10 «  123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 12
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

父親になりました

産まれました!!!


母子共に元気です。長男が約2200g、次男が約2150gと少し小さかったのでそれぞれ保育器に入っていますが、元気に泣き声をあげて、手足をバタバタさせて、哺乳瓶のミルクを一気に飲み干して、早くもえらい暴れようです。

午前6時半起床。高幡不動尊で安産祈願をしてから病院へ。バスや電車の途中、iPod shuffleから流れたのは、アジカンの「ループ&ループ」、ACIDMAN「リピート」、Dragon Ash「陽はまたのぼりくりかえす」ほか数曲。「輪廻」という言葉が頭に浮かびましたよ。偶然だろうけど、でもこのshuffleには140曲くらいぶち込んであって、そのうち1時間にこれらの曲が選択される確率って一体どんなもんなんさ、なあ、天国のじいちゃんや。

午前8時半頃、病院に到着。奥さんは拍子抜けするほどリラックスしてました。というよりオレが緊張しすぎていたのかも。自分の両親、お義母さんが間もなく病室に入る。

午前9時、奥さん手術室へ。同じ病室に入院していた妊婦さんたちから励ましの言葉を受けながらエレベータに乗る。自分ら家族に控え室が用意されていたものの、そこで談笑する気にもなれず手術室の前や廊下をうろうろと。

それから時間が経つのがまあ長いこと。医療機器のウィーンというモーター音やエレベータの音、とにかく全然関係ない音が産声に聞こえる。早く声をあげてくれ、母子ともに元気な顔を見せてくれ、もうそれだけ。

午前9時半頃、手術室のドアが開き、保育器に入った二人の男の子が運ばれてきました。

泣き声をあげる長男、足をばたつかせる次男。二人とも全身が真っ赤で、なんか言葉をかけてやりたかったんだけど、声が出ませんでした。今のこの姿を必死に目に焼き付けようとして、でもなんか記憶がおぼろげだなあ。夢の中にいるような感じでしたよ。

病室に戻った奥さんは点滴に含まれる成分のせいか少しボーッとしてました。「お疲れ様」と少し話をして、そして小児科の先生に自分が呼ばれNICU(新生児集中治療室)へ。

「高塚Ⅰ児」「高塚Ⅱ児」と名札が貼られた保育器の中でチュバチュバ音を立てながら親指を吸う息子たち。産まれたての赤ちゃんってあんなに毛深いんですね。知らなかった。恐る恐る背中を撫でたり、耳を撫でたり、眉間を撫でたり。長男の開いた手に小指を近づけるとギュッと握り返し、それを自分の口の方に持っていこうとする。思いがけない行動に「ちょ!ちょおおおっ!」。予想以上に力が強くて驚きました。

16時にはじめてのミルク。「お父さんやってみますか?」と言われたものの、そもそもそのやり方がわからない。首を支え、少し上体を起こし、哺乳瓶の乳首を咥えさせる。パクッと食いついて口を動かすも、なんかうまく飲めてなさそうだったので少し奥に咥えなおさせたら「オエッ」とえづいた。ベテラン看護士さんに代わってやってもらうとグイグイ飲み始めて、そして飲み終わると、疲れたのかヘタッと大人しく寝始める。半目開けてどんな夢見てんだよおい。

おむつ替えも初めてやらせてもらいました。海苔の佃煮のような真っ黒なウンコ。なんだこりゃ。両足を左手でひょいと持ち上げウンコを拭きとる。でもその足を持ち上げるのが、赤ちゃんを壊しそうで怖い。パキッと折れたらどうしようとか。息子たちにはフギャフギャ泣かれて、オレはオレでうああうああ言いながらウンコを拭いて。こうして親子になっていくんでしょうね。

自分の誕生日にここに書いたとおり、オレはあと100年は生きるつもりです。順番から考えて息子たちが先に逝くなんてことは考えられないので、これから先100年は親子。そして今日はその始まりの日。

それにしても37週と1日、アッという間だったなあ。

11/29/2005 23:50 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

ジタバタしてもしょうがないんだけど

日付は28日ですが、現在の時刻は29日の午前2時半。

あと7時間で子供が産まれます。

うああ、すげー緊張してきた・・・

11/28/2005 23:50 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

2005ジャパンカップの壮絶ぶりを検証

デットーリぃぃぃぃぃぃ・・・・・・(昨日とは真反対のニュアンスで)

