第でして。

亀田興毅のあの世界戦はガチンコ。それは誰もが認めていて、真剣勝負としての試合内容については何の文句もつけようがない。しかしその世界戦までの過程はというと、実力に疑問符の付く対戦相手、そして前戦は明らかなローブロー決着で、そこに派手なパフォーマンスとTBSの過剰な担ぎ上げ。んじゃあ実力を見極めてやろうかいなと、視聴者は特に亀田寄りでもランダエタ寄りでもなく、極めて中立な立場で試合を見ていて、そしてあの判定。変だ、おかしいと殆どの視聴者が思ったことについて亀田父は面白くないのか、スポーツ紙でテレビでがなりまくる。

ここではっきりさせなければならないのは、亀田興毅が純然たる「プロ」であるということ。プロとして喰っている以上、あらゆることについて批評されるのは当たり前で、そして今亀田父がプロの選手をマネージメントする立場として行っている言動は、前代未聞の馬鹿げた行為。自分自身で自覚しろ、って言ったってなあ、亀田父は真性だからなあ。

この数日間のやり取りの中で主役が亀田興毅から亀田父に代わってしまって、そして亀田父は純ヒールとしてその地位を確立してしまった。これらの泥仕合を見せられて、今回の結果に不満を持つ人たちが今後亀田を応援するとは思えない。それは二男が活躍したとしても、三男がどんなに良い試合をしても代わるものではなくて、背後に亀田父がいるというそれだけで応援しようという気が失せるという、単純にして明快な拒絶反応。つまり亀田父が前に出すぎたがために敵が増えたということで、さてこういう状況で一旦でも躓くとどうなるか。落とされるだけ落とされる、それもとことん。

「言いたければ言えばいい」と亀田興毅本人が記者会見で言ったんだし、周りもプロなんだからホント黙ってりゃあいいんだよ。黙って次の試合で結果を残せばいいんだよ。黙ってられないかもしれないけど、そこをグッと堪えて我慢するのがプロとしての本当の姿でしょうよ。

亀田の次戦は対日本人を希望します。前にも書いたけど、対戦相手は世界戦2回の実力者、そして現東洋太平洋・日本王者の内藤大助がベスト。少なからず因縁のある両者。TBSとしても煽り甲斐があるだろうし、亀田陣営としても「疑惑」「虚飾」を払拭するには一番良いようにも思いますよ。

話は戻って今朝のテレビ。鳥越俊太郎がこう言わねえかなとずーっと思ってて、結局言わずじまい。

「話が変わってしまって申し訳ないんだけど、史郎さんと暴力団の繋がりが随分と取り上げられてますね。これはどうなの?」

期待してたのになあ。

08/07/2006 23:55 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

F1 ホンダ第三期初勝利

勝ったのがバトンなので素直に喜べなかったりするんですが。

08/07/2006 23:30 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

決意表明

来年再来年の茨城ひたちなか詣にむけて、今からコツコツと貯金する事を決意致しました。

08/06/2006 13:28 COMMENT(4)TRACKBACK(0)top↑

HERO'S ミドル&ライトヘビー級トーナメント準々決勝

番組の途中で子供達を風呂に入れに行ったため、とりあえず見た試合だけ。残りはビデオを見返すとして、さてと。

×所英男 (2R判定2-0) アイヴァン・メンジバー○
いやあ、やっぱ所の試合は面白いなあ。所が良いのはどんな体勢からでも絶えず関節を狙いに行くその姿勢。ノゲイラやアローナのように理詰めで一本を取りに行くのではなく、相手のスキがある箇所を見つければ、すぐにそこをこじ開けに行って、でダメだったら自分から動きながらポイントを見つけに行く。常に動いているので試合が途切れることが無くて、総合の醍醐味が存分に出ていた好試合でした。それにしても最後の所の腕十字。完璧に極まっていたのに、メンジバーの関節ったらどうなってんだ?

×高谷裕之 (1R0分30秒 KO) J.Z.カルバン○
高谷は殴りあうことしか意識していなかった様子。あれだけわかりやすく膝蹴りを喰らうっていうのもなかなか。油断以外の何でもないでしょう。

○メルヴィン・マヌーフ (1R9分12秒 TKO) クラウスレイ・グレイシー× ※ハイライト
マヌーフがすんげー勢いでグレイシーをボコボコに叩きのめしている場面しかなくて、そういやマヌーフをあのジャンクマンチックな腰飾りというかひらひらを昔バンナが付けてたなあとか。

○大山峻護 (2R判定2-0)ホドリゴ・グレイシー× ※ハイライト
トーナメントの8人枠の中に大山というだけで香ばしい感じがしたんですが、これもハイライトだけだったし、特別な感想ってのも特に。それにしても最近のグレイシー関連株の下落ぶりは凄いものがありますね。

