11 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 01
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

良いお年を

実家@山梨であります。

今年は色んなことがありすぎました。一年の幕開けはサンボマスターのカウントダウン@幕張、でクラブイベント宙靖(トキヤス)開催、四万温泉で猿にカモシカを見て、カノさんの妊娠→結婚、お腹の中には2人居ましたよ、引越し、ロックインジャパンフェスにて大騒ぎ、不動産屋とのトラブルで裁判所へ、結婚パーティー嬉しかったなあ、そして11月29日に出産。

今年一番のニュースは扶養家族が3人増えたことですかね。保険や年末調整の関連書類の書き方がわからなくて、会社の人事部、市役所、保険組合、社会保険事務所などなど毎日のように電話。あとは裁判、頭にきた勢いでとことん法律のことを勉強、そして交渉。面白い経験ができました。

そして友人、家族のありがたさと温かさを感じまくった一年でした。結婚と出産を色んなところからお祝いしてもらってね、こんなに嬉しい事はありませんよ。これだけしてもらったんだから、今度はオレがする番です。お祝い事があったらなんでも言ってください。全身タイツでどこへでも駆けつけます。

今実家には、両親、帰省中の弟、ウチら夫婦、そして「フニ、フニ、ニュワアアアア!!!」のツインバズーカ、計7人。暖房、加湿器フル回転、ブレーカー落ちまくり。今これを書きながら、いつパソコンが落ちるのか気が気じゃないのでそろそろ。

と、ああ、最後に大晦日格闘技戦の結果予想なぞ。

PRIDE

金子 賢 vs チャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネット○
○ジェームス・トンプソン vs ジャイアント・シルバ
○ダン・ヘンダーソン vs ムリーロ・ブスタマンチ
瀧本 誠 vs 菊田 早苗○
エメリヤーエンコ・アレキサンダー vs パウエル・ナツラ○
近藤 有己 vs 中村 和裕○
○エメリヤーエンコ・ヒョードル vs ズール
○ミルコ・クロコップ vs マーク・ハント
ヴァンダレイ・シウバ vs ヒカルド・アローナ○
○桜庭 和志 vs 美濃輪 育久
五味 隆典 vs 桜井"マッハ"速人○
吉田 秀彦 vs 小川 直也○

ミルコvsハントはミルコが関節技で一本を取ると予想。そしてアローナはシウバを返り討ち、4点ポジションから膝蹴りのTKOかな。五味はマッハにグラウンドで翻弄されるような気が、そして吉田vs小川も結局グラウンド勝負になって、そうなったら柔道着を着ている吉田のほうが不利じゃないかと思います。KO決着は無いっぽいなあ。

K-1

ピーター・アーツ vs 大山 峻護 ○
中尾 芳広 vs ヒース・ヒーリング○
ホイス・グレイシー vs 所 英男 ○
○永田 克彦 vs レミギウス・モリカビュチス
○ジェロム・レ・バンナ vs アラン・カラエフ
曙 vs ボビー・オロゴン○
○魔裟斗 vs 大東 旭
○武蔵 vs ボブ・サップ
○セーム・シュルト vs アーネスト・ホースト
○須藤 元気 vs 山本"KID"徳郁
○レミー・ボンヤスキー vs ザ・プレデター

アーツが総合を練習しているといっても、このルールだったら大山は負けちゃダメでしょう。所vsホイスは今だにはびこるグレイシー神話とやらを葬り去って欲しいとの期待を込めて。足関節を狙いに行けば十分にイケると思いますが、チャンスは奇襲の一度だけ。須藤vsKIDは須藤が引き込んで腕十字を極めると予想。曙vsボビーは、ボビーがローキックを中心に組み立てればこういう結果もアリかな。まだ納得できる。そして大相撲の名誉のために立ち上がる若乃花、という展開だったら笑える。

今年一年ありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願いします。

12/31/2005 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

大晦日仁義なき戦い

毎度毎度の大晦日格闘技戦争。

K-1は角田や柔道の秋山がケガで外れ、その代わりに組まれたのがホイス・グレイシーvs所英男、永田克彦vsレミギウス。そして追加で魔裟斗vs大東旭でこれは別にどうでもいいや。

