08 «  123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 10
好きな曲はWTWT、PJ、天手力男とかなんですが、これって珍しいんかな

ほこ×たて 最強金属vs.最強ドリルの再戦

昨年10月に放送された「絶対に穴が開かない金属(日本タングステン)」対「どんな金属でも穴を開けることができるドリル(オーエスジー)」。前回は加工途中で金属が割れてしまい、引き分けという結果に終わり、その再戦。いやまあ前回は穴を開ける前に加工対象物を破壊してしまったということで、自分は金属の勝ちの様な気がしたんですが、それではお互い納得しないということでこういうことに。で、今日これを見ていなかった人にその感想をば。

いやあ、感動しちゃったい。

本当は画面のキャプチャーとかを差し込みながら、その様子を伝えたいところですが、これがまたこういうときに限って録画をしてないんですよねえ。要約すると以下のような感じで、そこに自分の気持ちの昂ぶりようを上乗せして。記憶をたどりながらなので関係者の言葉とかはまあこんなこと言ってたなあくらいで。

 ------

前回の対決が引き分けに終わったことに納得していないドリル工具メーカー・オーエスジーの大沢氏が、日本タングステンが製造する「最強金属」との決着をつけるために「最強ドリル」を社を挙げて開発。この大沢氏の強気な言動と面構え、そこに創業者一族のプライドが見え隠れして、なんとなくヒールなキャラ付け。

オーエスジー社内で最強金属の分析を開始し、その特徴や性質を把握。グループ会社にほぼ同質の金属を作らせ、攻略をするための方策を練る。そして作り上げられたドリルは先端にダイヤモンド砥粒を施し、たとえそれが磨耗しても、次から次に砥粒が現れる鮫の歯仕様。

一方で日本タングステンの若き技術者・中川内氏も最強ドリルを向かい打つべく新たな金属の開発に着手。会社の皆に協力してもらっている以上負けられないと苦悩する中川内氏。改良を加え、生成した金属は割れを防ぐための工夫が施してある、いわば完全決着用のもの。

決着の場所は前回と同じくオーエスジー。この前はオーエスジーの応援団やらなにやらが見守る中、わいわいと賑やかに対決が行われたんですが、今回は大沢氏が「ホーム・アウェーというシチュエーションにするのが嫌」ということで、オーエスジー陣営は2階のプロジェクターの前で見守ることに。

単身乗り込んだ日本タングステン中川内氏と大沢氏が向かい合い、お互いの最強アイテムを確認。中川内氏「難しい戦いになると思うが負けない」。大沢氏「前回と性質が似ている?ならば必ず穴が開く」。

金属が機械にセットされ、いよいよスタート。ドリルが折れるか、加工中に異常が見られれば金属の勝ち。金属に穴が開けばドリルの勝ち。時間は無制限。

高速で回転しながらゆっくりと円を描くように金属に触れるドリル。しかし金属が減る様子が見られない。「マジか?」焦る大沢氏。表情を変えないままうなずく中川内氏。事態が動く。注入される液体の飛び方と音が変わり、金属が徐々に減っている様子が伺える。一転笑顔を浮かべる大沢氏、その様子を確認する中川内氏。沸く2階のオーエスジー社員たち。

ドリルが金属に沈みこんでいく様子がはっきりと伺える。金属の粉が穴の周りに積み上げられていく。金属の厚さは20mm、そのうち10mmが削られたことがアナウンスされ、さらに沸くオーエスジー社員。勝利を確信した大沢氏は余裕の表情。中川内氏が再度様子を確認、そしてうなずく。なぜ?負けを悟った?自らが作り上げた最強金属最強ドリルに侵食されていく様をただ見て、そして俯く。

液体の飛び方、そして音が明らかに変わった。摩擦音がしない。水も飛ばない。結論はただひとつ、「穴が開いた」、そう確信したオーエスジー社員が歓喜の声をあげる。少し慎重になりながら、しかし勝利したことを疑わない大沢氏。加工終了。機械から取り出された金属がプロジェクターに映し出される。「え?」「えええ??」、オーエスジー社員の歓声がぴたっと止み、静まり返る。

穴が開いていない。

先に磨耗したのは最強ドリル。残り3mmを食い破れず、果てた。頭を抱えてゆらりとその場を離れる大沢氏。最強金属勝利。目にうっすらと涙を浮かべた大沢氏「ぜひまたリベンジをさせてもらいたい、勝つまでやりたい」。

