07 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

包帯巻いた左足が蒸しまくり 灼熱の巻

- ROCK IN JAPAN FES 2002 参戦記 vol.2 -

広大なグラスステージ、見渡す限りの人人人人人、圧倒的としか言いようのない光景。

「おはようございまーす!!」。主催者ロッキン・オンの渋谷社長登場。グオアアアアアアアアアアアア。凄まじい拍手と歓声。「トップバッターは日本の音楽シーンを変えたバンドです!!」。グワアアアアアアアアアアアア。「モンゴル800ゥ!!!」。グウワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!

普段メディアに露出しない「モンパチ」。インディーズながらミリオンをセールスしたそのパワーと魅力を堪能できる機会はそうありません。それをわかっているからこそのこの盛り上がり。ズーンズンズンズーンズーン・・・・。緩いテンポから突如アップテンポに。「Melody」。みんな跳ねる跳ねる。

♪We still don't know where we going

Look like lost children you can go anywhere

Please take you swing・・・

「2週間は足をつけないでください」。

無理。慈恵医大病院の間センセイ、この状況で跳ぶなっていうほうが無理だよ。「小さな恋のうた」「あなたに」「琉球愛歌」・・・・。最初から最後まで興奮状態で飛び跳ね体を揺らし終了。

東京ドーム数個分あるというドデカい芝生広場。ガンガン照りつける太陽。ポカリのペットボトルなんて何本空けたことやら。このあとは一切松葉杖を使わず移動。昨日も書きましたがその場の異様な興奮状態に飲まれているせいか、ほとんど左足が痛みません。bird、DJブースでpre-school。夕方涼しくなって甚平に着替えたあと、奥田民生。ホントはこの合間にも色々なアーティストがパフォーマンスを繰り広げているのですが今年は自重。なんせ3日間参戦。この灼熱のなか全てのアーティストを見て暴れたんじゃ体が持ちません。

日も暮れボンヤリと光が照らされたステージ上、あるのはDJセットのみ。何の前触れもなく突然始まり場内騒然。そして大歓声。去年メジャーデビュー、シュガーソウルの代役として急遽出場。無名。ほとんど前に人が集まっていなかった状態から、パフォーマンスを繰り広げるたびに倍々に人を増やし、最後はグラスステージを巨大ダンスフロアと変えた生粋のライブアーティスト、RIP SLYME。

ここ最近スマッシュヒットを連発しているせいかアイドル的な印象をもたれていますが、実は結成からメジャーデビューまで7年近くかかっています。そのコツコツと積み上げられたキャリアから裏付けられたライブパフォーマンスは、お世辞抜きで現役最強と言っても良いのではないかと。「Fankastic」「楽園ベイベー」「One」、合間に下ネタ100%のヴァカMCをはさみ、昨年に引き続き「ステッパーズ・ディライト」「雑念エンタテイメント」、アンコール後「ジャッジメント」。打ちあがる無数の花火。大感動。

一日目にして心を揺さぶられたよ。隣ではとびっきりの笑顔を浮かべながらハイタッチしてるアンちゃんたち。人間ってこれ以上ないくらい満足してその余韻が抜けないと自然と歩くのが遅くなるんだよね。今回のRIP SLYMEのライブが終わったあとの人の流れがまあ鈍いこと。

恐ろしいまでの充実感、これがあと2日続くんだと。もう「腹上死」寸前ですわ。(続く)

08/15/2002 23:50 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]