05 «  123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

武智幸徳語録

日経の新聞記者に武智幸徳という人がいて、この人が書くW杯記事が抜群に面白い。名前でググってみると『サッカーという至福』という本を出していたり、サッカーマガジンに寄稿していたりと、サッカー界隈ではかなり有名な人らしいってなことを初めて知ってですね。

テンプレートに沿って書かれたような、大手新聞にありがちな没個性的な文章ではなく、その視点は客観的でありながら時折主観が入り、またそこに皮肉と毒が込められたりなんかするような自己主張的文章。そんな武智氏の記事をいくつか抜粋。

「伝家の宝刀であるマゾヒズム的カウンター」
・・・イタリアが得意とする攻撃システムを指して

「1対1の対応にも、南米特有の粘着質がある。ねちねちとくっついて簡単には離れない感じ」
・・・アルゼンチン選手のプレースタイルについて

「他人の家に土足で上がり込むような-」
・・・アルゼンチンFWメッシ、テベスのドリブルを評して

「所属の英アーセナルでベンゲル監督の寵愛を受ける俊才は、さりげないうまさを身につけていて既に恐ろしい」
・・・19歳のスペインMFセスクを評して

「21本のシュートのうちゴールの枠をとらえたのが14本。そこから4つの美しいゴールの詩が編まれた」
「まるで日本を栄養剤扱いである」

・・・日本戦終了後のブラジルについて

「相手のプレスをするっと外し、十分の体勢からピンポイントのパスを送れる達人たちの群れ」
・・・ガーナ戦終了後のブラジルについて

「サッカーにミスジャッジはつきもの。ピッチの中は死角だらけで3人の審判ではどんな精鋭を集めても限界がある。特にオフサイド周辺が怖い。列強の攻撃陣はいつもギリギリのタイミングでDFライン=オフサイドラインの裏を突くことをいつも狙っている。--(略)-- 日本の試合ではそんなきわどい場面は皆無だった。誰も際どく裏を突こうとしないから。副審と"勝負"するパスの出し手も受け手もいない国、いるのに策がない国、日本戦を担当する副審は楽だ」
・・・今大会における審判評

「数と色ではオレンジ軍団のオランダが目を引き、柄の悪さではサッカーの下手なルーニーみたいな面相のお兄さん方をそろえたイングランドが他を圧する」
「--(略)-- フランクフルトのレーマー広場に行って驚いた。中央に噴水があり銅像が立っているのだが、そこによじ登っているオレンジ色のおバカさんがいた。銅像にユニホームを着せようと必死なのだった」
「真っ昼間から街の目抜き通りや駅前でビールをしこたま腹に入れ、高歌放吟を繰り返す。--(略)-- 傍若無人という言葉が、これだけぴったりくる風景もないのかもしれない」
「それがW杯だと、そろいの色のユニホームを身にまとい、旗指し物を押し立てて、よそ様の街に進駐し占拠してもすべてが合法。過去の何かの記憶と結びついているのかは知らないが、人の庭を踏み荒らすこの快楽らしきものが、遠慮がちで気の弱い私によくわからない」
・・・各国から押し寄せたサポーターについて


当然他にもW杯の担当記者がいるんですが、その人達の記事と比べるとやはりどこか異質。記事なんだけどどこか随想、評論かと思って良く読むと暴走気味、そんな感じ。名前で読みたいと思うなんてことは、ギャンブルで実生活を破綻させ、ヌッ壊れた精神状態のまま、情熱、偏愛、冷淡、自嘲、あらゆるものがギラギラとこんがらまった文章を書いていた畠山直毅以来でしょうか。

06/29/2006 02:37 COMMENT(6)TRACKBACK(0)top↑

深海魚のことなんだとか

月曜日の立ち読み対象はというと「ビッグコミックスピリッツ」に「ヤングマガジン」と決まっておりまして、って言っても「ヤンマガ」で読むのは古谷実の『わにとかげぎす』のみ。