所vsホイスはPRIDE、K-1を通して一番見たいカードです。常に関節を狙いに行く所と膠着王ホイスの戦いは、メチャクチャ面白いか全然面白くないかのどちらか。試合順は中盤か終盤前半でしょうか。試合の進行が早ければ、テレビ放映は一番最初かも。所が存分に持ち味を発揮してホイスに勝ったとなれば会場は大爆発、メインのKIDvs須藤まで観客と視聴者を惹きつけることは可能かと思います。ただなあ、ホイスの空気の読めなさといったらこれがまた凄いものがあるしなあ。

PRIDEは桜庭vs美濃輪、ヒョードル弟vsパウエル・ナツラ、ジェームス・トンプソンvsジャイアント・シルバが決定。んー、んんんんーーー、桜庭と美濃輪かあ、んんー、別になあ、何もわざわざ日本人対決にしなくても良かったんじゃないかと思うんだけど。これだったら桜庭vsナツラ、美濃輪vsヒョー弟かトンプソンの方が盛り上がったんじゃないかな。美濃輪は大きい選手とやりたいと言ってたわけだし。

桜庭vs田村は今年もそうだけど、来年以降も大晦日のような時にはやらないでしょう。やるとすればどちらかの引退試合の時ですよ。今回の小川vs吉田のような派手な試合があった場合は、遺恨だ因縁だ色々言われていても「その他大勢」に紛れてしまう可能性が大きいし、この状況下でこれはやって欲しくない。そもそも組む方が間違ってます。

PRIDEはあと何カードか追加になるかもしれないということですが、とりあえず今時点で大晦日に見たいと思う順番を以下に。

1. ホイス・グレイシー vs 所 英男 (K)
2. ミルコ・クロコップ vs マーク・ハント (P)
3. 五味 隆典 vs 桜井"マッハ"速人 (P)
4. 須藤 元気 vs 山本"KID"徳郁 (K)
5. ヴァンダレイ・シウバ vs ヒカルド・アローナ (P)
6. 吉田 秀彦 vs 小川 直也 (P)
7. 近藤 有己 vs 中村 和裕 (P)
8. 瀧本 誠 vs 菊田 早苗 (P)
9. 永田 克彦 vs レミギウス・モリカビュチス (K)
10. エメリヤーエンコ・ヒョードル vs ズール (P)
11. 瀧本 誠 vs 菊田 早苗 (P)
12. ダン・ヘンダーソン vs ムリーロ・ブスタマンチ (P)

・・・と、ここまで並べてあとは別に。とか何とか言っても、曙vsボビーや金子賢の試合は見ちゃうだろうし、美濃輪の入場、これは絶対に見ておかないと。あと必見ということでもう一つ付け加えるのなら、PRIDE試合前の「煽りVTR」ですかね。両選手の紹介VTR。大会自体がコケても、これは鳥肌が立つくらい素晴らしいものばかりのハズレなし。保証します。この「煽り」だけを集めたDVDが発売されたら、オレは間違いなく買います。

12/27/2005 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

ディープインパクト様とやらに思う

ディープインパクトはやっぱ世代に恵まれた感がありますな。どのレースも瞬発力勝負に持ち込んでいるので勝ち方が派手、だからディープ史上最強説が出ちゃったりするんだろうけど、そんな一本調子の脚質のため、レース展開によってはあっさり負けてしまうということもこれで証明されてしまいました。スタートが下手、追い込み脚質、最強説。なんかヒシアマゾンとイメージがダブってきちゃったよ。

2着を楽観するか悲観するかは人それぞれだろうけど、少なくとも現時点ではハーツクライの方が1枚も2枚も上手。というかちょっと強い馬が今日のハーツクライのようなレースをしたら、ディープは追い込んで届かずを繰り返すかも。来年は勝てなくて勝てなくて、最後有馬記念できっちりと復活。それでいいや、それで行こう。