 ------

金属に穴が開いていないことを見た瞬間、おおおお!!すげえええええええ!!!と自分と息子たちで揃って声を上げちゃいましたよ。ここまで声を出したのはなでしこのワールドカップ決勝、澤の同点ゴールのとき以来。それくらいの衝撃と感動。

将棋に「受け潰し」という言葉があって、これは相手の攻撃を正確に受けて、ひたすらに受けまくって逆に相手の攻め手を枯らしてしまうことを言うんですね。攻撃をただただ受けて、結果ダイヤモンド砥粒が施されたドリルの先端を破壊したこの最強金属って、この受け潰し仕様で作られたものなんじゃないのかなあと。ようわからんですが。

この前も書いたんですが、格闘技好きの自分としては、ほこ×たてのプロレスチックな演出の仕方が非常に好きでですね、今回の番組の流れもどちらかといえば最強金属不利、敗勢寄り。このまま穴が開いちゃったら中川内さんはなんとも救われない感じになっちゃうなあ、でも穴が開いてもおかしくないしなあ、これじゃあ穴開いて終わりだよなあ、で開いてなーーーい!どーーーーん!これは昂ぶります。クオリティの高さに、東野が「(この番組は)賞を獲れる」と言ってましたが、これはマジでもらえると思いますよ。

このほこ×たての「技術力対決」って技術立国ニッポンを誇れる優良コンテンツとして海外に持って行けるソフトだと思うんですけどね。海外からそういうオファーとか来てないんですかね。

「製造現場ドットコム」 「ほこ×たて」緊急解説第2弾! オーエスジーVSニッタンの激闘!
http://seizougenba.com/node/1494

04/16/2012 01:01 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

出没!アド街ック天国で大月が取り上げられましたので

地元の山梨・大月が取り上げられることを今日の新聞のテレビ欄で知って、さて30も紹介できるようなところがあるんだっけかと思ったりとかもしましたが、こうして見ると結構あるもんですね。

地元の新聞は甲府の情報が中心だし、市のデカさの割に人口が少なかったりして、あとは市議が不祥事をやらかしたり、選挙がらみで不正があったり、そこらへんの出来事が様式美化しているそんな街が、1時間の番組になるっていうのはかなりの事件。記念に感想をつらつらづらづらと。

30位 日帰りハイキング
帰省で朝早くに電車に乗ったりすると、甲府方面に行くハイカーの姿が確かに目立ちますね。大きな産業の無い大月としては、今のこの登山ブームに乗って、県外の皆さんがどこまで金を落としてくれるかしかないもんなあ。

29位 吉田屋
知らなかった。今度行ってみよう。

28位 金山鉱泉 山口館
名前は聞いたことがあるんですけどね。

27位 薬草膳処 じゅん庵
いやー知らなかったなあ。

26位 AGITO
ここも知らなかった。ってか笹子ってまず行く用事が無いもんなあ。

25位 大月ロハス村
看板を見たことがあるようなないような。

24位 こまっちゃん
高校のときにお世話になりました。今は知らんですが、当時高校の学食をこまっちゃんに委託していて、カツ丼、中華丼がメチャ旨でした。懐かしいなあ。

23位 奈良子釣りセンター
名前だけは。都留市のほうに東電関連の会社が運営している釣り堀があって、ここには夏に家族で行ってきたんですけどね。

22位 月cafe
知らなかったッスね。この近くの喫茶店みたいなところでウチの弟がバイトしてました。

21位 秀麗富嶽十二景
大月市関連のパンフレットには必ず載ってますね。

20位 仙人伝説
知らねー。普通に世捨て人なんだけど、また濃ゆい人が近くに住んでたんだなあ。

19位 アルブル・ヴェール
ここも名前だけは。一度行ってみたいんですけどね。

18位 吉村味噌糀店
甲州街道を車で通ったときにちらっと見る程度。気になってはいましたが。

17位 浜田屋
ここも甲州街道を車で通ったときにちらっと見る程度。

16位 山梨県立 都留高等学校
母校。陸上部、ホント頼むよお。陸マガで高校の成績見るたびに悲しくなるんだよお。

15位 おつけだんご
B級グルメで大々的に売り出し中ってことなんだけど、これが大月名物だって知ったのはつい最近のことでして。

14位 心のふるさと 橋倉
わあ、知らなかった。

13位 栄月製菓
なんとなく看板は見た記憶があるけど、堅焼きせんべいは喰ったことないなあ。

12位 笹子追分人形芝居
そういう文化があるってことくらい。

11位 大月商店街
今はもうシャッター通りなんだよなあ。甲州街道にバイパスができて、さらにシャッターの下ろし具合に拍車がかかったという。なんとなく触れちゃいけない話題のような気がします。

10位 香雪閣 濱野屋
店の息子が高校のクラスメートでした。元気ッスか?