古谷実の前作『シガテラ』は人間の本能と狂気、日常と非日常の狭間を描いたいわば問題作。次のページに進むのをためらってしまうような救いようのない展開もざらにあって、それもらしいっていえばらしいんですけどね。しかし今回の『わにとかげぎす』は今のところ『シガテラ』のようなゾクッとする怖さはなくて、しかし連載が始まってからまだ十何回なのにも関わらず、もう既にあらゆる伏線が張られまくり。

http://www.yanmaga.kodansha.co.jp/ym/rensai/ym/wanitokagegisu/001/001.html

主人公はスーパーの警備員。もう既に人生を諦めたところがあって、誰とも触れ合いたくない、交流を持ちたくない、仕事から家に帰ってきてすることは寝ることだけ、そして夜に起きてまた警備の仕事に、という生活を送る容姿の冴えない32歳男。スーパーに脅迫状が届けられ、その犯人を知っているということでホームレスと知り合い、そのホームレスが借金まみれでヤクザにボコボコにされ、主人公はその借金を肩代わり。本当は犯人を知らないんだと打ち明けたホームレスは「生まれ変わってみせる」と主人公のもとを離れ、そしてお隣はトランプのジョーカーの絵が初恋の対象という美人さん。傍目にブサイクな主人公に対し猛烈な恋心を抱くものの、過去に恋愛を失敗しているトラウマからもう人を好きになってはいけない、だけど・・・と全身で葛藤中。主人公は脅迫状を送りつけた犯人(坊主のガキ)を捕まえ、その理由は「お前のしている警備員の仕事が羨ましかったから」「辞めれば募集があると思って」。そして警備員を増員せざるを得なくなったスーパーが雇ったのはこの脅迫状を送りつけた坊主と、体格が良い超バカ。

だったっけかな。うろ覚えでざーっとですがこんな感じでした、確か。まだ第1巻は出ていませんが、最近こういうのがありますよということでとりあえず。

06/28/2006 03:47 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑

ヤフオク転売厨

こういうバカとっ捕まえてくんねかなとか思う。

http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/yspgx380

06/27/2006 10:59 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑

身長191cmの爺さん

ほーオシムですか、って千葉のことはよく知らないし、詳しいことはウィキペディアで見た限りですが、見た限りでは良いと思います。ジーコより、遥かに。

千葉オフィシャル内のオシム語録
http://www.so-net.ne.jp/JEFUNITED/goroku/index.html

■2006年4月12日(水)新潟戦 試合後の会見

Q.GKのミスがあったものの、シーズン当初よりも走れているように思うが

「GKはミスしたと簡単にいうが、そういった目で見られるとGKも厳しい。GKがミスをせずに全部止めていたら、たぶん、彼はアーセナルにいるでしょう」

■2006年3月21日(祝・火)清水戦 試合後の会見

Qパスミスが多くドタバタしていた感があるが、結果が出ないことによる心理的なものからきているのか

「首にナイフを突きつけられた、ギリギリの状態だったといえるだろう。その中で確実にプレーするのは難しい。あるいは今の質問に対して答えが難しいのは、プレー中にミスをするのはウチだけではないからだ」

Q今日の勝利でナイフが少し首から離れたか

「まだ突きつけられた状態だね。ただ、そっちのほうがウチにはいい。ナイフが離れてしまうと、またプレーが悪くなってしまう」

■2006年3月18日(土)福岡戦 試合後の会見

「巻にとっては難しい試合だった。巻は戦って走るプレースタイルの選手。彼に何もいうことはない。はっきりとは言わないが、巻に足りないのはそういったことではない部分。それは巻も知っていること」

「巻には何もいうことはない。巻はジダンになれない。だけど、ジダンにないものを持っている」

面白いッスねこの爺さん。まだ正式に監督になったワケじゃないけど、オシム体制初戦で誰を代表に呼ぶのか、これにかなり興味をそそられております。

06/25/2006 01:00 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑

イタリア代表の素敵なヤツラ

という見出しで2chで拾った。

------

636 :名無しさん@恐縮です :2006/06/24(土) 16:21:27 ID:/XXHompM0
● イタリア代表の素敵なヤツラ ●

トッティ→
ウイイレ厨、ウイイレの技を試合で試してマルディーニに怒られる
日向のネオタイガー何とかの練習して骨折までしたらしい。

カンナバーロ→
ルパン三世とキャプ翼好き。日テレで不二子フィギュアもらって狂喜

デルピエロ→
風雲たけし城と新日プロレス好き。来日時、藤波に技かけてもらい
嬉しそう&帰りの成田で貰ったタイガーマスク装着

20060625DelPiero.jpg

インザーギ→
幼少の頃にザンボット3の最終回を見て精神的トラウマになる。
自宅にキャプ翼の単行本があるのをお宅訪問した武田に発見される。
一番好きなモビルスーツはリックディアス。
弟シモーネ(元イタリア代表)とザクの取り合いで喧嘩。

ネスタ→
プレステのやり過ぎで親指を痛め試合を欠場。

ジラルディーノ→
パルマからの移籍で深刻に揉めていた昨夏、
胸に翼君のプリントされたTシャツを着て報道陣の前に登場。

20060625Gilardino.jpg

------

んで、ほぼ同じ内容を紹介していた違うスレにこんな内容が。

------

749 :2006年まで名無しさん :06/06/20 15:21 ID:XpDw7EEM
イタリア代表のオタってのは嘘だよね?あのデルピエロがタイガーマスクを被ったりなんてコラだよね?