それにしても、ディープインパクト関連の盛り上がりは異常すぎだってば。なんなんだよ。なんか変な宗教みたいだ。

12/25/2005 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

有馬記念予想

はーい、メリークリスマーーーース。皆さんパッコシやってますかあああああ。

明日は有馬記念。どこを向いてもディープインパクト一色で、現在単勝1.5倍。誰が買うかこんな馬券。

少し前までやっていたヤフオク「武豊サイン入り ディープインパクトレプリカゼッケン」の落札価格が1,201,000 円。レプリカなので実際レースで使われたとかそういうものではなく、ただレプリカに武豊がサインをしたというそれだけで120万超。狂ってるなあ。今さっきやってた明石家サンタで、ディープインパクトのレプリカゼッケン3冠分に武のサイン入りっていうのがポンとプレゼントされてましたが、ヤフオクのことを考えるとこれが一番高価な景品だったってことなのかな。

ディープインパクトに夢もロマンも感じられない自分はですね、ちょっと前にも書きましたがタップダンスシチーから勝負です。変える気はさらさらありませんでした。早くから逃げ宣言をぶちかましているタップ陣営は「競りかけてきたければくればいいよ。潰れたければどうぞ」と、ジャパンカップの超絶ハイペースを有馬記念でもやってやるわい、なる特大の怪気炎をあげております。ますます惚れた。ディープインパクトに対して真っ向から斬りつけに行く旨を表明しているのはタップ陣営のみ。勝負なんだからこうじゃなきゃ。

日刊スポーツにて予想が外れる毎に一枚ずつ服を脱いでいく企画をしていた矢部美穂はとうとう全裸。そんな「平成の本命キラー」の予想はディープインパクト、ゼンノロブロイの馬単。よし、タップの名前は入っていない。タップからペリエのデルタブルース、ハーツクライ辺りかなあ。ちなみにオレ、このレースを取れないと秋戦線全敗が確定です。それだけは、それだけは。

12/24/2005 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

こんなモン誰が使いこなせるかってんだ

そういやここに全然書いてなくて、その理由はどのDVDレコーダーを買おうかずーっと調べていたからであります。

ヨドバシやらヤマダ電機やらセキドやらあらゆる家電量販店をまわって、スペックやら操作性やらあれこれ調べまくり、そしてその情報を基に、価格.comとヤフオクを自宅から携帯からチェックして、うんそうです、店員さんにあれこれ聞いたのはネットで買い物をするために、どうしても専門家の声を聞きたかったから。特に家電はそうですが、ネットと実店舗の販売価格の差には驚かされますね。なんなんでしょうか。

ソニーの地上波デジタルチューナー付きに決定。早速ヤフオクで入札を試みるも、締め切り間際にグンと跳ね上がるならではの値動きにはいかんともし難いものがございまして、価格.comの方もボーナス商戦、クリスマス商戦に突入しているためなのか、何ともビミョーな値段がついてやがってですね。

そこでメーカーをソニーから東芝に変更。東芝の製品はヨドバシの店員曰く「操作が難しい」らしい。DVDレコーダーの主な用途は、子供たちの成長ぶりをDVDハンディカムで撮って、それを編集、おばあちゃんたちに有無を言わさずDVDを送りつける、とまあそれくらいなので、できるだけ編集の操作は簡単なほうが良い。でもどんなに操作性が悪くても安かったんですわ、その東芝のレコーダー。

ターゲットは400GBの新商品。ヨドバシは105,000円のビデオデッキ持込10,000円引き、ここに10%+2%のポイント還元。ちなみこの値段はどのネット商店よりもヨドバシの方が安い。この値段を持ってヤマダ電機と値引き交渉をしたのですが、やりとりが電話だったのが良くなかったなあ。「ヨドバシで見積書を書いてもらって持ってきてください」「それがダメなら名刺の裏に・・・」

ンな、他店と値引き交渉するためにお手数をかけますが、なんて見え透いたことするワケねえし、それよりもなんで今からヨドバシに行ってこなきゃならないんだ。しかもそれを群馬だかどこかにある本部にFAXして、決済を貰わないと値段を下げられないだそうで、いやまあ別にヤマダ電機のことをあれこれ言ったところでしょうがないんですが、そもそも店長=現場責任者に決済の権限がないっていうのも凄いなあと思ってみたりなんかして。

