03 «  123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 05
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

昨季の業績が良かったらしく

会社から大入り袋チックな期末賞与が出たのは良いとして、本社からこんなメールが送られてきた。

「会社の名前入りワッペンを作りました。一個4000円、二本線入りは4700円。希望の方は総務○○まで」

確実に浮かれ上がって、いや、完全にトチ狂ってます、上層部。

添付されたバカでかいjpgファイル開いたら、サッカーのクラブチームみたいなロゴマークの真ん中に、会社の名前が入ってんの。利益を株主に還元もせず、僅かでもこの分をプラスして社員に分配するでもなく、万が一の事態のための内部留保分にも回さずに、ワッペン作ってんの。ワッペンだって、ワッペン。ワッペン、んーワッペン。ワッペンかあ。頭をひねって、脳を揺さぶっていくら考えてみてもその用途が全く思いつかない、ワッペン。

なんかまた離職者が増えそうな気がする。

04/30/2006 00:07 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

マクドナルドがまた値上げとか

オレは迷わずモスへ行く。

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20060420AT1D1907L19042006.html

えびフィレオ好調で、とか言ったところでマクドナルドの目指すべき方向は高級志向でなく、牛丼でいう吉野家とか松屋のそれだと思うんですが。昔の「平日半額」とか、狂おしいほどデフレにまみれていたそっちの方。

そうしたら客単価が下がってしまって儲かりません、なので値上げしますとか、ガキが足し算引き算やって経営ごっこやってるんじゃないんだから、他にもっと考えるべきことがあるんじゃないですか?ということ。

04/29/2006 23:43 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

よいこのための消費者金融講座2

リボルビング払いとは?の復習。例えば50万円の融資枠を設定、まんま50万円を借り、そして毎月の返済額を2万円と決めたとする。毎月何日にその2万円を支払い、その内訳は利息と元金充当分。元金充当分とは利息を計算する元になる金額、つまりこれを元金と言いますが、それを減らす資金のこと。元金が減って、融資枠に空きができたらその空き分だけまた借りることができるというのがリボルビング払いです。ふう。

27日の日経の記事に「リボ払い最長3年に -多重債務者を抑制-」とあってまあそうだわな。債務者の毎月返済額が少なければ少ないほど、つまり返済期間が長ければ長いほど債権者は儲かる=いつの間にか債務者に負担を強いている仕組みになっているのがこのリボ払いな訳だし。そして融資枠いっぱいにまた借り直してくれれば債権者はもっと儲かる。

ただ、リボ払いの返済期間を短くしたから多重債務者が減るかというとそうでもない気が。返済期間が短いということは、即ち債務者が債権者に対して毎月の返済する金額が上がるということだから、もしこれが払えないとなると今度はその金額を借りるために奔走する形になるんじゃないかと。

月4万円×2社の支払いがあるとして、今月は出費が重なりとても払えません、んじゃあA社さん10万円を貸してください、このA社は月返済額1万円。月の返済額が8万から9万円に上がって、そして1年半位して10万円を返しきれれば、返済額が9万円から8万円に下がって・・・と、ただ一旦消費者金融に手を出してしまうと、順調に元金を減けることは難しいでしょう。つまり返済額が上がったがために、次の借金を繰り返してしまうパターンが、今までより多く発生してしまう恐れがあります。

消費者金融各社が審査を厳しくするなどするのが本当は良いんでしょうが、出資法で規定された利率が認められなくなり、利息制限法上の利率まで下げられてしまうと、今度は法人同士の生存競争が活性化してしまい、できるだけ新規顧客を囲い込もうと、もしかしたら逆に審査を甘くするかもしれませんね。審査が甘くなればそれは多重債務者の抑止にはならないので、結局今までどおり、かなあ。

とまあ言いたいことはただ一つ。政府の対応が遅すぎるよ。アイフルのやったことは、6・7年前に商工ファンドがやったことと一緒なんだからさあ。

04/28/2006 02:08 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

今日の立ち読み週刊モーニング

「はるか17」で、いーーーー!そう展開するかあーーーー!!といきなりの衝撃、「島耕作」は読んでも読まなくてもの平坦ぶり、毎回ハズれなしの「とりぱん」、「青春の門」は最終回まであと2週、小説を買って読むしかないのかあ、あ、「エレキング」見るの忘れた。