×ケスタティス・スミルノヴァス (1R6分41秒 腕ひしぎ十字固め) 桜庭和志○
ケスタティスのパンチが桜庭のあごにクリーンヒットして、崩れるように倒れた桜庭に容赦ないパウンド連打。まったく反撃できない桜庭の様子にこりゃ終わったなとか思っていたら、レフェリーはずーっと無視。打ち疲れたケスタティスが小休憩している間に息を吹き返した桜庭が猛反撃。そして関節で勝利。先日の亀田戦に似たもやもや感が残りました。それにしてもストップが余りにも遅すぎる。本当であれば2分くらいでケスタティスが勝っていた試合です。どちらかが死ぬまで互いを殴らせ続けるつもりでしょうか。

08/05/2006 23:36 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

亀田ブーム終焉のXデー

亀田が勝ち名乗りを受けたとき、協栄ジム金平会長が無反応無表情だったということが気になってしょうがない。あの勝利を確信していたような、いや「勝つ事を既に知っていたような」素振りはなんだったんだろうか。にしても会長の顔がパンチョ伊東を極悪にしたような感じにしか見えなくて、なので以降「極悪パンチョ」と呼ぶことにします。

ということで一昨日行われた亀田興毅のボクシング世界戦。翌朝から「疑惑の判定」についてスポーツ紙はもちろん、すべてのキー局がこの話題を取り上げていて、テレビ朝日は問答無用の非難の嵐、総攻撃。フジテレビは亀田をゲストに迎えて直接あれやこれや訊いて、その時は本人も「やばいかなと思った」、相手選手であるファン・ランダエタの印象を訊かれて「自分のボクシングが出来なかった(させてもらえなかった、のニュアンス)」など出てくる言葉はかなり素に近いものが。それを聞いてオレの中にある亀田アレルギーが和らいだかと思ったら、後の記者会見で「1ラウンドにダウンしたのは、オレ流のサプライズやな」「(対ランダエタ戦は)何回やっても勝てるけどな」。

「手数よりもクリーンヒット」と亀田本人が自覚しているなら、牽制、強打関わらずにクリーンヒットの数はランダエタの方が勝っていたし、そもそも有効打と言えるものを試合中亀田は与えていない。亀田がボディを打つたびに実況は効いた!効いた!とドえらい騒ぎようでしたが、別にランダエタはそんな素振りを見せず、逆にボディを打たれたあとに的確にパンチをヒットさせていたりする。

誰がどう見てもの展開で、この試合の平均視聴率が42.4%、判定の瞬間は52.9%。全国数千万のアンチ亀田ファンが抱いていたのが、前回のローブロー決着に対する「疑惑」。この「疑惑」が今回亀田勝利の瞬間に「確信」に変わり、ファーストオプションはTBSへの抗議。続いてyahoo!アンケートで「勝者ランダエタ」に投票、ベネズエラ大使館へのお詫びメール送信、2chへの書き込み等々の行動に走らせたと。

なんつーかな、亀田陣営の全ての発言が空回りしているというか、だから見ているこちらは痛々しくて堪らんのですよ。亀田が強気の発言をするたびにそれが火に油を注ぐ結果となり、事態が沈黙する気配を見せない。とりあえず黙っとけばいいのに、極悪パンチョだかオヤジだかが「プロ意識」を焚きつけて無理やり喋らせているんでしょう。

判定の他にも色々な噂が満載だったこの試合。前々から亀田陣営と山口組の繋がりについて噂されていましたが、今回横浜アリーナに有力暴力団の親分様たちが揃い踏みしていただけではなく、その姿がバッチリとテレビに映されてまくっており、図らずもその噂を証明する形となった今、TBSとしてはこの問題をどう処理するつもりなのでしょうか。

この話を前々から取り上げていたのは週刊ポスト。週刊現代がPRIDEと暴力団の癒着を疑惑として報じ、徹底したネガティブキャンペーンでフジテレビを撤退させたように、週刊ポストも今が旬のこの話題を掴んで離さないわけがない。さっき書いたように亀田陣営が「自爆」しているので、事実を証明するのはあまりにも簡単。ローソン、京楽、サントリー、トヨタ、KDDI、明治製菓、ナイキ、カカクコム等のうち、次戦も引き続きスポンサーシップを結ぶ企業がさてどれだけあるのか。

「オヤジのボクシングを証明できて良かった」というこういう場ではお約束の泣かせるコメントさえ受け入れられず、つまりTBSにとっても亀田陣営にとっても、アンチヒーローがヒーローになり損ねたのが一番の誤算でしょう。世論がこうなってしまったときに訪れるのはいわゆるバッドエンド。良し悪しあった亀田ブームですが、その終焉はそう遠くないうちに訪れる気がします。

08/04/2006 19:28 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]