というワケで、入院中の奥さんの様子、子供の誕生、NICU、初めてのミルク・沐浴などなどを編集、4.7GBのDVDにギュッと凝縮することに無事成功して、なんとも言えない達成感と疲労感にどっぷりと。これがソニーの製品だったらもう少し睡眠時間を確保することができたんじゃないかと思えるくらい、東芝製品のマニアっぷりはホント堪らんものがありますな。

12/21/2005 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

シャバの空気はおいしいぞ

ヴァンフォーレと子供のことしか書かず、んで最近またちょっと違う話題に触れて、また子供の話。すんませんね。朗報。

11月29日に産まれてからずーっとNICU(新生児集中治療室)に居た息子たちが、明日ようやっと退院します。いやー、長かったなあ。

今日兄ちゃんの検診で「心拍に雑音がある」とか言われて、超音波を使って検査。奥さんからそれを知らせるメールが届いたときはドキッとしましたよ。ウチは心臓で死んでいく家系なんで、悪い方に遺伝が出たんかなとか、そっち系は本当にシャレにならない。心臓に穴が開いているケースが懸念されたんですが、結果特に異常はないとのこと。ひと安心どころじゃない、ふた安心、百安心、何安心あっても足りねえス。

オレは明日仕事なので、今日でNICU詣は最後。使い捨てカメラで記念撮影をしてもらいました。右手に兄ちゃん、左手に弟。こうして兄弟を両手に抱えるのは今日が初めて。案の定子供たちは明後日の方向に視線を向けちゃったんで、まともな写真にはなってないんだろうけどね。

最初2200g前後だった子供たちの体重はもうすぐ2600g。産まれてすぐの時は保育器の中でフニャフニャ泣いていたのに、今ではビャービャー何事かと思うくらいに泣き喚いて、抱いてあやすと目をカッ開いてこちらを見つめてくれる。かあああ、可愛いなあオイ。親バカって言われてもいいわい、可愛いモンは可愛いんだからしょうがない。

兄弟を並ばせてみました。やべえ、全く顔が一緒だ。冗談でもなんでもなく全然区別がつきません。親だから分かるでしょ、って言われてもこりゃあ本当に分からねえ。子供の顔を寄せて初の兄弟ご対面。目を大きく開けて弟をまじまじと見つめる兄ちゃん。「んんん?誰だあ、これ???」とそんな表情。弟は兄ちゃんに気づいたのか気づかなかったのか右手を咥える仕草を繰り返し、それでもしつこく顔を寄せてたら「アアッ!アアッ!」とちょい泣き。

退院後、子供たちは年末近くまで奥さんの実家で過ごし、大晦日と正月は山梨のオレの実家へ。それが終わると、いよいよ親子4人の生活が開始です。双子の子育ては戦争だと、各方面から散々脅されてるんですが、まあそれはそれで貴重な経験になるんじゃないですかね。

最後に。担当の先生、そしてやんちゃな子供たちの面倒を見てくれた看護師さんたちに感謝です。ありがとうございました。

12/15/2005 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

こたつは寝具です

つい先日にちょっと大きめなこたつを買いまして、ウチに帰ってきてまず最初にやることはそのスイッチを入れること。テレビより、エアコンより先。まずこたつに足を突っ込んで、その温もりに浸ることでウチに帰ってきた喜びを実感。最高に気持ち良い。気持ち良すぎてついつい眠たくなります。

昨日もこたつに入ったままいつの間にか寝ていて、起きたら日付を超えるか超えないかのところ。最後に記憶があるのはフジテレビの夕方のニュースのお天気情報あたり。ひんやり冷たいフローリングの床に顔を押し付けて寝てました。

高校生の頃、部活で雪が降る中を走りまわり、ウチに帰ってからその疲れに任せてこたつで爆睡、翌日から40度の熱が出て1週間学校を休む、そんな素敵コンボを経験してからは随分と気をつけるようにはしてるんですけどね、でも無理だ。何人たりとも、こたつの魔力に敵うモノはねえ。

で、なんで「こたつで寝ると風邪をひく」のか。何か根拠があるのか、単なる迷信なのか、ずーっとそれが分からないままに人間をやってきたわけですが、調べたら簡単に見つかりました。