04/27/2006 23:36 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

よいこのための消費者金融講座

アコムが熊田曜子、レイクが夏川純、そして問題のアイフルが安田美沙子で、それぞれ共通することといえば何でしょう。答えは『所属事務所が同じ』。ピラミッドっていう事務所らしいですね。昼夜を問わずCMを打ちまくる消費者金融のイメージキャラクターに選ばれることは、タレントを売り出すための手段としてこれ以上のものはなく、「消費者金融連絡会」に加盟している5社プラス旧加盟の1社、あわせて6社のうち3社が同じ事務所っていうのはある意味快挙。あと付け加えるならアイフルの本社所在地と安田美沙子の出身地は同じ京都、って別にンなことはどうでも良くてですね。

アイフルの一部社員がムチャクチャやって行政処分を喰らったワケですが、アイフルの取り立て行為が結構激しいということはかなり前から耳にしておりまして。「お前らなんて潰すのなんともねえ」「金融監督庁でも何でも行って来い」など、まあ何ともアレな取り立て行為が録音されていて、それがメディアで随分と流されていましたが、その罵声の浴びせ先が債務者でなく被害者の会の相談員というのだから恐れ入る。

社内でどーんな教育を受けていたのだろうかこのヴァカは。債務者以外、つまり弁護士はもちろん相談員等に対してケンカをふっかけるなんてことは自殺行為を超えていわば自社に向けた自爆テロ。全ての会話が録音されてるなんてことは普通に考えれば分かることで、「バカヤロー!!!」なんて叫んでたこのリアルヴァカの脳みそは多分クルミ大。

このヴァカを庇う気にもなれませんが、普通こういう業界は貸付のノルマもあれば回収のノルマもあって、その回収の方がうまく進んでなかったんじゃねえかなあなんて。これも推測ですが、貸付はシステム化されたところもあって、職業や年齢、年収、他社の借り入れ件数・残高などから計算して「貴方には幾ら貸せます」ってのがポンと出て、これに店長さんとかの判断でプラスマイナスが付くとかのはず。今月は貸付のノルマに行かないかも→貸し出しの基準がいくらか甘くなる→不良債務者予備軍に貸し付ける率が上がる→回収がし辛くなる→回収のノルマが厳しいかも→「バカヤロー!!!」と叫んでみる、そんな負の連鎖が起こりうるんだなこの業界は。

さて出資法で規定された年利29.2%と利息制限法の上限(元本が10万円未満の場合は年利20%、10万円以上100万円未満の場合は年利18%、100万円以上の場合は年利15%)の間にグレーゾーンってのがあって、これが問題になってるんで撤廃しようとかそこら辺の動きについては散々色んなところで語られているので割愛。まあグレーゾーンを簡単に言えば、本当は債務者に対して債権者は15%から20%の間の利息しか取っちゃいけません、でも債権者と債務者の間で年利29.2%でも構いませんよという合意がされているからまあ良いでしょう、という見解のこと。

このグレーゾーンが完全に取り払われると大手4社(武富士、アコム、プロミス、アイフル)の純利益が2700億円減るという試算があるそうですが、自分なりの見解としてはまあ良いんじゃね?ということで。だって大体に利息取りすぎなんだし。

例えば年率18%、定額リボルビング払いで50万円借りたとして、これがいわゆる元金。毎月返す金額を2万円とすると、

500000(円) × 18% ÷ 365(日) × 30(日)

の計算式で出てくる7397円が1ヶ月の利息で、差し引いた12603円が元金に充当されます。残り487397円が元金で、次の月は利息7211円、元金に充当される金額は12789円で元金474608円、次の月の利息は・・・の繰り返しで、リボ払いだから50万の枠から残元金を差し引いた金額をまた借り受けることも出来たりなんかして、思惑通り借りたら元金がまた50万円に。

これが繰り返されると借金の無限ループという構図が出来上がって、なんスかね、要するに消費者金融業っていうのは「濡れ手に粟」を地で行く商売ということが良く分かります。さらにそこに絡むのが大手都市銀行だったりするのでタチが悪いんですけど。

まあよく言われるように、こういうところからは借りないのが一番ですね。ちょっとしたお金がなく、どうしようもない時はどうするか。その時は借りる金額を少額にとどめておき、返す金額を多めに設定。ちなみに50000円くらいであれば、1ヶ月(30日)の返済額は1000円前後のはず。「50万まで借りれますよ~」なんて言われて、じゃあいい機会だからなんてやりとりをしてしまうととんでもないことになりますのでご注意を。

