06 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 08
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

怒涛の3連休Part.5 感激

実は島本さんとお会いするのは今回が初めてじゃなくてですね。学生の時、島本さんが主宰されていたNBAのファンクラブに入っていたことがあり、そこで行われたイベントに参加しひと言ふた言話したことが。イベントの最後にちゃっかりサインを貰ったりとかして、そのサインは今実家に大事に置いてあったりするワケですが。

「あのお、先日メールしましたタカツカと申します」
「・・・!ああ、はいはいはい。調布にお住まいなんでしたっけ?」
「ええ、ホントすぐそこです。慈恵医大のすぐ近くなんですけど」
「じゃあすぐそこだあ。これからも体育館を定期的に取るのでぜひいらしてください」

何とも不思議な感じがしますね。意外と冷静に挨拶を交わせたんで。憧れとかそういうものとは違う、って言ったら失礼になるのかもしれませんが、それでも、うわあ島本さんだあという気持ちが自分の中にあって、とにかくどこか舞い上がっているワケで。その他にも美味いラーメン屋の話やお勧めの蕎麦屋とか、そんな話をしながらウォーミングアップ、シュート練習。この日バスケが始まったのは午前9時。最初は5人くらいしかいなかったんですが、時間が経つにつれ人がどんどん集まり、最終的には20人くらいの参加人数に。

マサチューセッツ州立大に留学中のヤマダさんは、現在スポーツ経営学を学んでいらっしゃるとのこと。「なんかすんげー難しそうですよね」「いやいやそんなことはないですよお」「やっぱりあっちのスポーツチームとか、そういうところに就職とか考えてるんですか?」「うーん、まあやっぱりボクらも向こうに行ったら外国人なんで職が限られますね。専門的なスキルを持っていれば意外と入れたりするんですが・・・」。ヤマダさんが今回ここに参加しているのも極めて偶然的なことがあったからとのことで。話を聴けば、同じく留学中の同級生がおり彼は狛江が地元。その彼が彼女と一緒に初詣に行き、参拝の列に並んでいた時にたまたまNBAの話題になったと。その時、後から「ウンウン、そうそう」と話に割り込んできた人がいてそれが島本さん。「相当ビックリしたらしいです」と、そら驚くわなあ。

集まったところでメンバー紹介があり、プロリーグにチャレンジしてた、叔父さんがオリンピック選手、能代で40歳以上のバスケットボール大会があり毎試合20点以上軽く取っちゃう、デューク大に詳しい、イラストレーター・・・とにかく色々な人が集まりワイワイと。ゲームでは島本さんが笛をもって審判やったりとか。そして超ハード。んでもって皆上手いし。白熱のリバウンド争いあり、ブザービーダーあり。あっという間の4時間半。

バスケが終わった後、仕事の関係で住んでいたことがある新潟・長岡出身の人が何人かいらっしゃたので、豪雪について盛り上がったり。そしてシアトル・スーパーソニックスのファンとして、島本さんと少し話を。

「ソニックスファンなんですが・・・」
「ああ今度日本に来るよね」
「今度ドラフトでニック・コリソンが入りましたよね。ちょうどファイナル・フォーの様子を観ていて良い選手だなあって思ったんですが」


↑ニック・コリソン

「彼はねえ、本当に良い選手。彼がいないと試合が出来ないんだって」
「出来ない?」
「彼みたいな選手がいないとコーチは試合の計算が出来ないんだってね。自分の仕事をきっちりとやるでしょう。選手によっては非常に波があるんだけど、彼はここで点が欲しいって時に点を取って、ディフェンスもやるから」
「今度アテネ五輪の代表ですよね。でもドラフトで10何番目って・・・」
「チームはどうしても派手な選手を取りたがるからね。でもコリソンはホントいい選手」
「地味なチームがまた地味になっちゃいましたけど」
「ハハハハハ」

今後も2ヶ月に一度くらいのペースで体育館を借りてバスケをするとのこと。バスケが終わったあとは、皆で食事に行くのが定例ということでお誘いを受けたのですが、自分はこのあとに予定が入っており丁重にお断りを。寮に帰りシャワーを浴びていざ立川へ。さあ「リップスライム野外ライブ@東京立川・国営昭和記念公園」であります。

07/23/2003 23:50 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]