「フルルkansai」 http://www.fururu.net/keyword/%A4%B3%A4%BF%A4%C4

実は「風邪をひく」と言われる根拠は人間の眠りのメカニズムに関係しているそうです。人間が熟睡するには体温が低いほど眠りが深くなります。こたつのように体温より高い温度の中にいると、眠れたつもりでも、実際には熟睡できていません。その結果、疲労が蓄積され、身体の抵抗力が弱まり、風邪をひきやすい状態になってしまうのです。

へええ、理由は"疲れるから"ですか。「風が吹くと桶屋が儲かる」みたいな、そんな迂回したプロセスを踏んで風邪をひいてしまうんですね。風邪と風で、なんかほら、あー、うまく纏めたつもりだったんだけど、眠い。(さっきまでこたつで寝てました)

12/13/2005 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

世紀の一戦 from地方都市 後編

つらつらずらずらと。

つーことで甲府圧勝でした。仕事中、足元に置いた携帯を更新、更新、更新。バレー、バレー、バレー、得点欄に記されたバレーオンパレード、そしてイエローにレッドを喰らいまくる柏ははてどんなことになっちゃってるんだろうと、それだけを思いながら試合終了を待ち、いやーめでたい。来年はとことん甲府を応援しよう。とりあえず甲府vs東京@味スタは絶対に、んで夏になったらホーム小瀬に行ってこようかな。熱狂的な甲府ファンでなくても思わず泣ける喜びの様子、そして夢を繋いだ札幌戦、ロスタイムに3ゴールの動画を貼っておきます。

【歓喜】
http://www.jsgoal.jp/club/asx/00027406.asx
【奇跡】
http://hohoki.hp.infoseek.co.jp/img/200511/sapporo_vs_kofu.wmv

ソフトバンクの投手和田と仲根かすみが結婚したけど、この2人の何が凄いって、その交際が今までマスコミにバレなかったことだと思います。誰と誰がどこそこを並んで歩いていました、くらいの情報は一般人でもネットを介していくらでも流せることができるこの時代にですよ。テレ東大橋アナを手中にしたのは和田、なる妄想記事を平気で配信する輩がつい最近もいたりして、マスコミって本当に何でもアリなんですね。表現の自由ってやつですか。

そんな仲根かすみが交際を取り沙汰されたことがあるのが騎手・福永祐一。仲根サイドが交際を否定した速さったら尋常ならざるものがありましたが、なるほどそういうことだったんですね。その福永が昨日の朝日杯フューチュリティステークスで勝って、今期GⅠ5勝目だそうで。勝ち馬の馬主はあの関口房朗。中山競馬場に高級外車の編隊を組んで乗り込んでみたり、3着に終わったジャリスコライトのことを「ジャリンコ」と呼んでみたり、ちょいと昔ですがケンタッキーダービーの表彰式に白塗りの芸者を2人だか並ばせたりしたこともあったっけ。見た目、言動、やること全てが派手だしテレビ向きだからこぞって周りが取り上げるんだろうけど、やっぱ下品ですわ、このジジイ。

下品といえば、日刊スポーツで矢部美穂がGⅠの着順を予想、外れたら衣服を1枚ずつ脱ぐという企画をやってるんですが、いよいよ脱ぐ服がなくなったそうですよ。今日の紙面に「最後の有馬記念は1点勝負!当たるような気がするから期待していてネ」とか書いてあるんですが、稀代の本命クラッシャーの予想はたぶん単勝ディープインパクトでしょう。これで当たらなかったら伝説になりそうな予感。

また富士通かよ!ということで、あのー、どんな開発の仕方をしていらっしゃるんでしょうか?そらあ、みずほ証券のオペミスぶりもバカさ100%ですが、東証の責任転嫁会見のバカさはそれを補って余りある香ばしさです。

最後、「愛の流刑地」の映画化が決定。主役の村尾"ド変態"菊治は失楽園と同じく役所広司。注目のヒロイン冬香役は選考中とのことですが、オレの予想は変わらず鈴木京香であります。

12/12/2005 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

世紀の一戦 from地方都市 中編

さあ、ヴァンフォーレ甲府vs柏レイソルのJ1・J2入れ替え第2戦が15時からキックオフですよ。

結婚を機に祖父母の居る鳥取から実家の山梨に本籍地を移したからにはですね、そらあ地元を地盤にして頑張るプロチームを応援せにゃあならんだろうと。全くもっての俄かヴァンフォーレサポとなって、こうなったらひたすらに応援させていただきますよ。