あー、副職で相談員とかやろっかなー。

04/25/2006 23:55 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

明日は初給料ですか

今朝も元気に立ち読みをしてまいりまして、今週のビックコミックスピリッツ「バンビ~ノ!」の中のセリフ、「若いうちに地道なことをやっておけ、その地道にやってきたことが将来自分を支えてくれる」。微妙に違うだろうけど、確かこんなんだったかな。それを見てうんうんと頷いちゃったよ、コンビニで。

新入社員の皆様。ホント若いうちに地味ィな仕事をコツコツバリバリ、もしアレだったら自分から率先してやっておいた方が良いですよ。まだ30のオレが言うのもなんだけど、20代前半の時のあの経験は無駄じゃなかったなあと心から思います。ンなことやって何になるんだという仕事でも、後々やっておいて良かったと思える日が必ず来るはずです。いやホントに。

04/24/2006 23:55 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

いまそこにある危機

ウチの子供の顔が、



堀紘一に似てきたような気がするんだけどどうしよう。

04/20/2006 23:05 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

育児誌「Baby-mo(ベビモ)」がすげえ

奥さんがひよこクラブと一緒に買ってきた主婦の友社発行の雑誌「Baby-mo」 。今月号の特集にあったのがこれ。



「ドクター岩室のおちんちんなんでも一問一答」

泌尿器科の医師である「ザ・チンコマスター」岩室先生が乳児のチンコのトラブル、悩みなど、どんなことでも答えてくれるこの特集。ここに「おちんちんの一生」なる書き物がございまして、これがまたなかなか熱い。



「赤ちゃんのころ」はお母さんが皮をむいていつも清潔にしておきましょうとは、まあこれは育児誌ですから、特に初めての子供であればそこら辺を不安に思う人は多いはず。特集内には「むきむき体操」なる皮むき手順があったりして、むいてむいてむき過ぎて、ブリッと中身が出たまま戻らないときは先っぽを潰すようにして戻してあげましょうってンなことできるワケねえ。潰せて。



「中学生のころ」。いやあそうですねえ。甘酸っぱくも二度とこの頃には戻りたくないですねえ。手におえないガキで、そして猿でした、うーん、ホント猿でした。



「高校生のころから30代」にかけてのチンコあれこれ。ここら辺の内容になるともはや育児本ではなく、ティーン向け女性誌の内容に近いものがあります。記述として適当かどうかはわかりませんが、とりあえず「おちんちんが人生で最も活動する時期」だそうです。



「40代から70代」にかけて。迫りくる老化とその自覚症状について記されていますが、あのお、これって育児誌ですよね?

そしてまだあるんだまた。



「尊敬の念をもって労をねぎらってあげましょう」
「尊敬の念をもって労をねぎらってあげましょう」
「尊敬の念をもって労をねぎらってあげましょう」

そっちの方に使われなくなったチンコがこんなに敬われるのであれば、「チンコ供養」みたいな行事があってもおかしくない。針供養みたいに豆腐やこんにゃくにチンコを挿すとか、ってあ、勃たないのか。

んじゃあ、向こうから下半身丸出しの爺さまが歩いてきたら手を合わせなきゃいけないとか。

「・・・ふごふご、ふごふご」

「あらお爺ちゃん、まあなんと立派なイチモツでしょう。長いことお疲れ様でした」

一見黒かりんとうなそれに手を合わせる仲良し女子高生3人組。

「お爺ちゃーーーーん!!勝手に外に出ちゃダメでしょおおお!!」

パンツ片手に向こうから駆けてくる嫁。

04/19/2006 23:55 COMMENT(0)TRACKBACK(1)top↑

タカツカ家結婚式&披露宴 2

奥さんが前勤務先の上司さんから「今までたくさん結婚式出てるけど、こんなのはじめてだよ」という言葉を頂いたそうで、その時はああ楽しんでもらえて良かったとのほほんとしておりましたが、おや、それって「披露宴でそこまでやっちゃあマズいだろ」の意味じゃないかと今なんとなく。