9位 真木温泉
こんなに立派な建物だとは。元ロッテの投手、「コバマサ劇場」こと小林雅英の実家がここに近いんじゃないですかね。

8位 大黒屋
ここの店の娘が中学のときのクラスメートでした。元気ッスか?

7位 笹一酒造
数少ない大月の学生のバイト場所。同級生が数名ここで働いているみたいなんですけどね。

6位 みどりや
どこから声出してんだ?っていう名物のおばちゃんが電車の中で売り歩いてました。今も車内販売をやってるんだっけか?

5位 星野家住宅
ここも甲州街道を車で走っているときにチラ見する程度だなあ。

4位 桂川
まあそうですね。川の水が緑色に見えて、メチャメチャ汚いわけでではないんだろうけどなんでなんだろう。

3位 甲州街道
まあこれもそうですね。道幅狭すぎです。

2位 美しの山々
前述の「秀麗富嶽十二景」の紹介だけで良い気がするけど。

1位 猿橋
この真上にある中学に通っていたので、観光名所っていう意識があんまないんだよなあ。橋の構造自体がかなり特殊だっていうことで、んーまあ、そうですね、そのくらい?

ひとつ気になったこと。「桂川ウェルネスパーク」がランク外なのはなんでですかね。あれだけデカい開発をして、サッカーができるグラウンドとかも整備して、アスレチックは市内外から来た子供連れで賑わってるのに、んー、ここで取り上げないのはなんか解せない気がするけどなあ。あー、こまっちゃん行きたい。

09/18/2011 02:25 COMMENT(2)TRACKBACK(0)top↑

近未来テクノポップアイドルが歩んできたド演歌人生に泣けた

男35歳、Perfumeにハマってしまったことを正直に告白いたします。って、この動画を見てしまったら応援したくなるってばよ。是非とも1から順番に見てみてください。

1.道夏大陸 Perfume 編 1/2 ~20分でわかるPerfume

2.道夏大陸 Perfume 編 2/2 ~20分でわかるPerfume

雌伏のときを耐えて、やっと蕾をつけて、ドデカい花をパーッと咲かせたっていうその過程がホント見事。これぞジャパニーズ・ドリームの体現者だと思うワケであります。

3.掟ポルシェ ストリーミング放送(2006年8月頃)

4.アルバム発売記念ミニライブ(2006年8月2日)

5.武蔵野美術大学 芸術祭(2006年10月28日)
http://www.youtube.com/watch?v=LQqarwpg788

6.恵比寿 LIQUID ROOM(2007年11月8日)

7.Hot Stuff 30th Anniversary(2008年6月21日)

8.たたみ二畳発、東京ドーム行き

9.東京ドーム(2010年11月2日)

いーやー、こんな時期だからこそ見ておきたい、そんな記録映像ですわ。素晴らしい。

04/30/2011 00:27 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

9月3日はドラえもんの誕生日

先日、民主党のおすそ分け議席数を4つとか書いたけど2つですか。すんません。ということでグーグル先生のトップページが本日限りの特別仕様です。

http://www.google.co.jp/

09/03/2009 02:04 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

拾った

06/21/2009 11:11 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

亀田3兄弟キャラ迷走中

「YouTubeで話題のメキシコのチンパンジー”トモキ”が来日」みたいな。

20090423kameda

04/23/2009 00:37 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

NHKでも日経でも紹介されたイギリスのオバちゃん

「Britain's got talent」、ポール・ポッツのあの感動を再び。ということで次に現れた新星はスーザン・ボイル47歳。レ・ミゼラブルの劇中歌「I Dreamed a Dream」を熱唱する様子がYouTubeで紹介され、総再生回数が3000万超。日本語字幕付を見て、おおこりゃすげーやと。早速右に貼ろうと思ったら「埋め込み禁止」になっており、苦肉の策でDailymotionから引っ張ってきました。そしてもう一つは岩崎宏美の「夢やぶれて」で「I Dreamed a Dream」の日本語版です。これも負けず劣らず素晴らしいんですが、なにせネタ元は紅白歌合戦。鳥肌モノの感動と余韻が最後に映る加山雄三と尾形大作の姿で”プチ”壊しにされて、まあそこが紅白らしいっちゃあらしいなあと。