柏が崖っぷちなら、実は甲府もこの試合に勝たなければいけない理由があります。それは主力選手に対する他チームからの移籍のお誘い。来年はワールドカップイヤー。代表の席はあと残りわずかですが、どんなに可能性が低くても、持っている力をアピールする場を与えられなければ全ては始まりません。その格好の場が海外、そしてJ1。

J2の長丁場、天皇杯、そして今回の入れ替え戦の戦いぶりに、甲府の中で高い評価を受けている選手が何人かおり、もしJ1の昇格を逃したとすれば、その選手たちの移籍は避けられないでしょう。そうなった場合、来年甲府がJ2でJ1への昇格争いが出来なくなることはほぼ間違いなく、つまり今回の入れ替え戦は、フロント、監督、選手、クラブそのものの命運を賭けた重要な一戦。同じことは柏にも言えるんですが、大企業がバックについているチームと地方の貧乏チームでは、掴めるチャンスの数が絶対的に違う。

勝たなければいけない柏は当然攻めてくるでしょうし、そうしなければいけません。しかし柏が総掛かりで来たときこそ甲府にとってチャンスで、自慢の攻撃陣が繰り出す高速カウンターは相手にとって脅威そのもの。「点を取られることには慣れている」とある甲府の選手が言っているとおり、ノーガードの打ち合いこそ甲府が望む試合展開です。

いやあ、ホント仕事なんかしてる場合じゃねえですよ。

12/10/2005 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

素人さんの対戦相手を予想

えー、金子賢が大晦日のPRIDE男祭りに出場するということで、えー、高田道場に入門したのが今年の2月で、あー、俳優業を休んで週5回の猛特訓、と、えーと、シウバが所属するシュートボクセアカデミーへ桜庭に同行する形で修行をして、あーあー、PRIDE参戦経験のある格闘家とやらせる、と。

この流れからすると、金子賢が男祭りに出ることはかなり早い段階から決まっていたんじゃねえですかね。男祭りが終わった後に「密着○○日」のようなドキュメント番組とかをやるのもほぼ間違いないでしょう。ジャンクスポーツ特別企画とかの位置づけで。というか、PRIDEとジャンクスポーツの番組プロデューサーって同じ人だった気が。

しかしいくら身体能力が高くても、総合経験10ヶ月の人間がプロに勝とうというのはなかなか無理があります。その相手はPRIDEに参戦経験のある一流選手とのことなので、言ってみればド素人vs猛者。PRIDEを主催するドリームステージエンターテイメント(DSE)が考慮しなければならないことはただ一つ。それは「凄惨な試合にさせないこと」です。

プロの格闘家の凄さを見せつけるという意味では、殴って殴って殴りまくってKO勝ちというのが一番分かりやすいとは思いますが、なんせこの日は大晦日。こたつにみかん、一家団欒のひとときに公開リンチはあまりにもキツすぎる。そういった意味ではカラダがハングリー精神で構成されているような外国人、特にストライカー(打撃)タイプの選手はやめておいた方が良いんじゃないかと思います。

金子賢のプロフィールを見ると身長183cm、体重62kgとなっています。練習で筋力がアップしていれば現在の体重は70kg前後、クラスで言えばライト級。ヨアキム・ハンセンがアタマに浮かびましたが、ダメだ、それこそ放送事故が起こりかねない。この風貌を見てやって、とその前にストライカーじゃん。

そうだなあ、「褐色の宮本武蔵」カーロス・ニュートンであれば空気の読める試合をできるだろうし、試合後に行うかめはめ波のパフォーマンスも大晦日向きでしょう。小路晃も安心して格闘家の凄みをお茶の間に届けることができる選手ですが、ただちょっと体重がなあ。90kg近くあるしなあ。でもこの2人であれば、そこそこ見れる試合になるんじゃないですかね。

この一戦をぶつける先はK-1ボビーvs曙。格闘技をナメてるナメてないは別として、本気でK-1を潰しにかかるんだったら金子賢の対戦相手はただ一人。「HBK」こと草野仁です。

12/09/2005 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]