お世話になった館長さんのところが詳しい

ワタクシ新郎の中座用BGMは「ヒゲダンスのテーマ」。クジで新婦側のご友人の中から一名を選び、そして運悪く選ばれてしまった方と自分はヒゲをつけ退場。「や!や!や!はずかしい!ちょ!はずかしいっ!」というご友人の声を全く無視して腕を組んで(上腕でキュッと挟んで)退場。ステップは当然ヒゲダンスで軽やかに。

実は前日、折角ヒゲダンスなんだし何かやろうかなとか考えていて、買ってきたのはフォークとキウイフルーツ。離れたところからキウイフルーツを投げてもらい、口に咥えたフォークでサクッと刺して受け止める、大喝采。それをイメージしながら練習をしてはみたんですが、キウイフルーツってズシリと重いんですよね。しかも熟れてないんで結構硬い。

5回くらいやって2回うまくいったのかな。ただ、投げられて顔に迫ってくるそれが超おっかない。万が一鼻に当たれば流血必至で、披露宴で血は流しちゃいかんだろという冷静な気持ちと、奥さんとウチの母親が口にした「サムい」という一言で泣く泣く諦めました。

04/17/2006 23:55 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑

タカツカ家結婚式&披露宴

ちんたさん、素晴らしい司会をありがとうございました。
館長さんとやまださん、余興をありがとうございました。

先日15日の土曜日に立川にて結婚式と披露宴を行いまして、無事終了致しました。受付などをご協力いただいた皆さん、ご出席いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

披露宴は会場に隣接されたガーデンを使うことを予定していたため、この1週間はもうひたすらに天気予報を眺め続けておりました。曇りで降水確率40%から、晴れ間がのぞいて雨の心配はほとんどないとの予報に変わり、寒いけれどもまあ良かったとホッと胸をなでおろしたのも束の間、中央線が工事の関係で全て各駅停車に変わるというじゃねえですか。

これってば桃鉄でいう牛歩カードをバラ撒かれた状態と全く同じでございまして、また自分らもそんなことを全く知らなかったもので、当日大阪から駆けつけた親戚一同が親族紹介に参加できず、そして結婚式にも遅刻。のっけからハプニング満載。

んーと、本当は昨日色々と書きたかったんですが、披露宴でメチャクチャ飲んでしまって、それがまた久しぶりの酒だったもんで、帰ってからガンガンとズキンズキンと頭がまあ痛いのなんの。寒気はするし冷や汗は出るし、子供は2人揃ってミルクを飲ませろと泣きわめくし。

明日以降ちょこちょこと書き足していきます。とりあえず、披露宴内で生演奏してもらった曲と予定だった曲、CDで流した曲をつらつらと。

【ウェルカムパーティー】
Canned Heat / Jamiroquai
Fuel / the band apart
A thousand miles / Vanessa Carlton
sweet dance / RAM RIDER
SHININ' / MONDO GROSSO feat. Kj
BLUE BE-BOP / RIP SLYME
A列車で行こう

【入場】
Through the fire / Chaka Khan

【ケーキ入刀】
Gretest Love of ALL / Whitney Houston

【歓談】
虹の彼方に
素敵な夢を叶えましょう / サザンオールスターズ
慕情 / サザンオールスターズ
煙が目にしみる
希望の轍 / サザンオールスターズ
群青日和 / 東京事変
Akatsuki / PE'S
Tomorrow never knows / Mr.children
Danny Boy

【新婦中座】
overjoyed / Stevie Wonder

【新郎中座】
ひげのテーマ

【再入場】
美しく燃える森 / 東京スカパラダイスオーケストラ
銀河と迷路 / 東京スカパラダイスオーケストラ
september99 / Earth Wind & Fire
ワンダーフォーゲル / くるり
traveling / 宇多田ヒカル
太陽と埃の中で / チャゲ&飛鳥

【デザートビュッフェ】
LAYLA / Eric Clapton
HALE NO SORA SITA / PE'S
Fantasy / Earth Wind & Fire
After the love has gone / Earth Wind & Fire

【退場】
What a wonderful world / Louis Armstrong

【送賓】
End of the road / Boys Ⅱ Men
stay gold / Steady & Co.
just in time / Doping Panda

選曲にクラシックの楽曲が1曲もないというのが、ある意味こだわりになるんですかね。

04/16/2006 23:55 COMMENT(4)TRACKBACK(1)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]