756 :2006年まで名無しさん :06/06/20 18:20 ID:N1L6bixU
>>749
残念ながらネタじゃないでつ、ハイ
デルピエロは風雲たけし城も大好きなんです

758 :2006年まで名無しさん :06/06/20 20:45 ID:s.OB.KsM
>>749
深夜のプロレス番組に登場して藤波にドラゴンスイーパーかけられて喜んでた。
「イーナズマ!イーナズマ」とまでテレビで言ってた。よってガチ。

759 :2006年まで名無しさん :06/06/20 21:51 ID:up/0TS2w
佐山に会いに行ったけど佐山はデルピエロ知らなかったから、デルピエロの方が
ペコペコしてて佐山は普通のファンに接する姿勢だったんだよな

------

すげーデルピエロ。「イーナズマ!イーナズマ」て完全に重度のなんかじゃねーか。

06/25/2006 00:32 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

日本のワールドカップが終わってしまった

前半45分まで良い夢が見れましたよ。あと一点!と気持ちが昂ぶっていたところにポッチャリがのっそり飛び上がって同点、とんでもないミドルを決められて逆転、完璧な3点目を入れられ、ポッチャリが振り向きざまに4点め。ブラジルの選手交代も最後はGKだったからなあ。これ以上の屈辱はないってなそんな負け方。また4年待つしかねーんだなあ。

「孤高」の中田ヒデについてこんな記事が。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060623&a=20060623-00000018-maip-spo

ドイツ入り後、明らかにいらついていた。「走るという基本ができてない」「戦う準備が足りない」。味方への批判と取れる言葉がたびたび漏れた。選手だけの食事会の翌日の練習でも、仲間とほとんど会話せず、アップも1人で行った。
68年のメキシコ五輪で日本を銅メダルに導いたデットマール・クラマーさん(81)が大会直前、「問題なのは選手の半分が中田の考えを好きではないこと。チーム内で中田がどう振る舞い、仲間が中田をどう扱うかがカギだ」と話し、示していた懸念。それは、中田選手のそんな振る舞いに、現実となって表れていた。

こちらの18にある画像を見れば、中田英と他の選手たちの距離がイヤでもわかると思います。中田英を中心に結成されたチームであるのにも拘らず、チームの中心に中田英がいなかった、というか他の選手達がそれを望まなかった。中田英とチームメイトの意思疎通が殆どないまま大会を迎えてしまった。それでも戦略上、重要なポジションに居るのは中田英。低調に終わったマルタ戦後のこのインタビューが全てだったように思えます。

http://www.youtube.com/watch?v=QBuWcYgzheo

「気持ちの問題なんで、それぞれが感じないことにはどうにもならないでしょうし、僕は自分のコンディションを上げることに集中したいと思います」

この試合で中田英は明らかに通ることのないパスを味方に出し続けた。そんな「挑発的行為」を受け、且つ選手各々が中田英に対し複雑な心境を持つ中で、この発言。「お前らなんでわからないの?じゃあいいよ、オレひとりで仕事進めるから」。W杯本番1週間前の言葉として、またこれがマスコミを通じて流されたことに対して、これが適切だったとはとても思えない。

マスコミは揃って「孤高」という言葉を使い続けたけれども、中田英が大会期間中ずっと「浮いていた」存在だったということは明白。中田英が23人枠に入った理由は、自身が持つスキルそして国際試合の経験、実績。これらの貴重な経験談を中田英は選手達に伝えることができたんだろうか。

参考として、2002年W杯の日本代表の様子を収めた「六月の勝利の歌を忘れない」より。

http://www.youtube.com/watch?v=fuyQmX9vN74

トルシエが中山、秋田をあえて召集した理由がよくわかる。今回のチームの中に、このような役割の選手が居たんだろうかな。

オフト、ファルカン、加茂、岡田、トルシエと大なり小なりこつこつと積み上げてきた財産を、このジーコ体制の4年間で一気に喰い潰してしまったような気がしてならない。ジーコに対して言いたいことはもうない。代表監督の座を踏み台にして得た欧州クラブ監督、無事念願叶って良かったですね。頑張ってください。二度と日本に来ないでください。