ジャパンカップのタイムが2.22.1。ビビった。本当にビビった。

今から16年前、1989年のジャパンカップ、オーストラリアの女傑ホーリックスがオグリキャップとの接戦を制した際の記録が2.22.2。これをコンマ1秒更新。フジテレビの競馬中継で、井崎脩五郎が「この記録は今後絶対に破られないと思ってたんだけどなあ・・・」と言っていたのが印象的だったし、オレもそう思ってましたよ。

東京競馬場は2002年から2003年にかけてコース改修が行われており、また造園技術も日々進歩しています。なので16年前のスーパーレコードと比較するのはちょっとナンセンスなような気もしますが、でもやっぱ気になるので並べてみます。1ハロン(200m)毎のラップタイムです。

2005年 距離 1989年
12.5 200m 13.0
23.2 400m 24.1
34.7 600m 35.6
46.5 800m 47.0
58.3 1000m 58.5
1.10.2 1200m 1.10.5
1.22.2 1400m 1.22.5
1.34.0 1600m 1.34.1
1.45.8 1800m 1.45.8
1.57.7 2000m 1.58.0
2.09.7 2200m 2.09.9
2.22.1 2400m 2.22.2

コースやレース展開などの部分で大きく異なる部分があるのであくまでも参考ですが、今年の宝塚記念(2200m)のタイムは2.11.5、毎日王冠(1800m)は1.46.5、天皇賞・秋(2000m)は2.00.1。

2つのジャパンカップのタイムを比較してみると、1800mで一度並んだ以外は全て今年のラップタイムが上回っています。超の上にさらに超がつくスーパーハイペース。1989年は外国馬イブンベイが、今年は8歳馬タップダンスシチーがレースを引っ張り、そしてタップは10着に踏みとどまりました。ちなみにイブンベイは6着。両馬共にスゴい。偉すぎる。

「苦しそうに走っていたけど、途中でフッと軽くなった」とは1989年ジャパンカップでオグリキャップに乗っていた南井現調教師の言葉で、あまりのハイペースに限界を突き抜けた不思議な感触があったそうな。ゼンノロブロイ騎乗のデザーモは「もうダメだ、走れない」と途中で馬がギブアップしたように感じたというので、そうすると馬の能力にはどうしても超えられない絶対値が存在するんでしょうね。そしてその見えざる何かが遺伝されないので、オグリキャップの子は大成しないんでしょう。

今日の結果を基に、明らかに早すぎる有馬記念の予想をば。

この結果は、ジャパンカップを回避した三冠馬ディープインパクトに有利に働くこと間違いなし。でも買わない。アドマイヤジャパン、ストーミーカフェなど、古馬に挑んだ3歳馬がことごとく蹴散らされているのを見ると、やはり3歳牡馬のレベルはそう高くないような気がしてならないんですが。

ということでタップダンスシチーが有馬記念の本命です。今日のレースでヘロヘロになっているのは間違いありませんが、このレースぶりを他陣営に見せつけることができたのは大きいんじゃないかと。寄らば斬るぞ、みたいな。去年はコンディション調整がうまくいかず凱旋門賞で惨敗した後、「調子が上がらない」「後脚の筋肉が落ちてる」とか散々ボヤいておいて有馬記念で激走、あわやの2着。実は疲れに滅法強い馬だったりします。

相手は、んーーー、何かに乗ってくれないかなあ、デットーリ。

11/27/2005 23:50 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

オジャマエモンて

ヒューザーの社長が11月中に

「他の業者でもやってることでしょう!!なんでウチだけイジめるんですか!!」

と思わず言ってしまう、に3,000戸塚宏。

11/26/2005 23:55 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

2005ジャパンカップダート レース後

デットーリぃぃぃぃぃぃ・・・・・・

なんてこたあない。「国際レースは日本馬から(香港馬除く)」っつーのは重々承知した上で馬券を買っております。軸馬、というか軸騎手デットーリから流したものの、直線でズルズルと後退し、結局何着だっけ?嫌なことは忘れよう。

只今絶賛妊娠中の奥さんが今日のジャパンカップ・ダートを「シーキングザダイヤが来る」とか予想してですね、「来るわけねえじゃん」とか言ってたら本当に2着に来やがんの。奥さんは今年の天皇賞・春でもスズカマンボを予想して的中させた実績があるだけに、競馬ド素人を言い訳に無視することもできない。確かに妊婦はクジ運が良いと言うけれども、なんだ、今のうちに年末ジャンボを買っておいたほうがいいんだろうか。

そんな奥さんのジャパンカップ予想はまたもやスズカマンボ。春の奇跡をもう一度って、なんとも微妙なところを突きやがる。最初は「(コスモ)バルク」とか予想してたんですけどね、「デムーロが落馬して負傷乗り代わりだってよ」と言ったらあっさり変わりました。