04/20/2009 03:22 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

美しい男性!最終回

以前そのやりたい放題ぶりに感激した旨をここに書いたBSジャパン「美しい男性!」が最終回。そして先程終了。んー、終盤はなんかグダグダっつーか、尻すぼみっていえばそれもそうなんだけど、勢いで突っ走るでも突き抜けるでもない、どうにも中途半端な感じになっていっちゃったなあ。終わったことよりも、単純につまらない番組になってしまったことが残念です。

03/28/2009 02:19 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

美しい男性!

品川駅構内にソニーの商品がディスプレイされている場所があって、そこのブラビアに繰り返し映し出されているのがポケットサイズのノートPCのCM。ジーンズ姿の女性がケツをプリンプリン言わせながら歩いて、ポケットからズリ上がってくるにノートPCを手で押し込むあれです。それを目にする度に、ノートPCの代わりに「女性の品格」か中谷彰宏の本をポケットの中に入れて、やっぱりズリ上がってくる本を無理やり押し込んで、しわくちゃになって、ボロボロになって、最後は本を投げ捨てるとか、誰かパロディでやってくんねーかなあなんて、いやまあこれが面白いかどうかは別として。

「これを観ないで死ぬのは不幸だ」なんて書き込みを2chで見かけて、実際に観て、そのあまりの無軌道ぶりになんとも嬉しくなったのがBSジャパンの「美しい男性!(音が出ます)」という番組。放送倫理だかなんだかの関係で、深夜番組でさえ品行方正なお上品なものばかりになってしまった今、なるほど、その反骨精神はBSの番組作りに向けられておったワケですね。BSフジで高橋真麻がツラを曲げながらニュースを読みあげているのを見て、ホント何のためにBSってあるんだろうなあなんて思っていたんですが、そういうことですか。

松尾スズキプレゼンツ」だけあって、何から何までやりたい放題。シュールだとかくだらないだとか、構成に天久聖一の名前があるっていうそれだけで、分かる人はどんな番組かピンと来るんじゃないかと。この番組のノリだったら、前述のソニーPCパロディレベルのことはできる。というか、ハーフの出演者に鼻フックを引っ掛けて「土屋アンナみたい」とか言っている時点でそんなことは余裕っぽい。とりあえず既存のテレビ番組に飽きちゃった人にオススメです。

02/20/2009 02:48 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑

瀬戸内寂聴86歳が書いたケータイ小説

『あしたの虹』なる作品を「ぱーぷる」というペンネームで書いて公開しておりましたと公表。その作品はこちら。

http://no-ichigo.jp/read/book/book_id/89873?noichigo....
http://no-ichigo.jp/profile/show/member_id/73865

ケータイ小説は日本の文学を悪くすると言われていますが、読まれているのには理由があるはず。なぜ読まれるのか知りたくて書いてみた

http://sankei.jp.msn.com/culture/books/080924/bks0809241811003-n1.htm

と、執筆した理由をこう述べていて、いやあ考え方が柔らかい。プロフィールに書かれている絵文字とかも本人が使ったみたいですね。「最近ケータイ小説はじめました ドキドキッ ヾ(=^▽^=)ノ」とか。

そのケータイ小説自体の内容などは置いといて、目が行くのは「感想ノート」。率直な感想が寄せられ、「ぱーぷる」こと寂聴婆がそれに対してこまめに返信。

ありがと読んでくれてる人がいたなんて夢みたい嬉しいでーす でも難しい、けど読んでくれてると思うと勇気でる。やります、続けます。返事おくれたのは田舎のおじいちゃんのお通夜葬式に充電器忘れちゃったから、ドジでしょ。

お通夜葬式て。で、「充電器」って書いてるところを見ると、ある程度どころかガンガンに携帯を使いこなせているんだろうなあと。若い。

09/27/2008 03:25 COMMENT(0)TRACKBACK(0)top↑


小学生将棋名人戦 詰みの見逃し

■第32回つくばマラソン(11/25/2012@茨城・つくば市)

Blog master

タカツカ
寒いのは全然平気なんですけどね。




©2006タカツカAll Rights Reserved.  [Log-in / Log-out]