ああ、アジア予選の段階から心配しなきゃいけないような状況にまたなろうとはなあ。

06/23/2006 22:40 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑

ワールドカップ 日本vs.ブラジル プレビュー

帰りが遅くなってしまったんで警察に確認できませんでした、明日問い合わせてみます、とまず最初に添えておいて、さああと何時間かでブラジル戦。日本が勝ってブラジルのW杯連勝記録を止めるのか、それとも主力温存、若手中心のブラジルに大虐殺を喰らうのか。そして初めてスタメンを公にしなかった日本監督の痺れるお言葉。

――メンバーがトレーニングでは分からなかったが?

今まで70数試合やってきて、皆さんにはすべて前もって話してきた。しかし、今回だけは語るべきではない。勘弁してほしい。いずれにしても、今までとは違ったシチュエーションとしか言えない。チームは明日の試合前に分かる。

今回だけは、語るべきではない。今回だけは。ほほう、今回だけは。おい、オーストラリア戦、クロアチア戦と今回のブラジル戦、何がどう意味が違うんだ?

勝たなきゃいけないこと、勝つべき作戦を取らなきゃいけないことはどの試合でも一緒じゃねえかこのバカ監督が。グループリーグのライバル3カ国の優劣を見比べて戦略を立てていられるような余裕が一体どこにあったんだ?結局のところ、最善を尽くすってことを今までやってこなかったってことじゃないのかいな?ほとほと呆れた。今頃になって「戦略を隠す」という極めて基本的なアビリティを会得した英雄ジーコの無能力さに拍手。

監督のことを何それ言ったところでピッチの上に立つのは選手。とりあえず作戦は「ガンガンいこうぜ」に決まりきっているので、FW、そして先発が予想される中田、中村あたりはひたすら前へ、前へ。ガッツリとアグレッシブにやって欲しい。DFの中澤、坪井、ボランチの誰か、そしてグループリーグ2巡目のベストイレブンに選出された川口で猛攻を凌いでもらって、うん、可能性は限りなく低いけれども、決勝トーナメントに進んでくれないかなあ、ホント。

まさか柳沢と高原が先発で出てくるなんてことは・・・。

06/23/2006 00:19 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

今、調布近辺が物騒ですよ

スーツ着て普通に会社に来ていた後輩が午前の中途半端な時間帯に「んじゃあ、帰ります」と突然。え?なんで?と聞き返すと、「いや、今日元々休みなんで・・・」。当然「え?じゃあ何で会社に来てんの?」と、そしたら後輩が、

「・・・強盗に遭っちゃったんですよ、はぁ」

「はあっ!?誰がぁ???」
「いや、自分が・・・」

後輩はその時の様子を上司に説明しに会社に来ていたらしく、そしてそこにいた皆が後輩の方を向いて、その後輩は引きつった笑顔を浮かべながら、でも少し声を震わせてその時の様子を話し始めてですね。

「夜の10時頃だったんですけど、デニーズのある通りをセブンイレブンの方に行って、そこまで行かないところに斜めに入る道があるじゃないですか。横に畑とかある。で、そこを行くと丁字路があって、右に曲がると会社の寮があるところの、そこです・・・」

その現場とは自分が2年半住んだ会社の独身寮から20mくらいの場所。確かに夜は人通りが少なく、街灯も薄暗いので気持ちの悪い場所といえばそうなんですが、まさかそんなところで。ちなみに高田純次の実家の目と鼻の先。

「後ろからなんかを突きつけられて、『こっちに来い』って言われて・・・。後ろからだから全然顔とか見てないんですよ。で首筋にナイフみたいなのを当てられながら、近くに小さい駐車場があるじゃないですか、そこの車と車の間に押し込められて、『携帯出せ』って言われて出して、『財布出せ』って言われて出して・・・」

「『今からオレの仲間を呼ぶから。逃げないよな』とか言われて、逃げませんって。でなんか誰かと携帯かなにかで話をしてたんだか、でそいつが行ってから自分はそこに5分くらいじっとしてて・・・怖いから正直にそこに居たんですが、でも周りを見たら誰もいないし・・・」

「20万くらい入ってたんですよ。スロットで久しぶりに勝って、でこれですよ・・・。警察からは換金したところからつけられてたんじゃないかって言われました。ホント夜歩くのが怖いんですけど・・・」