オレの予想はゼンノロブロイ1着の馬単。タップダンスシチー、アドマイヤジャパン、ヘヴンリーロマンス、ハーツクライ、そして外国馬だけど鞍上デットーリのアルカセット。うーん、本意ではないけどスズカマンボも入れときますか。

色んな意味で奥さんには逆らえないので。

11/26/2005 23:50 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

JC、JCダート予想

今週の競馬は国際レース「ジャパンカップ・ダート」「ジャパンカップ」、そして来週、再来週と2歳チャンピオン決定戦「阪神JF」「朝日杯FS」。競馬を始めて10年以上、これら4つのGⅠレースはまともに勝負してはいけない、それをやっと覚えました。

海外の大レースを制した外国馬、っていっても日本の馬との対戦実績がなく、何を基準に強さを測れば良いのか分からない。2歳って言えばまだまだガキんちょ。まずレース当日に走る気があるのかどうかということを気にしなきゃいけないし、こんなの買えるかいな。

ということで、2歳戦線はパス。今週の「ジャパンカップ・ダート」「ジャパンカップ」だけ買って、ここで膨らませてドーンと有馬記念に注ぎ込もうかなあと。ディープインパクトを外すのだけはもう既に決めています。

買い目はペリエとデットーリ、ここにデムーロとデザーモを絡めて、あとは日本人騎手をちょこちょこと。馬じゃなくて騎手で勝負。特にデットーリ、ヤツぁ呆れるくらい持ってくるからねえ。ロバでもらくだでも、乗って走るものなら何でも。

11/25/2005 23:50 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

やっぱウォシュレットって良いんスか?

お腹を冷やしてしまったからなのか、なんかこう軟調、というか下痢で、会社で自宅でプリップリプリプリパアアアアア!!!!と派手にやっておりますれば、おやおやアナルが痛み始めたじゃあないですか。どうやら拭きすぎたらしい。片岡鶴太郎の絵みたいに血が滲んでました。

出したい、でも痛みに耐えかねてキュウウウッと締まる、でも腸が出せっていうから覚悟を決めて出すと、「んっ!!・・・ぅくぉっ・・・・!!」と思わず体をよじらせてしまう、そんな悲劇的なケツの穴になっちまったんですが、まあ一応イボとかはできてないようだし、一過性の症状でじきに収まるでしょう。収まってくれなきゃ困る。

ちなみに痔でイメージ検索をかけると、これまた悲劇的な画像が抽出されます。オレはいつぞやの蓮画像を思い出しました。

痔イメージ検索(絶対にオススメできません)
http://images.search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%BC%A6&fr=sfp

なに上段左から2番目のトロピカルフルーツみたいなやつ。

11/24/2005 23:50 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

おらが町のなんとかってやつ

J2・ヴァンフォーレ甲府、奇跡のロスタイム逆転劇

なんだ4点めのアレは。

残り2試合で、3位ベガルタ仙台と勝ち点差1。その2試合が、今日のJ1復帰を決めた福岡とダントツの首位京都なんだよなあ。なんとか2試合を1勝1分けくらいに頑張ってもらって、柏レイソル(たぶん)とのJ1入れ替え戦に望みを繋いでもらいたい。

そんな「都心に一番近い過疎地」こと山梨県は大月市に実家のあるワタクシですが、実は大月と甲府って同じ県内なのにそれほど親近感とかそういうのがありません。買い物は鈍行で1時間の八王子や立川に出て行ってしまうし、一回も甲府行ったことが無い大月市民って結構いるんじゃないかなあ。

yamanashi

ホームタウンが「山梨県甲府市、韮崎市を中心とする13市町村」から「山梨県甲府市、韮崎市を中心とする全市町村」に今年の7月から変わったみたいなんで、だったらチーム名を「ヴァンフォーレ山梨」にしたほうが県内全体で盛り上がれると思うんだけどね。でもそうすると、ジェフ市原からジェフ千葉に名前を変えたときのような自治体レベルの騒動が起こってしまうんだろうか。

というワケで山梨を知らない人からするとどうでもいいこと限りないそんな話題ですが、オレとしてみれば、高校時代に慣れ親しんだあのグラウンドに、アントラーズやらジュビロやらレッズのサポーターやらが来てですね、うおおお!!!ああああ!!!、そんな歓声が響くことを想像しただけで堪らないものがあるワケですよ、ってだから入れ替え戦に出れるかどうか分からないんだけど。あとホームスタジアムの小瀬陸上競技場がJ1の基準に達していなかったような気が。