自分の職場周辺で変なヤツがウロついてるらしいから気をつけて帰るように、っていう話が先々月くらいにあったんですよね。2chにもそのことが書かれてて、単なる噂話かなあと思っていたらホントだったと。しかも会社の人間がこういう被害に遭ったのは今回が初めてではなく2回目。最初は4月の下旬くらいの真夜中、やはりいきなりナイフを突きつけられたものの走って逃げ切ったとのこと。

「警察で話したら『こういう届けが複数出ている』って言われました」

確かにパトカー、警官がウロウロ歩き回っている様子は目に付きますが、警察署からは「不審者出没情報あり、近隣住民の方は気をつけてください」ってな忠告は無いみたいだし、マスコミも取り上げていないっぽい。こんなんが続いて、やがてホントに人が刺されたりなんかしたらシャレにならないし、まずはどっかのテレビ局がこの不審者情報のことを取り上げてくれないかなあ。明日辺りにでも、この件の取り扱いについてどうなっているのか警察署に聞いてみようと思います。

06/21/2006 23:27 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

ワールドカップ 日本vs.クロアチア終了

いーやー、ここまで消化不良のゲームをしてくれると、逆になんか清々しい気持ちになりますね。

中田ヒデが言うとおり勝てた試合、しっかしそんな中田も供給するパスもどうにも精度が悪すぎて、そして相変わらずFWの連中は何やってんだあ?三都主もキレてんだかキレてないんだかよくわかりませんでしたがオフェンスは良かった。宮本、試合中必ず一回は大ポカをやらかしてしまう悪癖は変わらず、そしてMVPはどう考えても川口。凄まじく神懸かっていて恐ろしい限り。

ブラジル戦の希望スタメン 4-4-2
【FW】 巻 中田英
【MF】 中村 小笠原 稲本 遠藤
【DF】 三都主 坪井 中澤 加地
【GK】 川口

中田は少し下がったFWの位置で、んでオレが監督だったら柳沢、高原、玉田、宮本は絶対代表に呼ばない。それから現地のサポーターはこの引き分けをなんで喜んでんだ?

06/19/2006 00:26 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑

ワールドカップ 日本vs.クロアチア プレビュー

20060618cro_jpn_data

今回も「サカつく'04」のデータを引っ張ってきてみましたが、クロアチア選手のデータが欠けまくっているのと、日本選手のパラメータがえげつなく高いのとで、こんなんやって何の意味があるんだかなあなんて表の作成途中に思ってきちゃったりして、ちなみに「サカつく'04」は高原とイブラヒモビッチの能力の差が殆ど無いようなゲームです。

こんなことは改めて書くまでも無いですが、日本にとってもクロアチアにとっても、この試合で負けてしまうと決勝トーナメント進出はほぼ絶望。代表レベルの試合としてみても、ここら辺のガチンコ具合はジョホールバルくらいまで遡らないと無いかもしれないですね。特に日本は次の相手がブラジル。王者に勝てるとしても大差での勝利は望みづらい。

兎にも角にも負けられない試合。引き分けでも厳しい。監督のバカっぷりは日本もクロアチアも変わらないようなので、こうなると選手各々の能力や、あんま使いたくない言葉だけど精神力、そこら辺の勝負でしょうか。

あとはミドルシュートの有効性を選手達がどこまで認識しているか。アホみたいな変化を見せる今大会の公式球。高原、柳沢という攻撃意識に欠けた2トップよりもMF勢の方がシュートが正確だし、特に小笠原は前2人にパスを送るのなら、まずシュートを第一の選択肢として考えて欲しい。あと大黒の起用は後半15分くらいが理想かなあ。30分間みっちりと前線をかき回してもらいたい。それと三都主の出来。乗っているときはアンストッパブル、しかし気持ちが折れると全く動かなくなる典型的なラテン民族気質の持ち主なだけに、前半の15分くらいまでに三都主を基点として、願わくば1ゴールを取れればここら辺は心配ないかな。

何の波乱も無かった予選リーグ1巡目と異なり、この2巡目はガーナがチェコに勝ってみたり(でもガーナは'95U-17世界選手権優勝、'01ワールドユースの準優勝国だったりする)、アメリカがイタリアと引き分けてみたり(でもアメリカのサッカー人口は世界一多いとか言われてますね)、徐々に波乱の要素が加味されてきており、だったら日本が勝ってもなんらおかしくない。

06/18/2006 15:35 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]