11/23/2005 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

もちろんリクナビに登録しております

昨日は会社の送別会。もうホント送別会ばっかやってます。

今回の主役は去年の4月に入った女性社員さん。仕事を覚えようとする姿勢、知識の飲み込みの早さ、度胸の良さなどなど、今まで見た新入社員の中でトップクラス。いわゆる「デキる」社員ってやつで、あと3年もすれば、それはそれは凄い存在になるんじゃねーかなーなんて思っていたけれども、やっぱね、自分んトコの会社の給料が安すぎるよ。成果主義とかぬかしてるんだったらちゃんと評価してあげないと。成果主義の体系で年功序列がまかり通ってるんだったら、そら、有望な新人は皆辞めちゃうってば。

とか、酔いにまかせて色々とブチまけたいそんな送別会でしたが、そんな話を少しでも持ち出せば、保守派と改革派に分かれて各々の経営論が展開、白熱して、終いには意見が対立した両者で怒鳴りあったり罵りあったりとかするんですわ、ウチんとこの飲み会って。そうなるのが嫌なので、ひたすらウォッカのトマトジュース割りを飲みながら、ひたすらバカ話。

2次会、普通の居酒屋。ウチらの座ったテーブルはノアやUWF、マサ斉藤で熱く盛り上がる。そんな時、「あいつは最悪!!最低だよッ!!」とか自分本位の大声を張り上げる輩がおってですね、ああ、始まった、議論だ。どうやら隣のテーブルでは別の部署の上司が自分の部下を罵りはじめているご様子。「あいつを潰すだけ」「会社に切られるのが怖いだけでしょ?」とか聞こえてきて、いやー、オレもバカ学生の頃、バイト仲間とそんな話をしたことがあったっけかなあ。自意識過剰で的外れな。あのね、だから送別会なんだってば皆さん。

その大声の発生源が後輩に絡みはじめたので、ンじゃお開きにしましょうかねと、そのまま解散。駅の改札で退職する女性社員さんと握手。「アデュー、アデュー、アデュー、アデュー」とか白目を剥いて健闘を祈ったら、「いやああああああ!!!!!」と殊のほか強い拒絶反応を示され、おー、新しい職場でも頑張れよー。

帰りの方向が一緒の3人と同じ電車に乗り、その中には例の発生源が居て、「あー小便してー」とか膝に手を当てて唸ってる。車中で同僚と話をしたり、中吊り広告に目をやったりしていると、乗客がなんだかそわそわしていて、こちら側を覗き込むような仕草をし始めてですね、見るとふた筋の液体が、電車の進行方向とは逆の方向にスーッと流れを伸ばしている。

・・・まさか、と思ってせせらぎの流れを目で辿っていくと、うん、発生源、失禁。

ドアにもたれかかって、口を開けて昇天、そして失禁。ジーンズの左半分が変色。

「あいつは最悪!!最低だよッ!!」って、お前の口から良くそんな言葉が出てきたモンだなと関心しつつ、適当に挨拶をして乗り換えに急いだ。というか逃げました。

11/22/2005 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

いよいよ来ちまった

はーい、ありがとうございまーす。無事30歳になれましたあ。

誕生日に待っていたのは鬼のような仕事の山で、昼前くらいに起きて、昼過ぎに会社に行って、日付が変わって随分としてからタクシーで帰宅。記念すべき人生30周年、何もやってねえ。

ウマいもんでも喰って、自分で自分を祝ってやろうかななんてほんのちょっとばっか考えてはいたんですが、胃の中に収めたのは松屋の豚めし(並)、ローソンのカツ丼と焼きソバのセット、チキンラーメン。ごちそうさまでした。

んーと、30歳になっても気持ちとかそこら辺はなんも変わらないですね。去年とか、25歳のときとか、20歳、15歳、うんまあ基本的な精神構造は、反抗期を終えたくらいから全く。とか今ですね、去年と同じこと書いてるかもと思ってさっき見返してみたら、まんま一緒だった。んでプラスアルファでなんか不思議なことも書きやがってますね。

なんか、年を重ねるにつれて他人のできないようなバカなことをやりたいという欲求が高まってきてるような気がする。念願の全身タイツは20代最後に済ませてしまったし、あ、来年はワールドカップ。多分やるであろう国立競技場パブリックビューイングで人波を泳ごうかな、海パンで。

これから先、何がどうなるのか分からないけど、とりあえずあと100年くらいは生きてみようかと思ってます。人生マラソン10km地点。まだまだ先は長い。皆さんこれからもどうぞよろしく。

11/19/2005 00:00 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]